瀬戸内海ワクワクツアー 10 小さな光 | 精神世界の鉄人のブログ

精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:

明日、10月6日は、私の51回目の誕生日です。

 

1966年10月6日に、沖縄県那覇市で生まれました。

有名な国際通りの近くにある、「開南」という所でした。

 

珍しく、病院ではなく、自宅で自然分娩で、生まれました。

当時、母に、いきなり陣痛が始まり、産婆さんの手も借りずに、勝手に一人でお腹から出てきたそうです。

 

祖母が、新聞紙で取り上げて、

 

「この子は、よっぽど、この世界に生まれたかったんだね~。もう待ちきれなかったんだね~!」

 

と驚いていたそうです。

 

 

私の名前、トーマ・イタルは、本名をカタカナにしたものですが、「イタル」というのは、漢字では、「格」と書きます。

 

この字で、「イタル」と読むのは、珍しいと思います。

 

私の曽祖父の中に、国語の教師がして、その方が付けた名前だそうです。

 

 

高校の頃、国語の授業で知ったのですが、「格」という文字の意味は、

 

「善にいたる」

 

という意味があり、

 

「どんなに悪い状況でも、必ず最終的には、いい方向に向かう」

 

という人生の教えだそうです。

 

「お客さんが、お金を払って観にきてくれる映画という作品は、必ず最後は、ハッピーエンドにしなければいかない。なぜならば、お客さんを幸せな気持ちにして、店から出てもらうのが、サービス業の基本だからだ」

 

ハリウッド映画には、こういうポリシーがあるそうですが、まさに、そんなかんじの名前ですね。

 

儒教の経書のうち、「大学」、「中庸」、「論語」、「孟子」の4つの書物を総称した四書というものがあるそうですが、その中の「大学」の中に、上記のことが、書かれていたのです。

 

そのことを、授業で知った時、

 

「やっぱり、自分の名前って、いい名前だったんだな…」

 

あらためて、そう思いました。

 

 

 

さて、旅行記の続きです。

 

 

山口県では、以前から行きたいと思っていた、「彦島」にも、念願かなって、ようやく行くことができました。

 

 

下関市に着きました。

 

「海峡ゆめタワー」という塔が、目の前にそびえたっていました。

明らかに、「男根」の形で、「アヌンナキ」の一族のシンボルですね。

両側は、「メノラー」ですね。

 

{D08EBAFD-D75A-4498-BA71-5746C306EC2D}

 

 

 

下関駅からタクシーに乗り、目的地を探しました。

 

途中、とても迷いました。

 

いろいろな高台に登っては、それらしきものがないかどうか、探しまくりました。

 

{2FF7FED6-0AEF-4561-8830-6CC5793B873A}

 

 

この島で、私が探していたのは、「ペトログラフ」です。

 

つまり、古代のシュメール文字が刻まれた岩が、この島にあるというので、それを見に行ったのです。

 

 

一説によると、「彦島」という島自体が、太古の昔、「ジクラット」だったというのです。

 

そして、この島の中心地だったと思われる所に、「ペトログラフ」が存在しているという話を、ある本で読んだのです。

 

古代史マニアの私は、ワクワクしながら、そこへ向かったということです。

 

 

 

ここで、予備知識として、「ジクラット」の説明をしておきましょう。

 

 

宇宙考古学の話を、今までに、たくさんやってきましたが、主に、シュメール文明を中心に、話を展開してきました。

 

理由は、文字としての記録がキチンと残っているから、検証しやすいということです。

 

この文明は、「アヌンナキ」という宇宙人の一族が、発展させた文明だったようです。

 

image

 

 

有名な「エデンの園」も、この近くにあったようです。

 

「エデンの園」は、遺伝子の実験場のような所で、特に大きな施設が、このシュメールのあたりにあったようです。

 

ただし、ここだけでなく、小規模のものは、世界中に、たくさんあったみたいです。

 

日本にも、沖縄、青森、長野、広島、岐阜など、複数の場所に存在していたようです。

そして、今回訪れた、山口県下関市の「彦島」も、そうだったようなのです。

 

 

「エデンの園」が、地名として現在でも、ハッキリと残っているのは、現在のイラクの「Elidu(エリドゥ)」と呼ばれているところです。

 

「Elidu(エリドゥ)=「Eden(エデン)」

 

ということですね。

 

ここが、地球上で最大の「エデンの園」だったという説が、かなり有力みたいです。
 
 

これは、想像画です。

 

こんなかんじの建物の中で、アダムとイブは創られて、育てられていたのではないかと言われています。

 

image

 

 

この建物の中の想像画だそうです。

 

{188D4A9A-3146-4EC8-842E-2AC7CE268006}

 
 
何回か書いていますが、「エデンの園」には、「知恵の樹」と「生命の樹」の2種類の樹があったそうです。

人間は、2つの樹のうちの一つ、「知恵の樹の実」は、食べたので、この先、「アヌンナキ」の宇宙人ファミリーたち、「エンリル」や「エンキ」と同じくらいの知能のレベルまで、到達できる可能性があるということです。

遺伝子の中に、「宇宙人たち(神々)」の知能の情報が、入っているということです。

 
現在の「エデンの園」ですが、凄いことが、わかってきています。
 
人工衛星からの写真で見ると、なんと、太古の昔に、「エデンの園」があったと思われる場所が、まるで核攻撃を受けたように、跡形もなく、吹っ飛んだ痕跡が残っているのです。
 
広島や長崎のような核爆弾を、投下されたとしか思えない放射線状の模様が、地面に刻まれているようです。
 
「古代に、神々が核戦争をした」
 
という記述は、世界中の神話にありますが、どうやら、事実らしいことが、わかってきているようです。
 
 
現在のイラクにある、「エデンの園」です。
砂漠だけで、何もありません。
 
中心地だったと思われる場所には、小さな砂の丘が、ちょっとした記念碑のように、造られているくらいです。
 
{C139AA6B-6953-438C-B09D-AFDE27685102}
 
 
この写真を見ると、なんともいえない気持ちになりますね。
何があったんでしょうね?
 
 

さらに、「楽園追放」の話ですが、これには、様々な説があるのですが、最近、面白い説が出てきたようです。

 

{1EC57E20-5422-4901-A94E-A592F1722D57}

 

 

それは、

 

「アダムとイブが、追放された場所は、エデンの東である。そこは、エデンの園から、東へ19キロの場所にある神殿だった」

 

という説です。

 

 

その神殿とは、ここです。

 

有名な「ウル」の「ジグラット」です。

ここが、「エデンの東」だったのです。

 

ちなみに、「ピラミッド」と「ジクラット」の違いは、

 

「人が、神殿に昇るための階段があるか?」

 

だということです。

 

image

 

 

ここには、「アヌ王=アフラ・マズダー」が描かれた壁画もあります。

 

{E357C707-16C9-4090-86EF-B8F8BB44399B}

 

 

さらに、ここの「ジクラッド」には、「エンリル」と「エンキ」の両者の孫娘である、「イナンナ」が、一時期、拠点にしていたと言われています。

 

ご存知のように、「イナンナ」は、世界中の「女神伝説」に関わっている存在です。

 

「イナンナ」です。

「フクロウ」を従えた魔女の姿で描かれたりします。

 

{16AE584F-A296-42AF-955B-F70860073A6B}

 

 

そして、「イナンナ」の去った後に、この神殿を拠点にしていたと言われている女王がいたのです。

 

それが、「プアビ女王」という存在です。

頭に、三つの花がありますが、「八芒星」の形をした花ですね。

「イナンナ」ですね。

 

{EC0CB7C4-91BE-4EFC-9422-81D9137867F9}

 

 

「プアビ女王」=「イナンナ」

 

だったと思います。

 

「アヌンナキ」の一族は、タイムトラベルやテレポーテーション、シェイプシフト(変身)など、時空間や形を、自在に操ることができるようなのです。

 

アダムとイブの二人が、「エンリル」によって、「楽園追放」をされて、逃げ込んだ場所が、後に、「プアビ女王」や「イナンナ」の拠点になっていたようなのです。

 

「プアビ女王」は、「イナンナ」の生まれかわりだと思います。

 

 

世界中にある、「ジクラット」という建物は、どうやら、「イナンナ」の拠点だったようなのです。

 

だとしたら、「彦島」も、そうだったということです。

 

ちなみ、この島の名前は、元々は、

 

「日子島(ひこしま)」

 

つまり、

 

「日(太陽)の子供が治める領地」

 

という意味だったそうです。

 

 

 

旅行記に戻ります。

 

 

タクシーで、さんざん探して、ようやく、目的地に辿り着きました。

 

 

ここです。

 

大きな団地の裏手の小山にありました。

 

「あった~!」

 

これを見た時、感激して叫んでしまいました。

 

{2C2D64C8-912B-41E7-8EAE-1A99213406A1}

 

 

説明書きもありました。

 

{4C0D4F5F-D072-4200-B2E1-677CFAD1F077}

 

 

記念撮影しました。

 

{E89AB154-BB03-409F-8021-BD81771E701C}

 

 

だいぶ、年月が経っているせいか、残念ながら、ハッキリした文字は、見えなくなっていますが、それでも、太古の時代からのエネルギーが、感じられました。

 

{D0AA6733-DC5B-4886-AC84-92B2F6F26EAD}

 

 

{33DF695C-5651-452B-A8CB-D2E79CA3F01F}

 

 
{5CEBD57C-7744-482C-A587-5D15EB037EFC}
 
 
ちなみに、これらの岩に刻まれている古代文字も、言語学者たちによって、ある程度の解読に成功しているそうです。
 
この岩の文字には、
 
「最高の女神である、ニンフルサグが、シュメールのウルク王朝の最高の司祭になり、日の神の子である、日子王が、神主になり、七枝樹にかけて祈る」
 
だいたい、こういう意味だそうです。
 
う~ん、とても意味深なメッセージですね。
 
「ニンフルサグ」は、日本では、「イザナミ」であり、私たち人類全体の母です。
「イナンナ」とは、双子の魂だと思います。
 
 
さらに、「日子王」とは、地球の表の王様だった、「エンリル」かもしれないし、「キリスト」のことかもしれません。
もしくは、音が似ていることから、「卑弥呼」の意味かもしれません。
 
 

 

「彦島」には、ここ以外にも、近くの神社にも、もう一つの「ペトログラフ」があるということも知り、さっそく、そこにも向かいました。

 

ここは、当初、行く予定がなかった場所でした。

なんとなく、オマケの気持ちで向かったのです。

 

 

 

着きました。

 

ここです。

「彦島八幡宮」という神社です。

 

{B686F55F-E295-49C7-81F2-6FC5719693E7}

 

 

「八」の文字が入っていますね。

「イナンナ」ですね。

 

また、「八幡」は、訓読みでは、「はちまん」とも読みますが、音読みでは、「ヤハタ」です。

つまり、ユダヤ教の最高神である、「ヤハウェ」であり、「エンリル」です。

 

{8D1C2A02-4F30-4505-B80F-A7B87768C155}

 

 

ここには、明らかに自分の意思ではなく、導かれてきたことを、強く感じました。

 

そういう、特別招待の時は、サインがあります。

 

「他に、参拝者が誰もいない」

 

ということです。

 

真昼間なのに、私以外に、境内には誰もいないのです。

 

「これは、特別招待されたな…」

 

こう思いながら、まずは、境内にある、「ペトログラフ」を見物しました。

 

 

こちらも、興味深い岩ばかりでした。

 

{A857847F-B5A0-4406-B795-E014442002B9}

 

 

{F3D7567A-173C-419B-8C45-423090A919B3}

 

 

{2502AF89-93BE-4F54-B3C6-0E548D2A4FB8}

 

 

{72F3FBD2-4411-470B-A053-24236AA8F2D1}

 

 

{C8513E15-9976-450A-BD2F-9D65B59966F4}

 

 

 

それから、拝殿のほうに向かいました。

 

この時、龍の雲が、ひときわ鮮明に出現しました。

 

{BCA09786-EC77-436B-B12C-595C316E934C}

 

 

記念撮影しました。

 

{B1D224E0-3268-4FBC-AAFC-6725D04F1BE5}

 

 

御祭神です。

 

{67167D9D-FC3B-49B1-839E-2F946A0FA824}

 

 

 

それから、参拝しようと思って、拝殿に行ったのですが、ここで、驚きの光景が、目に飛び込んできました。

 

{ED81804F-8431-4C64-BAA8-B1463C6625C1}

 

 

「ん?」

 

「これは、なんだろう…?」

 

しばらく、意味がわからずに、その場で、呆然と立ちすくんでしまいました。

 

{26969BAD-A4B0-441F-9458-803B4573195F}

 

 

この文字が、掲げられていたのです。

 

見てください!!

 

「光格殿」

 

こう書かれていました。

 

そうです。

 

私の名前、「格(イタル)」が、そこに、掲げられていたのです~!!

 

{34EE0A87-DD83-425B-9F38-FAF24348E772}

 

 

周囲には、誰もいなかったのですが、

 

「うわ~~~!!!」

 

大声で、絶叫してしまいました~!

 

これは、神様が、

 

「格(イタル)、光の殿様になりなさい、光に至りなさい」

 

こういうメッセージを、投げかけているように感じました。

 

この世界に、こんな神社が存在していたとは…

 

 

人間って、あまりにも感動すると、もう涙も出ないんですね。

ひたすら、この文字の前で、ブルブルと震えていました。

 

 

最近、忙しすぎて、自分の本来の使命を見失いそうになっていましたが、改めて、今世での自分の役割や使命を、再認識することができました。

 

「そうだ! 自分の役割は、光になることだ!」

 

以前から、このことには、気がついてはいましたが、これほど、強力に、メッセージを投げかけられたのは、初めてでした。

 

 

 

今回の旅のテーマの一つが、「光」だったのですが、これの意味もわかりました。

 

明るい昼間に、燦燦と輝く太陽の下では、ライトのありがたさは、わかりません。

 

どんなに明るいLEDの光でも、太陽の光には、勝てないのです。

 

 

しかし、真っ暗な洞窟の中では、どうでしょうか?

目を開けても、閉じても、真っ暗闇という空間を、思い出してください。

こんな闇の空間です。

 

{8825FE43-FDE4-4727-96B9-7A191FA42E84}

 

 

そこでは、強力に光る明かりなど、必要ありません。

 

たった、マッチ一本の火の灯りで、または、ロウソクの炎くらいの灯りで、いいのです。

 

「小さな光」だけで、十分なのです。

 

{1407D55B-7E50-4578-AC95-4FF70029326D}

 

 

「灯(ともしび)」になること。

 

これが、自分の役割であり、使命だということを、再認識しました。

 

絶望のどん底にいる人や、八方塞がりになって、苦しんでいる人に、

 

ポッ

 

というかんじで、マッチ一本の灯り、または、ロウソク一本の灯りを、点けてあげる。

そして、周囲の状況を、やさしく教えてあげる。

 

それが、自分の役割だったのです。

 

 

真っ暗闇を照らすのに、100%の明るさは、必要ないのです。

 

闇が、100だったら、光も、100ないと対抗できないようなイメージがありますが、そんなことはありません。

 

100の闇に対して、光は、1でもいいのです。

0.1でもいいし、0,0001でもいいのです。

 

つまり、「無力」では、意味がないし、現状は、まったく変わらないけど、「微力」であれば、闇をひっくり返すことができるのです。

 

マッチ一本の炎の灯り、もしくは、ロウソク一本の炎の灯り、わずか、「0.0001%の光」で、それまで、「100%の闇だった空間」が、とても薄暗いけど、「100%の光の世界」に、瞬間的に変わるのです。

 

 

 

現在の世界情勢や日本の政治の現状をみて、自分の無力感に苦しんでいる方も、多いと思います。

 

でも、どんな言動や行動でも、「0」でなければ、いいのです。

 

「100」や「1000」のパワーじゃなくてもいいのです。

「0.0001」のパワーでいいのです。

 

「無」と「有」の間には、天地の差があります。

「無力」と「微力」の間には、凄い違いがあるということです。

 

壮大なスケールで、デカいことを夢見てもいいのですが、目の前の小さい出来事を、大切にしてください。

 

それが、結局は、世の中をよくするために、一番の早道だったりするのです。

 

 

今回の旅での、一番の気づきは、これでした。

 

 

 

最終日は、福岡県福岡市に、立ち寄りました。

 

この日は、スケジュールの関係で、わずかな時間しか滞在できず、JR博多駅の近辺だけを散歩しました。

 

 

主に、4カ所をまわりました。

 

 

一つ目は、日本における、うどん・そば・饅頭などの粉食文化や博多織の発祥地である、「承天寺」にも立ち寄りました。

 

記念撮影です。

 

{D38F243A-6BE0-4280-A13A-50559A291FD1}

 

 

いいお寺でした。

 

{720415A7-56B1-464D-BF9B-2036A5688703}

 

 

{D3678F0B-A507-468D-9534-241D47AA3D0D}

 

 

 

二つ目です。

「聖福寺」にも行きました。

 

ここは、日本最初の本格的な禅寺として有名だそうです。

 

{C0D736DF-C6FD-42B4-9A96-95ABB74C81B6}

 

 

案内板には、「扶桑」という文字、それから、「38院」という数字など、意味深な単語が、たくさん書かれていました。

 

{51A2F1AD-F6AC-4766-ADEE-D2DEFD160E8D}

 

 

三つ目です。

「東長寺」にも行ってみました。

 

{2BB90D95-6C7D-48EB-85A1-53F6C3AAA308}

 

 

ここには、「福岡大仏」という大きな仏像もありました。

 

{0DD01616-B9AD-4312-BC77-D21F28A918B5}

 

 

高さ、16メートル以上の大仏様です。

 

{E7616137-A10C-47EF-AF90-5168D2F1822A}

 

 

建物の中には、「地獄めぐり」という、真っ暗な空間を体験する部屋があり、ここでも、あらためて、「小さな光」に気がつきました。

 

地獄めぐりを終えて、境内から出てきた場面です。

「小さな光」が、私に向かって差し込んでいるように見えます。

 

{8CEB0AF3-1DD0-4938-8FEB-22FCB4117E22}

 

 

 

四つ目は、ここです。

「龍宮寺」というお寺です。

福岡で、一番印象的だったのが、このお寺でした。

 

{DAEB531B-54ED-437E-BABB-85E5DFE0B5B1}

 

 

ここには、「人魚の骨」が展示されています。

 

見学するには、電話予約が必要だというので、最初に電話をかけてから、向かいました。

 

ありました。

 

{897110A6-DA11-49C0-A756-F677CBC40107}

 

 

本堂の中に、静かに置かれていました。

おそらく、本物だろうと思います。

 

{B55784C4-FFC4-44C3-86B8-C17DA20997EF}

 

 

「人魚」の絵も、いくつか飾られていました。

「イナンナ」ですね。

 

{9F7605B1-7A40-40C3-B7B7-E5B65F9659EC}

 

 

{3CC68CDB-BFCD-4D5B-8E17-151102832FAC}

 

 

{CBE5B7E0-523B-41FA-80A7-412914B50145}

 

 

 

全ての日程を終えた後、私の福岡セミナーの常連さんである、エナさんとエミさんという二人の姉妹と、タイミングがあったので、お茶しました。

 

短い時間でしたが、とても楽しい時間を、過ごさせていただきました。

 

{A338E29D-0A07-4B21-8E31-19B8DBD756A1}

 

 

 

 

ふーっ、「瀬戸内海ワクワクツアー」、今回で最終回です。

 

この旅も、凄い旅でした。

最初から最後まで、シンクロが起こり、ワクワクしっつぱなしの不思議ワールドでした。

 

明日は、51歳の誕生日です。

ますます、面白くなる人生の旅を、楽しみますね。

 

さて、次は、どこに行こうかな?

 

 

 

 

では、恒例の締めの一言です。

 

 

「苟(まこと)に日に新たに、日日に新たに、又日新たなり」

 

「大学」より

 

※大要

 

新しい一日を迎えるたびに自分自身を向上させる、毎日毎日それを繰り返す、日が新しくなるたびに自分自身も新しくなる。

 

 

 

 

 

☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas



☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

 

 



☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、応援クリックお願いしますね。↓

 

 


人気ブログランキング

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


 

 


ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ




以上



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

 

 

精神世界の鉄人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス