精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:

宇宙考古学の話を、今までに、たくさんやってきましたが、主に、シュメール文明を中心に、話を展開してきました。

 

理由は、文字としての記録が、キチンと残っているから、検証しやすいということです。

 

何度も書いているのですが、シュメール文明は、「アヌンナキ」という宇宙人の一族が、発展させた文明だったようです。

 

昔から、この一族のことは、知っていましたが、3年前から、よく見ている、はやし浩司さんの動画が、とてもわかりやすく、この動画で、理解を深めました。

 

image

 

 

 

、「アヌンナキ」のファミリーの中で、最初に、地球に降り立ち、地球の王になったのは、「アヌ王」と呼ばれている存在でした。

他にも、「天神アン」だとか、いろいろな名前で呼ばれています。

 

{8DA17019-BF42-413D-9756-B2C6FD278F92}

 

 

こちらも、「アヌ王」だと言われている壁画です。

 

{58DC698A-4DA3-436B-9BF9-029FD8EB045D}

 

 

彼は、「ゾロアスター教」の最高神、「アフラ・マズダー」でも、あったみたいです。

 

{62B67C8B-707F-4814-BD90-ED33279A0FC0}

 

 

 

そして、この王には、二人の息子がいたようです。

 

「エンリル」と「エンキ」です。

 

 

 

大切なことなので、もう一度、簡単に説明しておきます。

 

 

一説によると、「アヌンナキ」の一族の中で、中心的な位置にいた、「アヌ王(アヌンナキ)」という宇宙人は、地球に来る前に、すでに、正妻がいたそうです。

しかし、宇宙を旅している時に、どこかの惑星で、好きになった女性がいて、妾の子ができたそうです。
今、地球でも流行の「不倫」というやつですね。(笑)


正妻の子が、「エンリル」で、妾の子が、「エンキ」だったそうです。

正妻が、人間の姿に似ていて、妾が、龍(蛇)の姿をしていたそうです。


だから、正妻の息子である「エンリル」は、「人間」の姿で、妾の子である「エンキ」は、「人間+龍(蛇)」の姿だったようです。


父の「アヌンナキ」は、「エンリル」のほうを、地球の王様にして、「エンキ」を、日陰のような存在にしたようです。

「エンリル」=「表の王様」
「エンキ」=「裏の王様」

太古の昔に、地球には、こういう二人の王様が、支配者として君臨したようです。

 


二人の息子は、仲が悪かったそうです。
どうして、仲が悪かったかというと、当時の「人間たちの扱い」について、価値観や意見が、合わなかったようです。


この二人を、簡単に説明すると、下記のようになります。

エンリルの姿は、「人間型」で、現在の私たちと、変わらない姿だったようです。

この宇宙人は、

「人間たちを、奴隷のままにしておこう」

と考えていたそうです。

そうやって、何も考えないほうが、幸せだと思っていたのかもしれません。

また、奴隷にするかわりに、サポートも、熱心にしていたようです。
見方を変えると、ある意味、過保護だったのかもしれません。

 


一方の「エンキ」は、「人間と爬虫類」が、混じったような姿だったそうです。

上半身は人間で、下半身がヘビのような爬虫類の姿だったそうです。

この宇宙人は、

「人間たちを、少しづつ教育していって、いつかは、宇宙人のと同じくらい賢い存在になってもらいたい」

と考えていたそうです。

知恵を与えることによって、だんだん自立していくように、願っていたのかもしれません。

だから、サポートは、必要最小限にするというのが、基本的なスタンスだったみたいです。
ある意味、放任主義ですね。

 


左の人間の姿の宇宙人が、「エンリル」です。
右の下半身がヘビの姿の宇宙人が、「エンキ」です。

 

{094C5547-6A77-4BCE-9B3E-C9E938E5A728}

 


身体の下半分がヘビだった、「エンキ」が、聖書の中で、「アダムとイブ」に、知恵を授けた、「ヘビ」です。

当時、「エンリル」のほうが、父親である「アヌンナキ」から、「エデンの園」と言われている場所で、「アダムとイブ」の管理を任されていたようなのです。

「エンキ」のこの行為に対して、「エンリル」が激怒したようです。


それで、「アダムとイブ」を、エデンの園から、追い出したようです。
「追い出した神」が、「エンリル」です。

その頃から、人間の姿をした「エンリル」という宇宙人が、半分ヘビの姿をした「エンキ」という宇宙人を、「悪魔」にしたそうです。

なるほど…、ですね。

 


つまり、聖書に出てくる「神」は、「エンリル」で、「悪魔」が、「エンキ」ということです。

「エンリル」の価値観に合わない「エンキ」を、悪者にしたということです。

右側の木に巻き付いているのが、「エンキ」です。

「蛇(龍)」の神様です。
「アダムとイブ」に、知恵の実を勧めている場面です。

 

{583BB5B7-DE3A-4D25-9D6C-7B674F052D9A}

 


その後も、人間の歴史は、「エンリル」と「エンキ」という二人の兄弟の喧嘩の影響を、受け続けます。

「アダムとイブ」の子孫である、「ノア」の時代に、二人の喧嘩が、一度頂点に達するみたいです。

「エンリル」は、自分たちの姿に似ていながら、中途半端に知恵をつけた人間たちを、嫌悪していたそうです。

天変地異を起こし、人間たちを、全員殺そうとしたようです。
それが、「ノアの大洪水」の話です。


しかし、結果的には、「エンキ」が、「ノア」を含む、一部の人間たちを助けたみたいです。




このように、地球の宇宙人グループには、「エンリル派」と「エンキ派」という二大グループができて、両者が争いながら、歴史が展開していったようです。

「人間を、奴隷にしたままにしておこう」

という価値観の「エンリル」が、つくったのが、「ユダヤ教」や「キリスト教」、「イスラム教」などの「宗教グループ」みたいです。

一方、

「人間は、知恵をつけながら、いつかは自立するべきだ」

という価値観の「エンキ」が、つくったのが、「ゾロアスター教」や「ミトラ教」、「グノーシス主義」、「フリーメーソン」や「イルミナティ」などの「秘密結社グループ」という流れみたいです。


「地球の歴史の様々な出来事に、この二人の宇宙人兄弟の価値観の違いが、間接的に遠因として、影響を与えてきた」

 

と、ゼカリア・シッチン博士は、主張していたようです。

宗教戦争などの虐殺の遠因を辿っていくと、最終的には、

「エンリル VS エンキ」

の喧嘩に行きつくことが、多いのです。
 


これは、単純に、

「どっちが、正しいか?」

という簡単な問題ではありません。

 


たしかに、人間は、バカなままでも、戦争をしますが、賢くなっても、もっと高度な戦争を、やるからです。

 


どうですか?
どちらの意見も、正しかったのです。
だから、これだけの長い期間、対立していたのです。

 

 

 

現在でも、この二人の兄弟の痕跡は、世界中にあります。

 

 

例をあげますね。

 

 

日本では、どこの神社にも、必ずいる、「狛犬」です。

 

 

これは、「靖国神社」の狛犬です。

口をあけて、角がないほうが、「エンリル」だと思います。
「ライオン」を表現しています。

口があいているのは、父親から、

「オマエが、人間たちに、いろいろ命令しろ!」

と言われたからかもしれません。

 
「阿」の狛犬ですね。
 
{19535F43-5E64-43CD-9196-714F18C09B28}


口をとじて、角があるほうが、「エンキ」だと思います。
「ユニーコーン」を表現しています。

口がとじているのは、父親から、

「オマエは、黙っていろ!」

と言われたせいかもしれません。(笑)
 
「吽」の方の狛犬です。
 
{97700F53-EB0D-4599-B2C3-CE8AC3D599E4}
 

 

このように、歴史の古い神社は、だいたい、こうやって、「角のない狛犬」と「角のある狛犬」の二体がいます。

 

 


このように、父親の「アヌ王(アヌンナキ」から生まれた、二人の息子、「エンリル」と「エンキ」は、いろいろな時代に、世界中を、まわっていたようです。
それが、世界中に伝わる「二体の神様」の神話や伝説の原型になっているようです。

 

 

有名なのは、やはり、「シュメール」の文明に関係している、「人面有翼牡牛像」ですね。

 

{1A9463CD-2E17-468C-B796-CCCA52F8C649}

 

 

これも、有名な「シュメール文明」の「レプタリアン(爬虫類人)」ですね。
 

140930_001012.jpg

 

 

フランスのパリにある「ノートルダム大聖堂」の不思議な像です。
ここにも、「一本角のある霊獣」と「二本の角のある霊獣」が、建っていますね。
これも、「エンキ」と「エンリル」だと思います。
 

{CE62CD2C-8093-4C6C-BC4E-B4CF593E0CCA}

 

 

日本では、「狛犬」だけでなく、他にも、「仁王像」などでも、表現されていますね。

 

{EBC8E6F5-D589-4E54-A76B-D111E1A2FE87}

 

 

韓国にも、同じような像があるみたいです。

 

 

 

 

こういう聖地や神社や寺などの門に立っている二人は、

 

「神様の護衛であり、門番である」

 

というのが、定説のように考えられてきました。

 

 

しかし、ここでも、よく考えてみてください。

 

「全知全能の神に、そもそも、護衛や門番が必要なのか?」

 

ということです。

 

必要ありませんね。

 

 

そうなのです。

 

実は、この二人が、「神様」なのです。

 

世界中のあらゆる聖地で、「門番」のふりをして、入口で、私たちに、最初に挨拶しているのが、この「二人の神様」なのです。

 

「エンリル」と「エンキ」だということです。

 

 

 

ところで、素朴な疑問が、わいてきませんか?

 

「エデンの園とは、どこにあったのだろうか?」

 

ということです。

 


「エデンの園」は、遺伝子の実験場のような所だったそうです。


一カ所ではなく、世界中に、たくさんあったみたいです。
日本にも、沖縄、青森、長野、広島、岐阜など、複数の場所に存在していたようです。

 

 

地名として現在でも、ハッキリと残っているのは、現在のイラクの「Elidu(エリドゥ)」と呼ばれているところです。

 

「Elidu(エリドゥ)=「Eden(エデン)」

 

ということですね。

 

ここが、地球上で一番大きいメインの「エデンの園」だったという説が、有力みたいです。
 
 

これは、想像画です。

 

こんなかんじの建物の中で、アダムとイブは造られて、育てられていたのではないかと言われています。

 

image

 

 

これも、この建物の中の想像画だそうです。

 

{188D4A9A-3146-4EC8-842E-2AC7CE268006}

 
 

「エデンの園」には、「知恵の樹」と「生命の樹」の2種類の樹があったそうです。

「エンリル」が怒ったのは、「知恵の樹の実」を食べた人間が、「生命の樹の実」までも食べて、「永遠の生命」を得ると、

「唯一絶対の神である、自分たちの地位が、脅かされると思ったから」

とも言われています。

「人間が、神と等しき存在になるのを、恐れたため」

だということです。


簡単に言うと、人間は、2つの樹のうちの一つ、「知恵の樹の実」は、食べたので、この先、「アヌンナキ」の宇宙人ファミリーたち、「エンリル」や「エンキ」と同じくらいの知能のレベルまで、到達できる可能性があるということです。

遺伝子の中に、「宇宙人たち(神々)」の知能の情報が、入っているということです。


しかし、一方で、人間は、「生命の樹の実」は、まだ食べていません。

「永遠の生命」は、得られていないということです。

そのせいで、

「ある歳になったら死んでしまう」

という、「寿命」という期限があったのです。
 
 
簡単にまとめると、「神々(宇宙人たち)」と「人間」の違いは、
 
「寿命があるかどうか?」
 
ということです。
 
 
 
現在の「エデンの園」ですが、凄いことが、わかってきています。
 
人工衛星からの写真で見ると、なんと、太古の昔に、「エデンの園」があったと思われる場所が、まるで、核攻撃を受けたように、跡形もなく、吹っ飛んだ痕跡が、残っているのです。
 
広島や長崎のような核爆弾を、投下されたとしか思えない放射線状の模様が、地面に刻まれているようです。
 
「古代に、神々が核戦争をした」
 
という記述は、世界中の神話にありますが、どうやら、事実らしいことが、わかってきているようです。
 
 
現在のイラクにある、「エデンの園」です。
砂漠だけで、何もありません。
 
中心地だったと思われる場所には、小さな砂の丘が、ちょっとした記念碑のように、造られているくらいです。
 
{C139AA6B-6953-438C-B09D-AFDE27685102}
 
 
この写真を見ると、なんともいえない気持ちになりますね。
何があったんでしょうね?
 
 

さらに、「楽園追放」の話ですが、これには、様々な説があるのですが、最近、面白い説が出てきたようです。

 

{1EC57E20-5422-4901-A94E-A592F1722D57}

 

 

それは、

 

「アダムとイブが、追放された場所は、エデンの東である。そこは、エデンの園から、東へ19キロの場所にある神殿だった」

 

という説です。

 

 

 

その神殿とは、ここです。

 

有名な「ウル」の「ジグラット」です。

 

ここが、「エデンの東」だったのです。

 

ちなみに、「ピラミッド」と「ジクラット」の違いは、

 

「人が、神殿に昇るための階段があるか?」

 

だという説もあるようです。

 

まあ、厳格な違いの定義はないようです。

 

image

 

 

ここには、「アヌ王=アフラ・マズダー」が描かれた壁画もあります。

 

{E357C707-16C9-4090-86EF-B8F8BB44399B}

 

 

さらに、ここの「ジクラッド」には、「エンリル」と「エンキ」の両者の孫娘である、「イナンナ」が、一時期、拠点にしていたと言われています。

 

「イナンナ」については、何度も書いているので、省略しますが、世界中の女神伝説に関わっている存在です。

 

「イナンナ」です。

よく、「フクロウ」を従えた、魔女の姿で、描かれたりします。

 

{16AE584F-A296-42AF-955B-F70860073A6B}

 

 

 

そして、「イナンナ」の去った後に、この神殿を拠点にしていたと言われている女王がいたのです。

 

それが、「プアビ女王」という存在です。

 

頭に、三つの花がありますが、花弁が、「八つ」ですね。

 

この「8」という数字が、「イナンナ」のシンボルマーですから、よく覚えておいてください。

 

{EC0CB7C4-91BE-4EFC-9422-81D9137867F9}

 

 

「プアビ女王」=「イナンナ」

 

だったと思います。

 

「アヌンナキ」の一族は、タイムトラベルやテレポーテーション、シェイプシフト(変身)など、時空間や形を、自在に操ることができるようなのです。

 

アダムとイブの二人が、「エンリル」によって、「楽園追放」をされ、逃げ込んだ場所が、後に、「プアビ女王」や「イナンナ」の拠点になっていたようなのです。

 

「プアビ女王」は、「イナンナ」の生まれかわり、もしくは、同一人物が、シェイプシフトいたのかもしれません。

 

いずれにしても、「8」という数字が、シンボルなので、同じグループだということは、間違いなさそうです。

 

 

「ジクラット」という建物は、どうやら、「イナンナ」という女神の拠点だったようなのです。

 

 

もう一度、「イナンナ」のシンボルマークです。

「八角形の星」ですね。

「八つの頂点を持つ星の形は、私ですよ!」

と言っているのです。
 
{0C3DBE72-947C-44D0-B381-1B57B488EE5D}
 
 
「卑弥呼」の痕跡が残っていると言われる、「纒向遺跡」や「箸墓古墳」のあたりから、「銅鏡」が、たくさん出土していますが、その中には、この「八つの頂点を持つ星の形」が、ハッキリと刻まれている者が、たくさんあるのです。
 
{F31642B0-1087-43A9-8D3D-A58F1BE2C6DA}
 
 
これらの銅鏡たちは、「イナンナ」が、

「私が卑弥呼ですよ。邪馬台国は、私が建国した国ですよ」

と言っているのかもしれません。

 

これは、「卑弥呼」の蝋人形ですが、袖のあたりに、さりげなく、「八方向の光」のデザインがありますね。

ちょっとわかりにくいですが、白と赤で、「八方向の光」を表しています。

 

{DBCFC93B-A747-4CD8-B874-8823EF38DB39}

 

 

このことから、

 

「イナンナ」=「卑弥呼」

 

だったということも、推測できますね。

 

他にも、

 

「卑弥呼」=「弁財天」

 

というかんじで、世界中の女神伝説は、全員、「イナンナ」だった可能性もあります。

 

いろいろな状況証拠から、「聖母マリア」や「楊貴妃」も、そうだっだみたいです。

 

 

 

実は、日本にも、「イナンナ」が拠点にしていた、「ジクラット」があったのです。

 

しかも、今回旅した伊豆半島、しかも、下田市内にあったのです。

 

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas



☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。


http://www.tomaatlas.com/soul.htm

 

 



☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓

 

 


人気ブログランキング

 


にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 


ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ




以上



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

精神世界の鉄人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。