優しくなるために必要なのは知識ではなく教養だと思う | 愛情料理研究家 土岐山協子の 『食べることは生きること』を発信するブログ

愛情料理研究家 土岐山協子の 『食べることは生きること』を発信するブログ

愛情料理研究家の土岐山協子と申します。私は元々教職に就ておりました。その時に教育における母親の役割の重要性に気付き、日本の国力を上げかつ愛情に溢れた幸せな日本国を作るためには女性が愛情に溢れ、賢く美しくある必要があるのだという考えに至りました。

友人が有名人だということを再認識した朝、皆様いかがお過ごしですか(╹◡╹)

別な友人から友人が記事になっていることを聞かされ、記事を読んでみた。
簡単に言うと友人の悪評めいたものだったのだが、あ、そうという感じ。

そもそも友人の悪評を書いた人を私は知らんし、どんなに世の中に悪評が出回ろうが、私はその友人が好きだということは変わらない。当たり前のことだ。

それよりもこの時期にこの記事に出会った意味を私なりに考えてみた。

私の生きる目的は全く誰にも頼まれていないが世界平和に貢献することだ。
私は平和に不可欠な条件は「悪意の種を蒔かないこと」だと思っている。

例えば今回のように誰か個人を糾弾する記事が出回ったとしよう。
そこで「そーだそーだ」と糾弾に乗る人は、実はその人が憎いわけではない(だって会ったことのない人なのだから)。自分自身がなんかの不満や不安、満たされない思いを抱えており、一言で言うと心に人を思いやる余裕が無い。だから糾弾に乗る行為や、同調してその会ったこともない人を「悪」と思い込む行為は自己のフラストレーションを発散するための手段の一つに過ぎない。

そうした人は「自分が善と思われたい」という欲求がかなり多い。自信の無さを露呈しているだけなのだが、それを認める強さもないから仕方がない。

だからこうした記事によりその個人がどれだけ多くの人に叩かれようが、叩く側の人には自分を善と思われたいだけの幼稚な悪意しかないのだから、記事も記事の反応自体も実は全てが空虚で無意味なことなのである。

しかし「悪意の種」を心に保有している人は、こうした記事が悪意の花を咲かせる肥料になる。悪意の花は群生する性質がある。一輪では咲けないようにできている。

しかしこうした記事にそーだそーだと乗らないタイプの人がいる。
「悪意の種」を成長過程でそもそも植えられていないか、日々の暮らしの中で完全に消失したかのどちらかだ。
種が無いのだから思考が悪意に満ちるわけがない。そうした人たちの行動を謎に思うだけ。たまにこういう綺麗な魂の人、いる(╹◡╹)

私はこの「悪意の種」を心から無くすことが人が生きる目的なのではないかなと思う。
そして「人への悪意」は未熟さの象徴だと、私は思っている。
なぜなら悪意が発動する理由は
「自分を守りたい」という自己保身のための防御反応が働くからだ。

自分という人間は宇宙全体も含めた共同体の一員として生きているという意識があれば、実は「個」にはあまり執着することかないはずで、その原理がわからない人は自分という一個体を守ろうとする。その自分本位な気持ちが他との確執を生むのだと思う。平たく言うと単にワガママなんだわ。

だから人を自分から攻撃する人には、教養が備わっていないと私は思っている。教養とは優しさであり思いやりだ。人は教養があるからこそ優しくなれる。

まず教養とは
「万物は一体であり、自分はその共同体の一部であること」
「人間は自分一人の力では何も出来ないこと」
「人間の命の重さ、存在の尊さは全て平等で人が人を裁く権利は何人たりとも持ち得ないこと」
「人を攻撃する行為をした場合、結果必ず自分自身が信用を失う羽目になること」
「人間は信頼関係を築くことでしか絶対の安心感を得られないこと」
「人間が心豊かに生きるために必要なのは安心感であること」

などであり、教養がある人はこのことをわかっているから誰かを悪く言う行為を自らしない。だから優しくしかなりようがない。

知識が豊富なことと教養があることは全く別で、教養があって知識が豊富な人は文化人だが
教養がないのに知識だけがある人は「悪意の種」を多く撒き散らしてしまうタイプの人である。
この非生産的な行為の結果、自分の信用が失われてしまうことを全く想像できていないということだ。少し考えたらわかるだろうに。

そして教養がない人の究極は
「人ごとにする」という行為を平気ですること。

「私はそうじゃない」
「私は絶対しない」

この思考自体が自分をよく見せたいという悪意の種を保有していることの証明なのだが「見せかけの正義感」にかられるとそれが見えなくなる場合は往々にしてあるものだ。

人間、どんなことをも犯す可能性が平等にある。
私だっていつ、この「そーだそーだ」側になるかわからない。

だから信頼できるパートナーや友人が必要なのだ。

私が誰かを悪意を持って評することがあったときに、その悪意の種を枯らしてくれる言葉を言ってもらえるかどうか。

悪意の種は、多分持っていない人の方が圧倒的に少ない。
これ、自分は無い、と思う人はアウトと思うよ(╹◡╹)

悪意の種を花咲かせないようにする一番の手段は、毎日美味しいご飯を食べることだと、私は思うな🍙

{0C579193-65C1-4EB0-9982-3FEB8B3C8B88}



土岐山拝