ウキウキ、ウォークマン日記

ブログの説明を入力します。


テーマ:

鹿島港内の小ハナダイは10月には15センチになるだろうから、10月に延べ竿のウキ釣りで楽しもうと考えていたけど、待ちきれなくて、まだ9月30日だけど鹿島港に行ってきました。


小ハナダイならここ、鹿島港中央公共埠頭に着いたのは13時頃だった。

さすが土曜日、満員御礼状態だが、ぶらぶらしていると程なく一人分のスペースが空いて、すんなり釣り座を確保できた。


5メートルの延べ竿に道糸2号5メートル、棚4メートルに玉ウキを付け、袖型7号針1本にエサはオキアミMサイズだ。

堤防まきえを潮流の1メートル上流に撒きながら、ハナダイの寄りを待つと、程なくウキが深く沈み、15センチのハナダイがあがってきた。わ、なんと楽しい♪

立て続けに15センチのを追釣し、おお、今日は爆釣か?と期待したが、ハナダイは足早に去って行き、次に釣れたのは30分後だった。


あんまり釣れないから、磯竿(5本バリの胴突き仕掛け)も加えて、竿2本体制の置き竿釣りとした。

やがてミニサイズのカワハギによるエサ取りが激しくなり、オキアミがどんどん減っていく。


若い夫婦が水汲みバケツを覗きにきてバケツの中で泳ぐハナダイを見て、ご主人は「ハナダイですか?これ、いいっスね」と言い、奥さんは「わあ、ちっちゃーい」と言った。

2週間で1センチづつ大きくなってるから、10月中旬には15~16センチになって、那珂湊のお魚市場で5匹5百円のサイズになるんだがなあ。


三時間程楽しみ、16時にはオキアミがなくなり、納竿とした。



◼️本日の釣果
ハナダイ(チダイ)  11尾(14~15センチ)
メジナ 1尾(18.5センチ)
カワハギ 1尾(10センチ)リリースしました

ハナダイは、塩焼きと握りでいただいた(塩焼きはまだだけど)。


握りは、1尾で2個できる。
これは美味しくないわけがないですよね。口の中で鯛がとろけるのだ。
あら汁も作った。口の中に鯛の香りが広がって絶品ですね。




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

8月14日にポートラジオで小ハナダイが釣れて、その天ぷらが最高にうまかったので、本日天ぷら用の小ハナダイを釣りに、小ハナダイならここ、中央公共埠頭に行ってきました。


今日からの三連休のうちで雨が降らないのは今日だけだから混んでるだろうなと予想したが、15時頃に到着した中央公共埠頭は閑散としていた。


竿は磯竿と延べ竿の2本。

2本ともトリックサビキのオモリのとこのヨリモドシに袖型6号の針を一本結ぶ。

ハリがいっぱいついてるトリックサビキにさらに針を追加するので、この追加の針は欲バリと呼ばれる。

欲バリのエサはオキアミだ。


磯竿は底付近、延べ竿は中層に仕掛けを降ろすと、ほどなく延べ竿にあたりがあり14センチの小ハナダイがあがってきた。うん、いい感じだ。


それからは飽きない程度にあたりがあったが、釣れるのは延べ竿の方ばかりなので、磯竿の棚を延べ竿の棚に合わせると、磯竿の方も釣れるようになった。

釣れるのは欲バリの方ばかりで、トリック仕掛けの方はほとんど釣れない。

やっぱ鯛にはアミエビよりオキアミなのだろう。


さて、夕方になって、小ハナダイは10尾ぐらい釣ったから、これで帰っても満足なのだが、ちいパさんに「淳平さんの釣果写真にアジがいないのは変な感じ」と言われたから、アジも釣らなくちゃ。


さて、ハリスがよく絡まる欲バリは外して、純粋なトリックサビキでアジの回遊を待つと、17時40分、いい感じのあたりがあり、20センチの中アジがあがった。

お、中アジもいるのかと期待したが中アジはその1尾だけで、その後すぐに14センチ前後の小アジの入れ食いが始まった。

入れ食いなので竿は延べ竿1本だけの手持ち釣りだ。


入れ食いは10分ほどで一服し、雨がポツポツ降っていたので18時に納竿とした。

アジの群れは相当大きいけど、15~18センチのレギュラーサイズが釣れないのは不満ですね。




◼️本日の釣果
・ハナダイ(チダイ)  10尾(10.5~14センチ)
・マアジ  16尾(13~15センチの小アジが15尾、20センチの中アジが1尾)
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回、タイトルは「鹿島港アンモニア岸壁のアジ釣り」となるはずだったのです。

それなのに、釣り場は冷たい強風が吹き付けていて、頭が痛くなって、明るいうちに納竿としたので、昼間にアジが釣れるはずもなく、メジナが釣れたのでこんなタイトルにしました。


さて、最初はアジ狙いでアンモニア岸壁へ行った。

午前中は雨だったからさしものアンモニア岸壁でも空いてるだろうと、15時半頃に到着して岸壁に降りていくと、なんと満員でした。


仕方がないからアンモニア岸壁からポートラジオへ変更。

ポートラジオの水路側の低い岸壁に移動して、風が強いから延べ竿一本でトリックサビキをおろす。

すると程なく竿先が海面に突き刺さった。竿がひったくられるような強いあたりだ。

あがってきたのは18センチのメジナでした。

メジナの群れが寄っていて、15センチ~21センチのメジナがよく釣れる。

延べ竿のメジナって面白い。


小ハナダイが釣れた時は、念のため、チャリコじゃなく小ハナダイであることを確認した。

アミエビを買った釣り具店の釣れてる魚の黒板にチャリコがあり、小ハナダイは書いてなかったのでした。

尾びれの先が黒くなく、鰓蓋の先端が血のように赤い(標準和名チダイの語源だ)、間違いなくハナダイだ。


それにしても風が強い。立っていると体が持っていかれそうだ。

風が強いと釣ってて楽しくないし、風邪ひきそうで頭が痛くなってきたので、夜釣りのつもりで来たが、まだ太陽が出ているうちに納竿とした。



■本日の釣果

メジナ 10尾ぐらい(15センチ~21センチ、大き目のを3尾残して7尾リリース)

ハナダイ 1尾(12センチ)





小ハナダイは一尾じゃ天ぷらにしたら油が無駄になるから、握り寿司にした。これは旨くないわけがない。
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。