Back Garden Light - CNCC直系フランス産イージーコア! | (旧)喜怒音楽 -きど"おと"らく-

(旧)喜怒音楽 -きど"おと"らく-

2020年に引っ越しをしました。引っ越し先は最新記事からどうぞ。

 

ただでさえクソな夏が


台風一過により、更なるクソになりましたね。

 

昨日の東京の最高気温37℃ですよ?


暑いんじゃボケ!!!!!!!!!!(# ゚Д゚)凸


どうも、トトです。

 

 

今回は、久々に新人発掘コーナー\(^o^)/

 

夏は死ぬほど大嫌いですが、


夏に合う音楽、夏に合うバンドは大好きだ!

 

そんな夏にピッタリのバンドを見つけました。


昨年7月のOHOHぶりとなりますが、


OHOHはそもそもいさみさん猛プッシュがあった故に


だったので、ホントに自分発で新しいバンドを発見したと


記事にするのは、OHOHより前、2016年4月の


BackWordz ぶりとなります。

 

今回取り上げるバンドに関しても、


早耳リスナーは既に知っている人も多いでしょう。


ググッてみても、RNR TOURSを筆頭に


4~5件の記事がヒットします。


そして、AP JAPANの記事も出てきますね。

 

NERDSでも音源を取り扱ってるのもさすが。


それらをブチ抜いて、BackWordz のように


喜怒音楽の記事がいちばん上にきますよーに!(。>人<)

 

 

 


Facebook (Back Garden Light):10,195 Like
Twitter (@BackGardenLight):255 Follower
Instagram (backgardenlight):5,636 Follower
bandcamp (Back Garden Light)

※2017/8/7時点

 

 

↑カッコ内にリンクを貼ったので


気になる人は是非ともフォロー!

 

しかし、こうして数字を見てみると

 

ツイッターよりインスタの方が遥かにフォロワーが多いのも

 

時代なんですかねー。


フランスはボルドー出身のPOP PUNK/EASYCOREバンド


Back Garden Light

 

バンドも、人も、親日家が非常に多いとされる


フランスからのニューカマーです。


今回、彼らを知ったキッカケはインスタ


フォローをしてもらったワケではないんですが


いくつかの写真にいいねをもらったことを機に


バンドのアカウントを見てみて、


バンド垢を見る時にチェックするのは当然


曲があるかどうか


BGLはちゃんと曲をUPしていたので聴いてみると


良いじゃないか!


と、最近はヘヴィなバンドの記事も多いワタシですが


元来POP PUNK好きなとこから来てますんで。


そんな自分のアンテナにガッツリ引っかかりましたね。

 

 

まず、バンド最新の楽曲がコチラ↓



Jackson 5 の名曲"I Want You Back" のカバー。


POP PUNK系でこの曲のカバーっていうと


やっぱり真っ先に浮かんでくるのはAL4Wですが


AL4Wにも決して負けない良質カバー!

 

 

 

『Life’s A Game』

1. Intro
2. Overtaken
3. Berserker
4. Offensive  
5. Sideline
6. Shapeshifter

 


そして、昨年デビューEPがリリースされていますが


若さ、そしてその若さ故の勢い余りある


エネルギッシュなPOP PUNK/EASYCOREサウンドが


めちゃくちゃ良いです!


陽性POP PUNKリスナーには太鼓判を押してオススメできます。

 

そして、フランス産のEASYCOREと言えば?


ハイ、そうですご存知


Chunk! No, Captain Chunk!


海外では大手Fearless Records 所属にして


日本国内ではICE GRILL$所属と


磐石な布陣であり、来日経験も豊富な人気バンドです。


そのCNCCのBert Eric がこのEPの


ミックスとマスタリングを手がけているのも大きい。


IHOWもそうだし、Bert はプロデュース業でも食っていけそうね。


そういったまさにCNCC的な


ハードコア由来のヘヴィなギターリフとブレイクダウン


そして厳ついスクリーム激アツなシンガロングパート、


反して"ど"キャッチーなメロディと、POP PUNK仕様のクリーン


抜群の聴きやすさがあると思います。

 

新人バンドながら、↑にリンクを貼ったように


MVの数も申し分ないですね。


中でも、こういったシーンにありそうでなかった


ネオンのMV



"Berserker" は、「狂戦士」なんてタイトルとは

 

ミスマッチすぎる演出は視覚的にも面白いですよね。

 

むしろジャケットデザインを考えるに、

 

この曲がリードトラックでもあるのかな、と。

 

 


公式Facebook垢の「おすすめアーティスト」の欄には

 

Can't Bear This Party
Woe is me
Veil of maya
Abandonned by bears
These Hearts
Four Year Strong

 

VoMが異臭を放ちすぎてますがwww


それ以外はどれも鉄板じゃないでしょうか。


しかし、このバンドの持つヘヴィさを考えると


VoMもあながち的外れでもない気がしますよね。


この他にも、個人的に挙げるとするなら

 

Chunk! No, Captain Chunk!
In Her Own Words
Carousel Kings
For The Win
Me Vs Hero

Back At North
A Day To Remember

 

あたりのバンドが好きな人には


確かに引っかかるものがあるんじゃないかと思います。

 

 

そうした出身国的にも、サウンド的にも


ポストCNCC最有力候補のBack Garden Light


POP PUNK/EASYCOREリスナーで聴かない手はないですよ!


昔に比べて、新人発掘することもホントに激減してますが


これは久々に"当たり"だと胸を張って言えますね。

 

Back Garden Light を聴いて楽しい夏を!

 

 

@MyFavoMusic_botにも組み込みました。

 

↑の記事で気になった方は、是非ぜひフォロー!