UTMS出走記(1) | Challengeな毎日

Challengeな毎日

感謝の気持ちを忘れずに、マラソン、トレイルランに励んでいます。
めざすは、UTMB!

レース当日(11/3)、午前0時40分過ぎに起床。

 

身支度を済ませて近くの宿にある食堂で朝ごはんを食べる。

 

なるべく刺激のあるものは避けたかったので、お粥とゆで卵のみ。

 

そのあと大会バスに乗って会場へと向かう。

 

会場には午前2時頃到着。

 

まずは装備品のチェック。

 

装備品のチェックは通常、受付時とスタート時の2回行われる。

 

自分たちは受付をしなかったので、ここで始めて装備品のチェックを受ける。

 

指定されたものだけを取り出す。

 

特に問題なし。

 

事前の話しでは、スマホにGPXデータとアプリが入っていないとダメだと聞いていた。

 

バーコードをスキャンしてチェックイン完了。

 

あとは午前3時のスタートを待つのみ。

 

さすがに外は寒かった。

 

「4,000m以上はどのくらいなのだろう」

 

やっぱり気になる。

 

必須装備では「防寒着」となっていたが、

 

フリースとライトダウンジャケットの2着を詰め込んでいた。

 

手袋は通常のものと防寒手袋の2組を所持。

 

そうこうしているうちに選手も集まってきた。

 

そして午前3時、60kmカテゴリのレースがスタートした。

 

 

関門時間などの情報は出発の2日前に入手。

 

なので今回はペース計画を立てる時間もなかった。

 

ざっと見る限り、

 

「スタートから、ガァーとコース最高地点まで登ってガァーと下りる」

 

「そのあとは比較的フラットなコースを走って、最後にひと山越える」

 

そんなイメージだった。

 

 

エイドは8ケ所、それぞれに関門時間が設定されている。

 

トータル61.2kmで18時間。

 

累積標高3,280m。

 

数字だけみれば問題なく完走できるレベルだ。

 

 

「最初の7.7kmで1時間50分もかからないだろう」

 

そう思っていた。

 

スタートしてトレッキングコース入口まで走る。

 

気のせいか、それほど息が上がらない。

 

「身体が順応してきたか?」

 

ほどなくして前の選手が歩き出したので、それに続くように歩くことにした。

 

「まずは身体をならして、リズムをつくらないと」


(つづく)


眠気がとれない


にほんブログ村