Challengeな毎日

Challengeな毎日

感謝の気持ちを忘れずに、マラソン、トレイルランに励んでいます。
めざすは、UTMB!

走ったあとの「達成感」、目標をめざしてChallengeする「充実した日々」

肩肘はらず頑張っています(^-^)/


<参加予定大会>


「登山の記念にチェックイン」

 

山のスタンプを集めるヤマスタにハマっている。

 

「スタンプラリーとか、こういうの好きな人多いね」

 

ホント、そう思う。

 

日本人の気質なのか?

 

最近は「登山の記念」ではなく、「スタンプをGetするための登山」も多い。

 

いろいろなテーマのスタンプラリーがある。

 

「百名山スタンプラリー」もある。

 

コンプリートすると嬉しい。

 

それが楽しみだったりする。

 

今週末(2/29)は大山に行く予定。

 

もちろんスタンプをGetしに。

 

丹沢詣りスタンプラリーが明日(2/29までなので。

 

■「日向-大山しっかりハイキングコース」

 


■「大山詣り 歴史探訪コース」 コンプリート済


新しく筑波山のスタンプラリーも始まった。(~4/19)

 

■【春限定】筑波山奇岩・怪石 TX×YAMASTAコース

 

■【春限定】筑波山万葉集 TX×YAMASTAコース

 

 

3月のどこか1日で2つとも周ろうと考えている。

 

(山は人混みの場所ではないと思いたい)

 


にほんブログ村

前回からのつづき

 

まっすぐ進んでいるつもりでも、右手の下りの方に流されていく。

 

ときどき軌道を修正。

 

避難小屋までの登りがきつい。

 

ホント、ズボズボで全然標高を上げられない。

 

「スノーシュー履いているのに」

 

地図を見ると小屋までは300mほどか?

 

時刻は午前11時30分。

 

計画では午後12時に避難小屋に到着。

 

そのあと西吾妻山へと向かう予定。

 

「時間的に余裕がないな」

 

今回はツアーバスで来ている。

 

絶対に集合時間に遅れるわけにはいかない。

 

「う~ん」

 

しばらく考えたあげく、ここで引き返すことにした。

 

時間に追われて山に登っても面白くない。

 

そういうときは大概、なんか起こる。

 

「スノーモンスターはまた天気の良いときに会いに来よう」

 

振り返ると、すでに自分のトレースも消えかけている。

 

ホワイトアウト。

 

 

方角を確認しながら再び西大嶺へ。

 

登り返しがきつい・・・。

 

少し休憩。

 

ペットボトルの水は凍っていた。

 

ザックからテルモス(保温ボトル)を出してそれを飲む。

 

西大嶺のピークは踏まず、左にトラバースすることにした。

 

ここまで戻ってくるとひと安心。

 

ここからはスノートレイルを縦横無尽に歩いて遊んだ。

 

 

第4クワッドリフトからはスキーゲレンデ。

 

邪魔にならないように端を歩いてゴンドラ駅まで下りた。

 

時刻は午後1時15分。

 

西吾妻山まで行けなかったのは残念だけど仕方がない。

 

約4時間、雪山を楽しんだ。

 

「次は無積雪のときに!」


<装備>

スノーシュー
アイゼン
ストック(+スノーバスケット)
ザック(50リットル)
ニット帽
ゴーグル/サングラス
ネックウォーマー
スキーグローブ
防寒着(ダウンジャケット/フリースジャケット)
着替え一式
タオル(x2)
ビニール袋、衣類袋(防水)
水(1リットル)
お湯(0.5リットル)
インスタントコーヒー
コップ/カトラリー
ストーブ/CB缶/ライター
行動食(エナジーバー、ミックスナッツ)
非常食
ファーストエイドキット
サバイバルシート
ツェルト/細引き
ヘッドライト
ホイッスル
テーピングテープ/キネシオテープ
使い捨てカイロ(x3)
地図(2万5千分の一)
コンパス
健康保険証(写)、山岳保険証(写)
ココヘリ
スマホ
GPS時計
モバイルバッテリー
デジカメ
財布
ハンドタオル

 

 


にほんブログ村

連休最終日(24日)は西吾妻山へ。

 

スノーモンスターに会いに行く計画。

 

ところが日にちが近づくにつれて荒天予報。

 

天くら(天気とくらす)の予報もずっと「C」だった。

 

今回は東京から現地(グランデコスキーリゾート)までの直行バスツアーを予約。

 

ツアーだと臨機応変に日程調整できないのが悩ましい。

 

キャンセルするのも惜しいのでそのまま行くことにした。

 

「荒天ならばそれを想定して山に行く」

 

気持ち的には「雪山練習」だった。

 

今回はスマホの利用を封印。

 

っていうか、気温が低いとバッテリーの残量があってもフリーズダウンしてしまうから・・・。

 

GPSは使わず、地図(2万5千分の一)とコンパスを使用。

 

写真はデジカメを使用。

 

スマホは使い捨てカイロに包まってポケットの中でぬくぬくと。

 

グランデコには午前7時頃到着。

 

この時点では天気は良かった。

 

西吾妻山もはっきりと見えた。

 

ゴンドラが動きだす午前8時30分には曇り空。

 

そこから先は雪が降っている。

 

ゴンドラからリフトに乗り換えスタート地点に到着。

 

午前9時30分頃、スノーシューを履いて出発。

 

まずは整地してコンパスで方角を確認。

 

西大嶺を目指す。

 

前日からの雪のせいかトレースは無し。

 

途中からは自分が先頭でガシガシと進む。

 

 

しばらくは「まっさらな雪道を進むのは楽しい」と雪を満喫。

 

だんだんとそれがしんどくなる。

 

「結構きついぞ・・・」

 

トレースが無いので、直登するかジグザグに進むかは自分しだい。

 

途中、バックカントリースキーヤーのトレースを拝借。

 

ところどころでコンパスを確認しながら休憩。

 

久しぶりに使ったコンパス、なんと気泡が入ってしまっていた。

 

方位磁針の回転がぎこちない。

 

「大丈夫かな・・・」

 

 

「とりあえず上へ上へ」

 

そして西大嶺(にしだいてん)標高1,982mに登頂。

 

時刻は午前10時45分頃。

 

計画よりも30分ほど早い。

 

 

山頂は風が吹いていて止まっていると寒い。

 

本来ならばここから磐梯山がドーンと見えるはず、

 

「まっ白・・・」

 

この日は景色を諦めていたので気落ちはせず。

 

地図を取り出して次の避難小屋の方角を確認。

 

トレースの無い真っ白な坂を駆け下りた。

 

「おっ~、楽しい」

 

(つづく)

 

今週末は大山へ♪


にほんブログ村