少し暗い話だが、

 

 

 

私の競輪学校同期93期の中でも自殺している選手が二人、

佐賀の若い後輩や、引退した選手にも自殺している人がいて、

 

他県でもそういった人がいると聞きますし、

私が聞いた中でもごれぐらいの数なので、

 

認識していない他県の選手などを含めると、

その数はもっと多いだろう。

 

 

 

 

 

華やかなレースの一方で、

どうしてこんなにも多いのか、

 

 

 

 

 

 

その原因や背景について私なりに考えてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

一つは、「選択肢の少なさ」

競輪選手は、7割ぐらいの選手が高校を卒業後、

競輪選手養成所に入学し、

一年間の養成期間を経て、

そのままプロの競輪選手になり、十数年を過ごす。

 

つまり、社会人として必要とされるコミュニケーションスキルや

言葉遣い、PowerPoint、Excel、Wordなどの知識、

ビジネスメールの書き方、商談や会議でのマナーなど、

 

社会的なスキルや経験、実務を積まないまま大人になる傾向が強い。

 

 

 

実際、私も社会に出て、

周りのビジネスマン達の会話についていけなかったし、

ビジネス用語が飛び交っている場で、

自分が何を話せばいいのかまったくわからなかった。

(へぇ〜!そうなんですね!とリアクションを大げさに取るぐらい^^;)

 

 

 

 

一般的な社会では、それまで積み重ねてきた知識や経験やスキルを

ポータブルに持ち運ぶことができるので、

 

万が一、職場での人間関係や業種が合っていなければ、

他の会社に移ったり、業種や業界ごと軸をずらすことができる。

 

 

 

 

 

 

俗に言う「つぶしがきく」状態

 

 

 

 

 

 

 

しかし、競輪選手に限らず、

スポーツ選手などの場合は、

スペシャリストとしての技能としては、ものすごく高いが、極端に限定される。

 

自転車を速く漕ぐということは、

限られた枠組み、決められたルールの中では力を発揮するけど、

その限られた一つの点以外では、応用が効かない。

 

 

 

 

 

つまり、他に移りたくても、

ポータブルに持ち運びできるスキルが無く、

その場に留まるしかないので、

同じ人間関係、同じ環境で、逃げたくても逃げることができない。

 

 

AとBとCとDがあって、

BもCもDも選べるけど、

今はAをやってるのが好きだからAを選んでる。

 

という選択肢があれば、

心に余裕ができるのだが、

Aをやり続けるしかない、

A以外の選択肢はない、

というのは、精神的にもかなりツラい。

 

 

 

10,000円のお小遣いもらっている人は、

300円のものも買えるし、

9,000円のものだって買える。

 

しかし、

 

1,000円のお小遣いもらっている人は、

300円のものは買えるが、

1000円以上のものは買うことができない。

 

 

 

 

逃げたくても逃げることができずに追い込まれる、

外に出たとしても、社会と適合できずに苦しむ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二つ目に、「視野狭窄と視点の低さ」

 

どこの世界でも似たような傾向はあると思うが、

 

競輪の世界も極端に狭い世界で、

私が現役選手の頃、

外部の様々な業種、職種の方達と交わることはほとんどなかった。

 

むしろ排他的で、外のものは受け付けないという空気感さえ漂っている。

 

 

 

外の世界がどのようなものかわからなかったし、

わからないものというのは怖いもので、

それがより外に出るハードルをより高くしているように思える。

 

 

 

3日間走って、賞金を現金手渡しでもらうという稼ぎ方をしているので、

等価交換に慣れているので、目の前の短期的な視点になりやすく、

物事を俯瞰して、長期的に高い視点から見るということがなかなかできない。

 

 

さらに、賭け事の対象であることから、

レースに参加してる間は、

通信機器(携帯、パソコン、iPad、通信機能付きゲーム機など)をすべて預け、外部との接触も完全に遮断される。

 

むしろ今の情報化社会の中、通信機器が付いていないデバイスのほうが少ないのではないだろうか。

 

 

外部と接触できない日数が、一年でおよそ約100日あり、

365日のうち約100日を、情報から遮断された生活をする。

 

 

 

新しい情報や、人から得られる知識や刺激に触れることができない日数が

1年のうち3分の1あることを考えると、

 

 

 

 

 

「そりゃぁ、世の中のことわからなくなって、判断基準や判断軸を間違うわな」

 

 

 

 

 

と、思った。

 

 

 

 

 

 

競輪選手が引退した後に、「世間知らず」「考えが甘いと」と言われるのは、

こういう狭い世界に長年住んでいることも背景としてあるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

これから競輪業界もより競争が激しくなり、

新陳代謝が激しくなって選手寿命も短くなり、

40歳前後で人生のセカンドステージを迎えることを考えると、

(現在の競輪選手の平均引退年齢は44歳)

 

 

 

①選択肢の少なさ

②視野狭窄と視点の低さ

を改善するためにも、

 

 

リカレント教育と無形資産を築くことも考えたほうがよい。

 

 

 

 

 

■リカレント教育

大人になって社会人になった後、再度勉強をし直す。

 

 

■無形資産

現金や家や株など、有形資産とは逆に形のないもの

メンターや心の拠り所となるコミュニティ、家族や友人など、

人生100年時代と言われる現代において、

長く充実した人生を送るには、

無形資産も大事な要素になる。

 

 

 

 

 

これは、LIFE SHIFTという有名な本に載っているので、

参考にしてもらいたい。

 

 

 

 

 

要約すると、

平均寿命は、年々延びていて、

私達30歳前後の世代は、

100歳近くまで生きるのが普通になるだろうと。

 

平均寿命がここまで長くなかった昔は、

教育期間20年、仕事期間40年、老後期間60歳〜死去(70〜80歳ぐらい?)

の3つのステージで構成されていたが、

 

100年時代になると、

60歳で引退した後が、あまりにも長すぎる。

 

さらに、VUCA時代と呼ばれる

Volatility(変動性・不安定さ)

Uncertainty(不確実性・不確定さ)

Complexity(複雑性)

Ambiguity(曖昧性・不明確さ)

の高い、経営環境や個人のキャリアを取り巻く変化の激しい時代において、

 

20歳前後まで学んだ学習内容では、対応しきれないことから、

リカレント教育と言われる、大人になって学び直すことも注目されている。

 

 

学ぶ⇒仕事⇒学ぶ⇒仕事のように一定期間ごとに区切って、仕事と学びを繰り返すパターン

仕事と学ぶことを同時にこなすパターン

など、いろんなパターンや学ぶ期間も人それぞれ。

 

 

 

 

 

情報インフラが整い、副業を行うにも大きな投資もいらず、

限界費用もゼロに近づき、

マルチタスクでいろんなことが可能な世の中になっている。

 

 

 

リカレント教育を行いながら、

無形資産を作り、長い100年時代において充実した人生を送ろう!

というのが、LIFE SHIFTに書いてあることだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

寿命も延びて、確実に競輪以外のことをしなければいけない、これからの若い選手にも、

ぜひこの考えを頭の隅に置いておいてもらいたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話はいきなり飛ぶが、

私は現在、大阪にて豊岡ビューティ株式会社を経営しながら、

グロービス経営大学院にてMBAを学んでいる。

 

 

MBAとは、

Master Of Business Administration



 

日本語に訳すと経営学修士

経営学の大学院修士課程を修了すると授与される専門職学位。

 

 

 

日本だと、

Microsoft日本法人の樋口泰行社長

楽天の三木谷浩史社長

ライフネット生命の岩瀬大輔社長

DeNA創業者の南場智子社長

LINEを作った森川亮社長

 

 

などが取得されていて、名前を上げたらきりがないが、

 

 

 

海外で有名なところだと

ハーバード大学MBA、スタンフォード大学MBA

などあり、欧米の大企業のCEOの4割が取得していると言われている。

 

 

 

 

私の学校選びにおいては、

母国語じゃないと理解できないのと、

日本や中国を行ったり来たりして、リアルの教室には通えそうになかったので、

 

①日本語で受けれる

②オンラインで受けれる

 

この2つの条件で、

グロービス経営大学院を選択した。

 

 

グロービスの堀学長自身もアメリカでMBAを学び、

帰国後にグロービスを創設されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、今年2019年1月から単科生として受け始めているが、

 

 

 

 

 

 

めっちゃ難しい・・・。

 

 

 

 

 

初めのクリティカル・シンキングと経営戦略マーケティング基礎が

終わった段階で、ついていけなさすぎて、正直かなりテンションが下がっていた。

 

 

 

でも、なんだかんだで、

・組織行動とリーダーシップ

・人材マネジメント

・マーケティングⅠ

を仕事と両立させながらこなし、現在に至る。

 

 

 

 

クラスでの発言やAssignmentやレポートで、

成績評価がA,B,Cとつけられるのだが、

 

 

 

 

 

 

C連発で結構凹む・・・。

 

 

 

 

 

 

いつも一緒に勉強会しているクラスメイトがA評価だと尚更・・・。

 

 

 

 

 

 

私はオンラインクラスなので、

クラスメイトもグローバルで、

アメリカ、ロシア、インド、シンガポールなどから受講されている方もいて、

何万人という大企業の中から選ばれて海外に駐在されている方などが多く、

 

 

優秀で、授業中の発言もキレがあり、

私はパソコンの前だけど、キョロキョロしながら挙手ボタンを押して、

当たり障りのない答えを言うばかり・・・笑

 

 

 

 

元プロスポーツ選手のキャリア、

そして、

豊富な海外経験を元に、

独特の視点で発言し、対抗するのに必死(笑)

 

 

 

 

 

元々なんでMBAを取得しようかと思ったかというと、

 

パートナー企業にMBAホルダーがいて、

明らかに力の差を感じたので、

これは私も取得しないとヤバい!と思い、学び始めた。

 

 

 

これまでは、気合いと根性、経験と勘、コミュニケーション能力でやってきたが、

会社経営を行う上で、また、外部とコミュニケーションを取る上で、

ロジカルにビジネスの基礎を幅広く全般的に学ばないといけないとも強く思った。

 

 

 

 

ビジネスに必要なヒト・モノ・カネを中心に学ぶのだが、

野球で言えば、

サードしか守ったことないけど、

外野やピッチャー 、キャッチャー、さらに監督やコーチ、観客の視点から、

高い視点から経営を幅広く学ぶのがMBAだと言える。

 

 

営業しかしたことないので、

財務や人事のことはわかりません!

 

ではなく、

 

経営に必要な基礎を全般的に学ぶのである。

 

 

 

 



 

ちなみに・・・

 

 

 

 

 

グロービスでは、

現役のプロスポーツ選手に対して、

セカンドキャリア給付金といって、

80万円の給付金が受けれる制度があるので、

 

現役の競輪選手の方は、

もしご興味があれば参考までに御覧ください。

https://www.globis.co.jp/news/release/20190626_mba.html

 

 

 

私は現役を引退しているので、

対象外でした・・・涙

 

 

 

 

 

 

 

10月からは、

オペレーション戦略とアカウンティング基礎

 

優秀なクラスメイト達に助けられながら頑張ります。

 

 

 

ラオスから更に長距離バスに乗り、カンボジアへ。

 

 

ちょうどその頃、

地元佐賀県伊万里市の先輩で、

SUMCOに勤めている坂口潤さんから連絡があり、

 

 

 

「豊岡久しぶり!俺今からカンボジア行くっちゃん」

 

 

 

 

「え?マジすか?僕今ちょうど東南アジアにいて、

これからカンボジアに行くとこなんですよ!」

 

 

 

「マジでや!?じゃカンボジアで合流しようぜ」

 

 

 

ということで、カンボジア・シェムリアップのホテルで合流。

 

久々の再会が東南アジア・カンボジア^^;

 

 

 

 

 

 

 

カンボジアは月の平均月収が日本円で一万円。

 

 

1000円も払えば、バイクタクシーで一日中色んな所に連れて行ってくれます。

 

 

 

 

 

私達のメインは「アンコールワット観光」

 

アンジェリーナ・ジョリー主演の映画「トゥーム・レイダー」の撮影場所となった所です。

 

 

朝5時に出発して、シェムリアップからバイクタクシーに乗って、

アンコールワットのサンライズを見に行く。

 

 

 

 

しかし、その日は曇っていて、残念ながら日の出は見れず・・・。

 

 

Image result for アンコールワット 朝日

(こんな感じの朝日を見る予定だったんだけれど)

 

 

アンコールワットには外国人観光客も大勢いて、

その外国人観光客にバッジなどのお土産を売りにくる現地の子供達が大勢いて、

7,8人の子どもたちがすぐに寄ってきてモノを売りに来る。

 

その子達は、モノを売るときに使う最低限の英語、日本語を話せる。

 

 

 

「どこで勉強したの?」と聞いてみると、

 

 

 

「観光にくる日本人と喋って覚えた」って・・・。

 

 

 

すごいな^^;

 

 

 

 

今はわからないが、

2014年当時のカンボジアは、

道路も整備されていない場所も多く、

土の道路で水たまりだらけ、

右車線、左車線もないので、

車はスペースが空いてる方によけながら進む感じのところも多かった。

 

 

ベトナム戦争の影響やポルポト政権など、

複雑な歴史をたどっているカンボジア。

 

 

1000年以上前に建てられたアンコールワット、

内乱や戦争の歴史など、

高度経済成長期の後の成熟した日本しか知らない私にとっては、

世界にはいろんな立場の人や歴史があって、

一つの軸や価値観でしか世界を見ていなかった自分にとっては、大変貴重な経験となった。

 

 

 

 

その後も、

中国、ロシア、香港、マカオ、フィリピン、シンガポール

 

などへと続くのだが、この続きはまた今度!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーストラリア留学を終えて、

なんと次は東南アジアバックパッカー!

 

 

初めは、バックパッカーなんて・・・と思っていたけど、

留学中にお世話になった現地の日本人の方々も経験された方が結構いらして、

やってみたら結構面白いよ。ということで、

語学学校で同じ日に入学したタイ人のGolfくんに、

 

 

「I wanna go to South East Asia to trip,

Could you stay at your house?」

 

 

と聞いてみたら、

 

 

「Sure! You can stay at my house,

I'm waiting at Thailand」

 

 

ということで、

 

 

お言葉に甘えてGolfくんを訪ねて、

まずタイに行ってみた。

 

 

 

 

留学先で出会った留学生とは

異国の地で、言葉が喋れない中、

同じ目標に向かって、

共に過ごし、強い絆がうまれ

利害関係もないので一生の友だちになることが多い。

そういう面も含めて留学はいい。

 

 

 

 

まずは、タイのスワンナプーム国際空港で待ち合わせして、

タクシーでGolfくんの家に向かったんだけど、

 

だんだん家に近づくにつれて僕が、

 

「Hey, Golf, I think this area is a lot of big houses」

 

というと、Golfが、

 

「Really? I don't think so」

 

 

と言って、「は?何を言ってるんだよ」と思っていたが、

 

 

 

タクシーがもの凄い門の前に止まり、クラクションを鳴らすと、

中からお手伝いさん二人が走ってきて、

大きな門の扉を開けに来た。

そのまま車で中に入り、50mほど行くとすごい大豪邸が待っていた。

(プール、ジム、メイド専用の部屋、犬6匹)

 

「ここがGolfの実家・・・。

いいとこの子な雰囲気は出てたけど、ここまでとは・・・」

 

 

到着した夜は、Golfの家族とメイドさんが作ってくれたご飯を食べながらいろんな話をした。

 

お父さんはコンサルティング会社で働いていて、

お母さんは石油会社、

お姉さんはキャビンアテンダントを目指している学生

Golfくんは、タイの慶応大学的なところ通ってて、送り迎え付き。

 

今住んでいる豪邸の他にも2つ別荘があって、

そこには、自分たちは住んでないのにメイドさんが常駐して住んでいるそう。

 

初めは、恐縮だけど、2,3日泊めてもらって、

すぐ東南アジア周遊に出発しようと思っていたが、

 

 

 

「これなら1週間ぐらい泊めんかい!Golf!」

 

 

 

ということで、一週間ほど泊めてもらい、

その間にもお母さんやお姉さんに、

ワット・ポーやメコン川、

ナイトマーケットや屋台、マッサージなどをアテンドしてもらい、

これまた充実したタイでの滞在になった。

 

 

 

 

そうしてようやく東南アジアバックパッカーの旅が始まるのだが、

 

初めに訪れた国がベトナム。

ハノイ空港から市街地まで行き、

一泊1300円ほどのホテルにチェックイン。

 

しかし、1300円でも日本のビジネスホテルのダブルベッド並みの部屋で、

悠々と過ごせる。

 

 

次の日ゆっくりと起きて、

ベトナムがフランスの植民地だった頃の資料が展示されている資料館へ行ったり、

フォーを食べたり、ベトナムコーヒーを飲んで、街中でブラブラしていると、

 

 

やはり、世界中どこでも日本人はいるもので、

 

夏休みを利用してベトナム旅行に来ている大学生二人組に出会った。

 

 

 

「僕たち英語があんまりできなくて、

地球の歩き方(本)をたよりに犬屋台通りに行ってるんですけど、道がわからなくて」

 

 

 

おっ!ここはオーストラリア仕込みの英語で助けてやろうじゃないか!

 

 

ということで、

 

 

「俺が地元の人に聞いて、連れてってやるよ!キリッ」

 

 

 

「え?っていうか犬屋台?」

 

 

「はい、犬が食べれる屋台が並んでるストリートがあるみたいです。

地球の歩き方に載ってます」

 

 

まじか・・・

 

 

でも、せっかくだし行ってみるか。

 

 

 

 

たどたどしい英語で道を聞きながら、なんとか犬屋台通りに着くと、

 

丸焼きになった犬が、ボンッと屋台のテーブルの上に何匹ものっている。

 

 

 

隣で元気に走り回ってる犬がいっぱいいるけど、

この犬たちも焼かれて台の上に乗るのかな・・・。

 

 

そうそう、タイの路上には野良犬がめっちゃいるんですけど、

野良犬達は遊びたくて、寄ってきてじゃれてくるんですけど、

 

こっちとしては、狂犬病とかの心配があるので、めちゃくちゃ怖い(笑)

 

 

 

 

大学生二人組は、

 

 

「せっかく来たんだし食べましょうよ」

 

 

ということで、勇気を振り絞って食べてみたが、

 

 

 

感想としては、

 

 

 

「脂っこい焼鳥みたいな感じ?味は悪くない」

 

 

でした。

 

 

 

 

犬は家族という文化で育ってきてるので、

食べた後4時間ぐらいは精神的に凹みましたよ。。。

 

 

 

合計で3日間滞在して、

次の国はラオス。

 

 

長距離バスでベトナム・ハノイから

ラオスのビエンチャンまで。

 

人生初の国境を「陸路」で超えるルート。

 

 

 

そのバスでもなんと大分の大学生三人組と一緒になり、

彼らはアメリカやオランダでの留学経験があり、

英語レベルも高く、心強かった。

 

 

たしか20時間以上の長距離を経てラオスのビエンチャンに到着したが、

 

 

ラオスの感想は、

 

 

 

コンパクトでチョーーーーーゆったりした国。

 

 

 

ホテルでスクーターを借りれるので、

スクーターで観光地と言われるところをグルっと回るとすぐ見終わってしまうぐらい。

 

 

メコン川のほとりで

チャーハンとラオスのビール「ビアラオ」とともに、

メコン川に沈みゆく夕日を眺めるのは最高だったなぁ。

 

 

 

ラオスにも三日間滞在して、

次の国、カンボジアへ。

 

 

 

このカンボジアでの体験が感動的で、

思いがけない再会もあったので、

次回書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

オーストラリア留学ももう6年も前になるのか。

 

その初めての留学をシンガポールの海運会社の御曹司Keigoに色々助けてもらったわけだけど、

 

ほんとKeigoがいてくれてよかった・・・

 

彼がいなかったら、

・ワーキングホリデービザの申請

・銀行口座

・携帯購入

・家探し

・学校探し

これらすべてうまくいってなかったと思う。

 

前から海外や英語には興味があって、

NHKの英語で遊ぼを見たり、

国際競輪に来ている外国人選手に話しかけたり、

色々してたんだけど(Shane PerkinsやJason Niblet etc...)、

 

レースを走れなくなって、

人生一度はしてみたかかった英語留学をしてみた。

 

 

Keigoに学校探しからRegistrationまですべてやってもらって、

意気込んで最初のクラス分けのテストに参加したんだけど、

結果はなんと「Elementary」

つまり一番下・・・

 

留学する前に、

参考書読んだり、耳を慣らすために英語を一生懸命聞いたりしてたのに、

正直もう少し上かと思ったが「自分はこのレベルか・・・」と自分を戒める。

大学生で留学に来てる人達はだいたいがPre-intermediateで、悔しかったなぁ。

 

 

授業は三単現のSとか

過去形、現在進行形とか、

おそらく中学校で習うレベルなんやろうけど、

先生の言っていることがまったく聞き取れない・・・^^;

 

最初の一週間は、

I like

I don't like

He likes

He doesn't like

I have

I haven't

など、これぐらいのことをやってたと思う。

 

まぁ、よくよく考えてみれば、

高校時代も自転車競技の大会で、

三分の一ぐらいは学校に行ってなかったし、

そのあとも競輪学校、そして競輪選手として生きてきたから、

英語の基礎もなくて当然か・・・^^;

 

 

最初の一ヶ月は、

「僕がアテンドしますよ!」と、

色々助けてくれたKeigoの家に住ませてもらって、

英語教えてもらったり、一緒に料理したり、

夜中までゲームしたり、

楽しく海外生活を過ごしてたんだけど、

 

ある日Keigoから、

「英語勉強しに来てるのに日本人といて、日本語喋ってちゃダメですよ」

という提案で、

 

オーストラリアに行ったことがあるスポーツ選手は

みんなお世話になっている荒井家のフミトさんに

なんと!ロンドンオリンピックの銅メダリストShane Perkinsの家に

ホームステイさせてもらえるようにarrangementしていただきました。

 

今思えば、

世界の超一流の選手の生活を間近で見れて、

(奥さんのKristin Perkinsさんも自転車競技の世界選手権メダリスト)

英語も勉強できて、

Anna Mearesさん宅での食事会にご一緒させてもらったり、

素晴らしい時間を過ごさせてもらって、

ふみとさん、新田さん、Keigoには感謝です。

 

 

留学生活を通して

アデレード大学を見学したり、

南米やヨーロッパのクラスメイト達と交流したり、

ケアンズ旅行に行ったり(バンジージャンプとかシュノーケリングとか)

メルボルン旅行行ったり、

ラクロスの試合を観に行ったり、

フットボールの試合を観に行ったり、

Hindley Streetのクラブで踊って飲み明かしたり、

充実した留学生活を送って、

 

留学して本当によかったと思った。