三宮の不動産屋女社長奮闘記

テーマ:

「プロフェッショナルにならなくては」

いつも、そう考えながら仕事に向かっています。

ひとつひとつ、経験するたびに、

プロへの筋肉を付けて行っているつもりです。

 

最近、仕事では無くてプライベートなのですが、

プロフェッショナルを感じる時がありました。

 

次男が従業員の社宅として借りているマンションがあるのですが、

入居中の職人が転居するのに伴って、

別の職人が入居することになり、

部屋のクリーニングをお願いした時の話です。

 

お世話になる業者を選択することには、とても気を遣うのですが、

この業者さんは、ある家主さんの息子さんで、

このようなお仕事をされていると家主さんから紹介して頂きました。

 

「定額で結構です」と、部屋の様子も確認なしで引き受けてくださいました。

クリーニングに入ってもらう前に、

次男が確認に行ったのですが、次男からの連絡で、

「おかん、部屋が、えらい汚いわ。こんな汚いのみたことないくらい」

「気分悪くなるくらいや」

 

クリーニングの依頼先に、その旨を連絡し、

「すごく汚くしてるらしくて、申し訳ありません」と。

 

通常、クリーニングを依頼すると、広さにもよりますが、

お願いした部屋ですと、3時間もあれば作業が完了するはずです。

ところが、朝10時に鍵を取りに来られて、

終わったのは夜7時、一日がかりの作業時間になってしまっていました。

 

しかし丁寧にどこもかも、ピカピカにしてくださっていました。

今までのクリーニングの依頼で一番綺麗です。

 

依頼先の会社に電話を入れて、

「一日がかりの作業時間になり、申し訳なく思っています」

「でもとても丁寧にして頂いて」と。

 

依頼先の社長様は、

「うちでは普通ですから!」と

なんというか、「気持ちよく」という表現がピッタリのお電話の内容でした。

 

「ぜひ、これからもお願いしなくては!」

そんな気持ちになりながら、

売主、買主、貸主、借主、すべての方に、

私もそんな風に思って頂いているか・・・

 

そんな思いを巡らせてみました。

 

「真心」、「誠心誠意」

どんな仕事にもこの気持ちを忘れないことが、

「信頼」を築けるものだと思います。

 

真心での対応を心がけていけば、

プロフェッショナルへの道が開けるのではと考えました。

 
 

 

 

 


テーマ:

少し遅くなりましたが、

明けましておめでとうございます。

 

長いお休みを頂きまして、本日から営業しております。

昨年もたくさんのお客様、家主様、業者様にお世話になり、

年を越すことができました。

 

今年照喜屋は10年目を迎えます。

無我夢中で走り抜けてきた10年です。

 

10年目を迎えるからこそ、

初心に戻り、

「飲水思源」

今一度、この言葉を肝に銘じてまいります。

 

日本中の、

世界中の

全ての皆様が笑顔あふれる日々を過ごせますよう

お祈りしております。

 

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

照喜屋不動産株式会社

高橋 加代


テーマ:

うちの事務所があります二宮の歴史のような老舗美容室が

この度、閉店されました。

 

美容室さんは、昔ながらの”髪結いさん”と表現できる、

着付けやアップが完璧に頼める信頼される美容室で、

東門の着物で出勤される、ちょっとランクの高めのお姉さん方が

主なお客さんで、出来栄えには厳しい目をお持ちのお客さんに、

56年応えてこられた職人気質とも言うべき技術の確実な

美容室さんです。

 

お婆さん、お母さん、娘さん、水商売の三代に渡る常連さんもいらっしゃったと聞いています。

 

昔ながらのアップが出来る美容室は、もう、三宮界隈でも珍しくなって、

ママさん、ホステスさんが、皆さん髪をセットして着付けしてもらって、

タクシー呼んで、この店から出発。

華やかな夜の世界への出発点が、この美容室だったのだと思います。

 

そんな美容室を切り盛りされていた髪結いさん、

美容室の先生と呼ばせていただくのが正しいのかもしれませんが、

髪結いさんと呼ばせていただくのがふさわしいのかなと思うのです。

 

「忙しすぎて、もう、しんどい」

こうおっしゃって、勇退されることになったわけです。

 

先生は、ビルのオーナーでもあり、

所有されているビルの一階で美容室を経営されていたのですが、

「やめたから、借り手を探して」と、ご依頼くださったのです。

 

残していくべき古き良き日本の歴史などと言うのは、

たいそうな話かもしれませんが、

消え去る物に対して、とても寂しい思いでいっぱいです。。

 

同等に、これも古くからあった「長幼序列」や「親への尊敬」など、

単純に美しい儒教精神だと言ってもいいものだと思っています。

難しい理解は別の物として、単純に精神世界だけのものとしてです。

これらが無くなりかけているような寂しさと同等の寂しさを感じます。

 

遠い故郷への郷愁、それに近い感慨のようなものを感じて、

この美容室さんの閉店に、

時の流れの儚さのようなものを感じながら、

次の歴史を作るべく、未来への橋渡しのお手伝いが出来ればと、

誠実なご商売をされる方をご紹介できればなあと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス