フリースクール『寺子屋ありがとう』 新潟

フリースクール『寺子屋ありがとう』 新潟

新潟市でフリースクール『寺子屋ありがとう』を主宰しています

= 伝わらない想い =

 

以前メールマガジンに

直接会えない方には伝わりにくい想いがある。

と書きました。

 

それに対し

「届かないのはもしかして……」

そんなご意見をいただきました。

 

 

= 識字率 =

 

ここ数年相談に来られるお子様が

識字できないということが増えてきました。

 

うちに相談に来られるのですから、

決して放置によるものではありません。

原因は長期間文字に触れずにいたことのようです。

 

以前は読み書きできていたそうです。

そのせいか学習再開後、短期間で識字できるように回復します。

問題はないのですけれど。

 

私は難解な本を読んだ後、簡単な本を読むと手応えを感じません。

逆に内容の乏しい本の後は骨太のものが読み辛くなります。

 

メールマガジンは文字数行数に制限を設けています。

スマートフォンで読んでいただくためにやむなくのことです。

今改めて思うと、どうなのでしょうか。

 

読みやすいものばかり触れていたら、理解し難いものは読めなくなる。

反面、読んでいただかなければ、考えは伝わらない。

そんなジレンマがありました。

 

私が書いているのは主に大切なお子様についてのこと。

「読みやすいとかにくいとか、どうでもよくないか?」

という思いもありました。

 

「難しかったけど歯を食いしばって読み続けた」

と言われたこともあります。

そこまで負担を強いることもないのかと思いました。

 

 

いろいろ考え出した結論。

伝えるべきことの導入として動画配信(YouTube)をはじめました。

 

導入ですから内容は要点のみです。

それもブログやメールマガジンで、何回も書いてきたこと。

 

 

動画の配信は社会起業論攷会で会員様限定で随分前からやっていました。

ハードルは低く始められそうです。

どこまでできるか無理のない範囲でやってみます。

 

第1作目

 

 

 

 

 

================

 

毎日メールマガジンを配信しています。

ご興味ありましたらご登録ください。

メールマガジンご登録

 

 

 

 

===========

今後の予定 (令和3年 5月5日 更新)


5月8日  支援者の聴き方教室
10:00-12:00 温もりハウス

 

5月13日 聴き方教室 江南区
10:00-12:00 横越地区公民館


5月15日  聴き方教室spin-off企画
15:00-      主催 温もりハウス
新潟市総合福祉会館

 

5月28日 聴き方教室 県央
19:00-21:00 オンライン講座


 

詳細についてはお尋ね下さい

お問い合わせ

 

 

================

 

私著

 

 

 

 

 

= 学ぶ理由 =

 

「なんで勉強しなきゃダメなんですか?」

生徒達からよく尋ねられます。

この問いに、正しい答えはないとしても、

うちの教室では学ぶ理由の明確化は必須。

 

学ぶ理由を理解できないまま勉強することは、

納得できないことを誰かに言われるまま、

やらされ続けることだからです。

うちの生徒に限らず、誰でもそんなことは苦手でしょう。

 

強いられ勉めることが勉強であるのなら、

それでよいのかも知れませんが。

 

本来学ぶ理由は、子ども達一人ひとりが、

自分で考えるべきものでしょう。

しかし今の日本では難しいのかも知れません。

それは自分で学ぶ理由を考えないまま、

学んできて学ばせようとしている大人が多いからです。

 

多くの大人が考えないままここまで来られたのは、

私が子どものころには、社会共通の学ぶ理由があったからです。

 

勉強をしてよい成績を取れば、

よい学校に入れて、

よい職場に勤められて、

人より幸せになれる。

 

以前はそんな前提が学ぶ理由として、

ある程度機能しました。

私もそう信じていました。

 

ただ今の日本では、よいとされる職に就いても、

それだけで幸せになれると信じている人は少ないでしょう。

 

 

今まで講演会場などでこちらから尋ねて、

多くの方からさまざまな形の、

学ぶ理由と目的を聞かせてもらってきました。

 

・困っている人の力になるため

・世の中をよくするため

・自身の可能性を広げるため

・人より楽をしてより多く小金を得るため

 

お一人おひとりその人らしい内容で、なるほどと思わされました。

今私が学ぶ目的を尋ねられたら、

「寛容さを得るため」

と答えます。

 

寛容であることは、

先に書いた四つの学ぶ理由を包含します。

そして寛容であることで目的は叶います。

 

寛容であるための条件を、優しさや忍耐強さなど

その人の性格や人柄にあると、

多くの人は考えるかも知れません。

私が考える寛容であるための条件とは、

目の前で起きている現象の背景が見えていること。

 

どこまで背景が見える場所に立てるか。

それによって寛容さの度合いは決まるということです。

 

背景が見えることで目の前の現象や、

誰かの言動だけにとらわれることなく、

問題の本質や必要な対応に気づけます。

 

背景を観る場を得られる学びこそが、

今の時代なにより重要だと、毎日の仕事を通じて感じています。

 

 

蛇足ながら、

ここで私が書いてきた寛容とは、

誰かの言いなりになり振り回され続けることではありません。

むしろそうならないことこそが、

「寛容」である一つの姿だと考えています。

 

 

 

新たなコミュニティーのご紹介です。

各分野の講師達と寄稿しています。

 

コミュニティーの名前は CLEMENTIA クレメンティア

ラテン語で「寛容」という意味です。

CLEMENTIA  クレメンティア
 

================

 

毎日メールマガジンを配信しています。

ご興味ありましたらご登録ください。

メールマガジンご登録

 

 

 

 

===========

今後の予定 (令和3年 3月23日 更新)


4月21日 聴き方教室 江南区
10:00-12:00 横越地区公民館

 

4月23日 聴き方教室 県央
19:00-21:00 オンライン講座


5月8日  支援者の聴き方教室
10:00-12:00 温もりハウス

5月15日  聴き方教室spin-off企画
15:00-      主催 温もりハウス
新潟市総合福祉会館

福島会場は6月から、
温もりハウス会場は5月から再開です。

詳細についてはお尋ね下さい

お問い合わせ

 

 

================

 

私著

 

 

 

 

 

いつも『聴き方教室』でお世話になっている、
温もりハウスさんに企画していただきました。
 
各地で定期開催している連続講座
「聴き方教室」でお伝えしていることの
背景について説明します。
 
 
令和3年5月15日(土)
15:00-16:30
新潟市総合福祉会館5階大集会室
会費:500円(温もりの会会員は無料)
 
他詳細はチラシをご参照ください。
 
 

参加ご希望の方は

こちらからメッセージをください。

お問い合わせ

 

================

 

毎日メールマガジンを配信しています。

ご興味ありましたらご登録ください。

メールマガジンご登録

 

 

 

 

===========

今後の予定 (令和3年 3月23日 更新)

 

3月26日 聴き方教室 県央
19:00-21:00 オンライン講座

4月14日 聴き方教室 江南区
10:00-12:00 横越地区公民館

5月8日  支援者の聴き方教室
10:00-12:00 温もりハウス

5月15日  聴き方教室spin-off 講演
15:00-      主催 温もりハウス
新潟市総合福祉会館

福島会場は6月から、
温もりハウス会場は5月から再開です。

 

詳細についてはお尋ね下さい

お問い合わせ

 

 

================

 

私著

 

 

 

 

 

= 変容 =

今週末26日(金)は『聴き方教室 県央』
主題は「結果」、副題は「変容」です。
オンラインでお届けします。


変容とは本質的な変化。
意識しなくても、誰も見ていなくても元に戻らない変化です。
変容として表れた形が、主題の「結果」です。

 

具体的には、

抑えられず暴れていた子が

落ち着いて穏やかになったり

 

その状態が常となり、心地よく感じ

元に戻らなくなる。

そんな変化です。


私が仕事を通じてやっていることは
生徒に事実を伝えることで、希望を感じてもらい
閉ざされたと思い込んでいた可能性を、広げてもらうこと。
その過程で生徒達に、さまざまな形の小さな変容があります。


当初本人が望んでいた形の変化であっても
変容は今までの自身の姿を手放すことですから
葛藤もあり辛いことなのでしょう。
世の中の現状を見ると、難しいことのようです。


当初望んでいた以上の結果を出せるか否かは
なにが決めるか。


・最終的に結果を出すまで諦めないこと、妥協しないこと。
・変容の過程の結果一つひとつから、目を逸らさないこと。

うちの卒業生全員が立ち上がっている理由はこの二つだけです。

 

「具体的にどうしたらよい?」

 

と聞かれることがあります。

誰でも必ず立ち上がるという、特別な手法があるわけではありません。
一人ひとり関わり方も、本人の現状も力を出せる方向も異なります。
当然必要な関わり方も異なります。


今月の『聴き方教室 県央』では
結果を出すために必要な条件と、その方法についてお伝えします。


【contents】
・卒業生全員再登校の理由
・真理も論理もないとは
・変容のために必要な条件
・『聴き方教室』八つの項目

 

参加ご希望の方は

こちらからメッセージをください。

お問い合わせ

 

================

 

毎日メールマガジンを配信しています。

ご興味ありましたらご登録ください。

メールマガジンご登録

 

 

 

 

===========

今後の予定 (令和3年 3月23日 更新)

 

3月26日 聴き方教室 県央
19:00-21:00 オンライン講座

4月14日 聴き方教室 江南区
10:00-12:00 横越地区公民館

5月8日  支援者の聴き方教室
10:00-12:00 温もりハウス

5月15日  聴き方教室spin-off 講演
15:00-      主催 温もりハウス
新潟市総合福祉会館

福島会場は6月から、
温もりハウス会場は5月から再開です。

 

詳細についてはお尋ね下さい

お問い合わせ

 

 

================

 

私著

 

 

 

 

 

誰も見ていないのに

常に見られている感覚。

 

中央の監視塔から

収容棟から逃げ出た人は丸見えだけど

収容棟から監視塔の様子は見えず

監視されているか否か分からない。

 

その結果として

常に監視されている感覚になる。

 

自分で自分を監視し

拘束する構造。

 

パノプティコン

 

この構造を端的に表した言葉

「お天道様が見ているぞ」

 

できることしかできないし、
できないことはできないし。


= 中途退学 =

 

お陰さまで今年度の高校入試は

全員第一志望校合格で終わりました。

教室設立して16回目のシーズンですが

この時期に終わるのははじめてです。

 

とはいえ、大学入試が残っています。

全員が国公立志望で、

なかなか手応えのある毎日の授業です。

 

 

今日は前回の続き。

 

「不登校の状態から、

 高校入試に合格できても、進学できても

 また動けなくなること

 中途退学することもありますよね?

 それなら、元通りでなにも変わっていませんよね?」

 

そんな質問もいただきます。

世間一般の考え、というより

考えられないと、そう見えることでしょう。

 

 

= 合格することの価値 =

 

高校入試合格。

確かに嬉しいです。

でも、あえて誤解を恐れず言わせていただければ

合格自体の価値を、私はさほど感じていません。

 

大切なことは

失意の中から希望を感じられた感性と

その希望を糧に立ち上がった力と

立ち上がった後も挑戦し続けた精神力と

挑戦の結果、合格できたという成功体験。

 

合格や進学よりも、こちらの方が大切です。

ですから、通い始めてまた動けなくなっても

残念ながら中途退学してもいいのです。

 

そこからまた

希望を感じ

立ち上がり

挑戦し、挑戦し続けて

結果を勝ち取る。

 

もう一度これを繰り返すだけです。

だから、心配せずに高校生活に挑めばいい。

それだけです。

 

 

 

================

 

毎日メールマガジンを配信しています。

ご興味ありましたらご登録ください。

メールマガジンご登録

 

 

 

 

===========

今後の予定 (令和3年 1月15日 更新)

 

2月4日 聴き方教室 江南区
10:00-12:00 横越地区公民館

 

2月13日 聴き方教室 in 温もりハウス
10:00-12:00 温もりハウス
(今期最終回)

 

2月26日 聴き方教室 県央
19:00-21:00 オンライン講座

 

福島県本宮市で開催していた会は

来春まで中止となりました。

再開の際にご連絡いたします。

 

詳細についてはお尋ね下さい

お問い合わせ

 

 

================

 

私著

 

 

 

 

 

= 『聴き方教室  県央』 =

 

ご参加いただけるみなさま。

今月も、本年も、

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

今月もオンラインで開催いたします。

 

 

今月の主題は「結果」

副題は「気づき」です。

 

「結果」とはなんらかの変化です。

それも、誰も見ていなくても、自身で意識しなくても

元に戻ることのない変化です。

『聴き方教室』ではこのような変化を本質的な変化

「変容」としています。

 

その変化への過程にあるものの一つが

今月の副題「気づき」です。

 

「気づき」から「変化」そして「変容」へ。

それが「結果」です。

今月はその型とそこまでの過程について説明いたします。

 

【contents】

・気づきとは 「上塗り」と「否定」二つの形

・事実とは  事実はあるのか?どう決まるのか?

・事実と受け入れるための条件

・気付けるための条件

・変われる人、変われない人

・「事実」とは パースペクティズム

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

================

 

毎日メールマガジンを配信しています。

ご興味ありましたらご登録ください。

メールマガジンご登録

 

 

 

 

===========

今後の予定 (令和3年 1月15日 更新)

 

1月21日 聴き方教室 江南区
10:00-12:00 横越地区公民館

 

1月22日 聴き方教室 県央
19:00-21:00 オンライン講座

 

2月13日 聴き方教室 in 温もりハウス
10:00-12:00 温もりハウス
(今期最終回)


 

福島県本宮市で開催していた会は

来春まで中止となりました。

再開の際にご連絡いたします。

 

詳細についてはお尋ね下さい

お問い合わせ

 

 

================

 

私著

 

 

 

 

 

= 電子書籍 =

 

昨年末に出した電子書籍。

思った以上に読んでいただいています。

15日で、300冊と3000ページビューほどで

数としてはメールマガジンやブログまではいきませんが。

 

とはいえ、新規のメールマガジン登録や

個別のお問い合わせが多く

深く読んでいただけているようです。

 

今月出版予定の書籍は

『聴き方教室 総論』

内容は『聴き方教室』のコンテンツの

全体像を書く予定です。

 

すでに原稿はできているようなものですが

ご希望の内容はございますでしょうか。

なにかございましたら、遠慮なくお聞かせください。

 

 

と言いましてもなにを聞きたいかも

分からないかも知れません。

 

たとえば……

強烈だった参加者様のこと

ということは書けませんが

私の聞くも語るも涙な悲哀話なら書けます。

 

他には

・保護者様が参加されるだけで

 お子様がどのように変わったのか

 

・結果が出るための条件

 

・結果が出ない理由

 

このような普遍的なものが読者様も

応用できるかと思います。

 

 

お子様が不登校になったら 諦めさせられないでくださいね

 

 

================

 

毎日メールマガジンを配信しています。

ご興味ありましたらご登録ください。

メールマガジンご登録

 

 

 

 

===========

今後の予定 (令和3年 1月15日 更新)

 

1月21日 聴き方教室 江南区
10:00-12:00 横越地区公民館

 

1月22日 聴き方教室 県央
19:00-21:00 オンライン講座

 

2月13日 聴き方教室 in 温もりハウス
10:00-12:00 温もりハウス
(今期最終回)


 

福島県本宮市で開催していた会は

来春まで中止となりました。

再開の際にご連絡いたします。

 

詳細についてはお尋ね下さい

お問い合わせ

 

 

================

 

私著

 

 

 

 

 

= クレメンティア =

今春から新たなコミュニティー運営に関わっています。

こちらです。
クレメンティア 

ラテン語で「寛容」という意味です。

現在はFacebookでのみ公開していますが
近々webサイトも完成します。


当ブログ読者様にも興味を持たれている方の多い
一昨年に始まった人材育成の講座

「異常と正常の人材育成講座」

相方の山田亨氏がディレクターです。

(LPが残っていました)

 

他にも各分野で活躍中の講師陣で

ご存知の方もいらっしゃるかと思います。
最初はその方の投稿だけでも

お読みいただけたらと思います。

会費は無料です。
ご興味ありましたらご登録ください。

ディレクター、山田亨氏 曰く
「読むだけで自然と視点が高まる」

そんなことを意識して
多様な活動をしている講師陣でお届けしています。

 

 


クレメンティア 

 

 

================

 

毎日メールマガジンを配信しています。

ご興味ありましたらご登録ください。

メールマガジンご登録

 

 

 

 

===========

今後の予定 (令和3年 1月15日 更新)

 

1月21日 聴き方教室 江南区
10:00-12:00 横越地区公民館

 

1月22日 聴き方教室 県央
19:00-21:00 オンライン講座

 

2月13日 聴き方教室 in 温もりハウス
10:00-12:00 温もりハウス
(今期最終回)


 

福島県本宮市で開催していた会は

来春まで中止となりました。

再開の際にご連絡いたします。

 

詳細についてはお尋ね下さい

お問い合わせ

 

 

================

 

私著