フリースクール『寺子屋ありがとう』 新潟

新潟市でフリースクール『寺子屋ありがとう』を主宰しています


テーマ:

= 受験シーズン =

 

 

新潟県内

私立高校の受験が1月から本格的にはじまります。

私立については

そろそろ志望校を考える時期です。

他県もそうですよね?

 

どのように志望校を決めるか。

多くは、今の成績をもとに

より難関とされるところを、確実性を踏まえ決める。

というところでしょうか。

 

それで決めた学校が

行きたかった所であるなら良いと思いますが。

本来行きたかった、挑戦したい学校が他にあるのなら

諦めるのは少し早いのかも知れません。

誤った選択かも知れません。


それは

今時点の成績を元に受験校を決めているからです。

 

 

 

= 二次曲線 =

 

勢いがついた人は

二次曲線的に変わります。

成績は加速がついて上昇します。

 

飛行機が滑走路から離陸して

高度を高くしていく時に描く曲線です。



今くらいからやる気になって

模擬テスト、定期テストで成績が上がると

先生は試験当日にはこのくらいになっているだろうと

今までの経験をもとに、受験校を勧めたり提示してきます。

その時に描いているのはおそらく

一次関数、直線です。

 

人の変化は

直線的な変化に見えてしまいがちです。 

その後、爆発的に変わることは

描きにくいようです。

生徒を思ってのことではあるのでしょうけど。

 

 


そして、この二次曲線的な爆発的な上昇をするには

いくつか必要な条件があります。

 

その中で最も大切なことは

当たり前のこととして

できると思えるようになること。

そのためには

実際にできた人の存在に触れ続けることです。

 


『寺子屋ありがとう』にはそんな経験を経て

高校に進学後も通ってくれる生徒がいるので

爆発的変化をした生徒と触れられます。

とてもありがたいことです。

 

 

この話

子ども達の学校の成績のことだけではありません。

『聴き方教室』で

お子さまが立ち上がるまでの過程を見守りきった

お母さま方の存在が

今まさに苦しんでいるお母さま方の

何よりの支えになることと同じです。

 

経験し乗り越えてきた多くの人の存在に触れる。

その人に一番大きな力を与えてくれるものだと

私は生徒達やお母様方から教わりました。

 

 


 

= 実現させるための条件 =

 

 

ここしばらく学習法について書いているのは

県外からの問い合わせが多かったからです。

 

『聴き方教室』に来られない

『寺子屋ありがとう』に通えない

 

そうであっても、お子様の可能性を

最大限伸ばせるように。

そんな気持ちで書いています。




学習に限らず

ご家庭で保護者様が

絶対に大丈夫、あなたならできる。

そんな想いをかけ続けてあげてください。


そう思えるために必要な

当たり前の変化の事例は

いくらでもお伝えできます。

遠慮なくお尋ねください。


 

{2CDF9D85-4789-4A78-B692-597B1BCC8C51}

 

今月の『聴き方教室県央』

このような内容をお伝えする予定です。

よろしければ、お越しください。

 

=============

 

メールマガジン 『寺子屋ありがとう』

https://88auto.biz/terakoya-arigato/touroku/entryform1.htm

 

岸本達也facebook

https://www.facebook.com/tatsuya.kishimoto

 

web聴き方教室

https://peraichi.com/landing_pages/view/8tbry

 

今後の予定 ===========

 

10月27日 聴き方教室県央
19:00-21:00 地域の茶の間 仲町

10月28日 こころの教室長岡
10:00-12:00 さいわいプラザ

10月28日 聴き方教室 柏崎
14:30-16:30「夢の森公園」

 

11月1日 聴き方教室横越
10:00-12:00 亀田地区公民館

 

11月6日 聴き方教室新潟
10:00-12:00 寺子屋ありがとう

 

11月20日 聴き方教室新潟
10:00-12:00 寺子屋ありがとう

 

以上、参加オープンのものです

================

寺子屋ありがとう

岸本達也

著書『届いてますか?

  子どもたちからのメッセージ』

http://goo.gl/r5RpOI

================

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
= 久しぶりの体重計 =
 
 
最近は体重計に乗ることも少なくなり・・・
 
というより、現実を見たくないために
乗りたくなかったのかも知れません。
 
 
最近は食事や宴席の付き合いも多く
また、スケージュールの乱れで
深夜の食事も何回かありました。
体重増の予感、大でした。
 
 
 
昨日は日帰りで福島に出張。
食事をとる時間がなく
朝から新潟に戻った夕方まで
なにも食べられず。
いつも一日一食ですから良いのですが。
 
昨日は特に
移動や仕事でカロリー消費量は多いはず。
体重を計るなら今だとセコい作戦で
恐る恐る乗ったら
 
 
{6970A79A-DFE1-4E85-9D54-61FCE88A496D}

 
全然増えていない。
減ってもいませんが。
 
バターコーヒー
さすがです。
 
 

 

= ダイエットその後 =

 

 

昨年までは寒くなる今頃は

いつも頚椎ヘルニアからの頭痛で悩んでいました。

常に頭痛薬を持ち歩かなければならない状態でした。

 

ふと気付いたこと。

今年はその症状がない。

痩せるとそんな面でも良いのかも知れません。

数十年ぶりに、晴れやかな気持ちで秋を迎えています。

 

 

あと、血圧や高脂血症などにも良さそうです。

最近検査していないので変化は分かりませんが。

 

そして今まで通り

昼寝不要。

頭も朝から長時間冴えています(当社比)

 

 

以上

リバウンドを期待している人も多いということでしたので

ご報告まで。

 

年内目標63.5kg

70日で-8.5kg。

そろそろ本腰を入れないと間に合いませんね。

無理なくやっていこうと思います。
 
 
参考書籍
 
=============

 

メールマガジン 『寺子屋ありがとう』

https://88auto.biz/terakoya-arigato/touroku/entryform1.htm


岸本達也facebook

https://www.facebook.com/tatsuya.kishimoto

 

web聴き方教室

https://peraichi.com/landing_pages/view/8tbry

 

今後の予定 ===========


10月27日 聴き方教室県央
19:00-21:00 地域の茶の間 仲町

10月28日 こころの教室長岡
10:00-12:00 さいわいプラザ

10月28日 聴き方教室 柏崎
14:30-16:30「夢の森公園」

 

11月1日 聴き方教室横越
10:00-12:00 亀田地区公民館


11月6日 聴き方教室新潟
10:00-12:00 寺子屋ありがとう

 

11月20日 聴き方教室新潟
10:00-12:00 寺子屋ありがとう

 

12月15日 聴き方教室福島本宮市
13:00-15:00 本宮市公民館

※12月以降も偶数月第三金曜日開催します
 

以上、参加オープンのものです

================

寺子屋ありがとう

岸本達也

著書『届いてますか?

  子どもたちからのメッセージ』

http://goo.gl/r5RpOI

================

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
こちらで紹介する方法は、数カ月から数年に渡り
不登校やなんらかの事情で
学習が遅れているお子様を対象として
考え実践してきたものです。
 
短期間で結果を出すという面で、他の多くの生徒達にも有効でした。
また学習が遅れた受験生だけではなく、通常のテスト対策にも使えます。
 
他にも、その人に合うより良い方法があるとは思いますが
参考にしていただけたら幸いです。
 
 
 
今日も、
数学、英語のように基礎を求められる教科の
具体的な学習法に入る前にもう一つ
「基礎」について。
 
 
基礎は大切だとよく聞きます。
私もそう思います。
では基礎とはなにをいうのでしょうか?
 
 
 
 
= 基礎 =
 
 
なにをもって基礎というのか?
 
世間で言われる「基礎」とは
応用問題を解く
今学校でやっている単元を学ぶ
テストの点数を取りに行くに必要な学力です。
 
 
私としてはとりあえず。

・「あいうえお」
 五十音全て読み書きできること
 
・0〜9までを記憶していて
    100くらいまで読み書きできること
 
・A-Zアルファベット大文字小文字読み書きと
 ローマ字読みができること。
 
 
この三つができたら基礎は完成です。
『寺子屋ありがとう』では
そのまま応用問題や
今学校でやっている単元から学習に入れます。
 
 


= 「そんなことで良いんですか?」 =
 
そんなことで良いんですか?
とよく驚かれます。
 
そんなことでと思われるかも知れませんが
ここまでのこと、結構大変です。
 
例えば、今日から「あいうえお」は
このように書いてこのように発音しますと
全く新しいものが提示されたら
憶えること、大変ではありませんか?
 
 
意味脈略のない記号と音声の組み合わせ。
全て丸暗記しなければなりません。
 
丸暗記を苦としない、好奇心旺盛な
幼少期の子どもならまだしも
大人に新たにこれらを丸暗記しろというのは
結構大変なはずです。
 
 
ちなみに私が卒業した商船学校では
授業で、手旗信号、モールス信号、旗旒信号
を覚えなければなりません。
 
手旗信号はカタカナ文字を模したものなので
比較的憶えやすいのですが
モールス信号、旗旒信号は
アルファベットを意味を持たない記号で
表します。
それらを丸暗記しなければなりません。
学生時代、一番大変な勉強、苦労した試験でした。
 
 
全て単純な記号と音の組み合わせですが
習得するのはとても大変なことです。
これが思考と、表現と、理解の源でもあります。
 
ですから
それらが完成していたら
義務教育課程で学ぶことくらいなら
あらかた完了です。
 
 
 
 
= 文字、数字を知らない場合 =
 
『寺子屋ありがとう』には
文字、数字を憶えきれていない状態で
生徒が入会することもあります。
 
その場合はどうするか。
そこからやるだけです。
 
 
世間で言う
応用問題や今学校でやっている単元に挑戦するための
基礎ではなく
私が考える学ぶために必要な基礎とは
「学びたい」
と思えること。
思っていることです。
 
 
今まで、学ぶ機会を失っていた生徒達から
教えてもらいました。
 
 
すぐには今学校で習っている単元
応用問題に着手できないことはあっても
やり直したいと思えたら
いつからでも、どこからでもやり直せます。
 
 
 
現時点の状況や個人差により
最適な学習法はお一人お一人異なります。
詳しい学習法や、今の状態で合う教材など
遠慮なくお尋ねください。
相談料など一切不要です。
 
=============

 

メールマガジン 『寺子屋ありがとう』

https://88auto.biz/terakoya-arigato/touroku/entryform1.htm


岸本達也facebook

https://www.facebook.com/tatsuya.kishimoto

 

web聴き方教室

https://peraichi.com/landing_pages/view/8tbry

 

今後の予定 ===========


10月27日 聴き方教室県央
19:00-21:00 地域の茶の間 仲町

10月28日 こころの教室長岡
10:00-12:00 さいわいプラザ

10月28日 聴き方教室 柏崎
14:30-16:30「夢の森公園」

 

11月1日 聴き方教室横越
10:00-12:00 亀田地区公民館


11月6日 聴き方教室新潟
10:00-12:00 寺子屋ありがとう

 

11月20日 聴き方教室新潟
10:00-12:00 寺子屋ありがとう

 

12月15日 聴き方教室福島本宮市
13:00-15:00 本宮市公民館

※12月以降も偶数月第三金曜日開催します
 

以上、参加オープンのものです

================

寺子屋ありがとう

岸本達也

著書『届いてますか?

  子どもたちからのメッセージ』

http://goo.gl/r5RpOI

================

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
= 『聴き方教室 福島』 =
 
去年に続いてこの春から隔月で開催していた
『聴き方教室 福島』
 
本宮市の会場では明日が最終回となる予定でしたが
時間帯を変えて今後も継続することになりそうです。
 
 
10年程前
真冬の磐越道、猪苗代近辺にて猛吹雪に遭遇。
遭難しかけました。
大げさな話ではなく本当に危なかった。
 
ということで冬の移動は怖いのでお休みと
お願いしていました。
 
 

通っている中で
講座参加者様のお子さまと
一緒に勉強することになったり
新しいご縁をいただいたり。
 
ここで止めるのは私も寂しく
時間帯を変えたら
高速バスか新幹線で通うこともでき
なんとか継続できそうです。

継続決まりましたら
詳細は明日以降こちらにてご報告します。
 
 
そして明日は前回参加された方からお招きいただき
午後3時から田村市船引公民館でも開催いたします。
 
前日の案内になってしまいましたが
いずれも席は空いていますので
よろしければお越し下さい。
 

 
 
= 変化 =
 
福島会場は期間限定開催で回数も少ないこともあり
2年間、基本的なことだけお伝えしてきました。
 
私は隔月でお邪魔していましたが
行けない月は参加者様だけで
勉強会をされていたそうです。
 
それが良かったのでしょう。
参加者様方の周りで
大きな変化が起こりました。
 
 
 
変化とはなにかの結果。
そして、それこそが価値。
と私は受け止めています。
 
色んな場で伝えてきて思うこと。
その価値を、変化を手に入れるには
前に進むためには条件があるようです。
 
 
 
= 前に進むための条件 =
 
前に進むための条件。
自分で考えることです。
疑い、確認のための行動をとることです。
 
盲信せず
手探りでも前に進もうとして
上手く行ったらその理由を考える。
上手くいかなかったらその理由も考える。
そして何を改めるべきかを考える。

再度挑んで、また結果を見る。
結果という事実を受け入れた上で再度考える。
その繰り返しです。

 
結果に対峙できるか、向き合えるか。
それが考えることです。
そしてそれこそが
変化するための、結果を出すための
価値を得るために必要な条件です。
 
 

 
 
=============

 

メールマガジン 『寺子屋ありがとう』

https://88auto.biz/terakoya-arigato/touroku/entryform1.htm


岸本達也facebook

https://www.facebook.com/tatsuya.kishimoto

 

web聴き方教室

https://peraichi.com/landing_pages/view/8tbry

 

今後の予定 ===========


10月20日 聴き方教室福島本宮市
10:00-12:00 本宮市公民館

 

10月20日 聴き方教室福島田村市
15:00-17:00 船引公民館


10月27日 聴き方教室県央
19:00-21:00 地域の茶の間 仲町

10月28日 こころの教室長岡
10:00-12:00 さいわいプラザ

10月28日 聴き方教室 柏崎
14:30-16:30「夢の森公園」

 

11月1日 聴き方教室横越
10:00-12:00 亀田地区公民館


11月6日 聴き方教室新潟
10:00-12:00 寺子屋ありがとう

 

11月20日 聴き方教室新潟
10:00-12:00 寺子屋ありがとう

 

以上、参加オープンのものです

================

寺子屋ありがとう

岸本達也

著書『届いてますか?

  子どもたちからのメッセージ』

http://goo.gl/r5RpOI

================

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
= 学習法の前に =
 
こちらで紹介する方法は、数カ月から数年に渡り不登校であったり
学習が遅れているお子様を対象として考え実践してきたものです。
 
短期間で結果を出すという面で、他の多くの生徒達にも有効でした。
また学習が遅れた受験生だけではなく、通常のテスト対策にも使えます。
 
他にも、その人に合うより良い方法があるとは思いますが
参考にしていただけたら幸いです。
 
 
数学、英語のように基礎を求められる教科の
具体的な学習法に入る前に
お伝えしたいことがあります。
今日からはそのことについて。
 
お伝えしたいこととは
私ではなく、保護者様が直接お子さまに
学習と学習法をお伝えすることについてです。
 
 
 
= 今昔 =
 
今日の件名
「今の中学(高校)生の勉強、難しいですよね?」
色んな会場でいただくご質問です。

質問される方は中高校生の保護者様ですから
30代後半から50代でしょうか。
 
 
その方の年代にもよりますが
昭和39年生れ、53歳の私の頃に比べたら
今の方が教わる内容は少なく平易になっています。

他にも
・少子化、学校の乱立による合格倍率の低下
・授業数減
・学校外での学ぶ機会の充実
・教材、教具の充実

等、「受験地獄」などという言葉があった
私が子どもの頃に比べて
落ち着いて学ぶには勉強しやすい状況だと感じています。
 
 


= 「今の中学生の勉強、難しいですよね?」 =


「今の中学生の勉強、難しいですよね?」
 
この質問。
「私にも教えられますか?」
という意味でいただく質問でもあります。
 
私の答え
「教えられます!」
そう断言できます。
 
 
 
「中学校の勉強なんて全然憶えていない」
 
前も書いた通り
憶えていないのではなく
思い出せないだけです。
それは、使わないから。
 
一度テキストを開くとすぐに
色んなこと思い出せますよ。
 
 
 
「中学校の時から成績悪かったから」
 
大人になって社会に出て
実生活を通じて色んな体験をしてきた分だけ
理解しやすくなっています。
 
学生時代は難しく感じたことも
日常生活の事例と合わせて理解できること
たくさんあります。
 
 
 
 
「うちの子、私からは教わらないと思います」
 
お子さまは多感な時期でもありますし
親子関係によっては
反発して教わろうとしないこともあると思います。
 
そうであっても、いざという時のためだけではなく
保護者様が学んでおくこと意味があると思います。
 
・大人が楽しそうに学ぶ様子を見てもらう
・いつからでもやり直せることを示す
その姿から
お子さまにはなにか伝わるものがあるはずです。

 
 
 
= 伝え方 =
 
教科はなにからはじめるか。
どのように進めるか。
 
基本的には
興味のあるもの
好きなもの
得意なもの
着手しやすいものからがお薦めです。
 
ただ、お子さまが受験生の場合
昨日まで書いてきたことと同じです。
 
お子さまだけではなく保護者様も
受験間近のこの時期はすぐに結果を出せるもの。
可能性を感じられるものから、はじめることがおすすめです。
 
 
保護者様がお子さまに直接教える。
一番の利点は
いつもそばにいる人が
可能性を感じられるようになることです。
それがお子さまに伝わるのです。
 
 
そしてなにより
お子さまに勉強を教えられることができたら
他所で学ばせるより教育費大幅に節約できます。
 
続きます
 
現時点の状況や個人差により
最適な学習法はお一人お一人異なります。
詳しい学習法や、今の状態で合う教材など
遠慮なくお尋ねください。
相談料など一切不要です。
 
=============

 

メールマガジン 『寺子屋ありがとう』

https://88auto.biz/terakoya-arigato/touroku/entryform1.htm


岸本達也facebook

https://www.facebook.com/tatsuya.kishimoto

 

web聴き方教室

https://peraichi.com/landing_pages/view/8tbry

 

今後の予定 ===========



10月20日 聴き方教室福島本宮市
10:00-12:00 本宮市公民館

 

10月20日 聴き方教室福島田村市
15:00-17:00 船引公民館


10月27日 聴き方教室県央
19:00-21:00 地域の茶の間 仲町

10月28日 こころの教室長岡
10:00-12:00 さいわいプラザ

10月28日 聴き方教室 柏崎
14:30-16:30「夢の森公園」

 

11月1日 聴き方教室横越
10:00-12:00 亀田地区公民館


11月6日 聴き方教室新潟
10:00-12:00 寺子屋ありがとう

 

11月20日 聴き方教室新潟
10:00-12:00 寺子屋ありがとう

 

以上、参加オープンのものです

================

寺子屋ありがとう

岸本達也

著書『届いてますか?

  子どもたちからのメッセージ』

http://goo.gl/r5RpOI

================

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
= 学習法 =
 
こちらで紹介する方法は、数カ月から数年に渡り不登校であったり
学習が遅れているお子様を対象として考え実践してきたものです。
 
短期間で結果を出すという面で、他の多くの生徒達にも有効でした。
また学習が遅れた受験生だけではなく、通常のテスト対策にも使えます。
 
他にも、その人に合うより良い方法があるとは思いますが
参考にしていただけたら幸いです。
 
 
 
= 基礎 =
 
可能性と希望を見出すために
どうせ間に合わない、できないという
前提をひっくり返すために。
 
最優先すべきは
短期間で結果を出すこと。
成績を上げること。
 
そのために最初に着手する教科は「社会」。
そしてその暗記法を昨日一昨日と書きました。
 
 
とは言え私立高校など
社会が受験科目でない学校もあります。
 
 
基礎的学力が求められる
短期間の暗記だけでは結果を出し難い教科は
どうしたら良いのか?
 
ということで
今日からは数学、英語の学び方について。



= 基礎が大切だからこそ =

なんらかの事情があって
学校の授業がほとんど理解できていない場合
 
社会、理科、国語は各単元から学習を再開できますが
数学英語は基礎がしっかりしていないと
途中からは理解できないと言われています。
 
確かに、以前の学習内容が分からなければ
先に進めない、理解できないこともあるのですが
受験まで数ヶ月という段階で
短期間で数年、数カ月の遅れを取り戻すべく
基礎からやり直していては間に合いません。
 
ある程度基礎ができている前提で学校の授業は進みます。
どんどん差は開くことになるでしょう。
 

逆に基礎が大切であるなら
今やっていることを理解できたら
過去に習っていたはずのもの、基礎にあたるものも
理解できたことになります。


ということで『寺子屋ありがとう』では
基礎が大切と言われる数学、英語であっても
今学校で習っているところから学習再開します。
 
 
 
= 今やっているところから =
 
基礎を求められる教科の学習再開の際は
どんなに学習が遅れていても
今やっている所からやる。
その理由は三つあります。
 
・やるべきこと、不足している点が明確になりゴールが見える
・授業がある程度理解できる
・全体を認識理解できて面白みを感じられる
 
 
 
大切なことは
受験までの残り僅かな期間
時間を無駄にしないことです。
無駄にしない時間とは
 
授業中の時間
家庭での学習時間
 
この二つです。
 
 
授業がある程度理解できるから、
興味深く聞けますし理解もできます。
 
授業を理解できないまま席に座っている
そんな授業中の苦痛は軽減され
不登校の子だけではなく、荒れていた子も
再登校することがあります。
 
 
そして今からの時期、学校で学ぶことは
高校入試に出題される率の高い単元です。
それを自宅学習だけではなく
学校でも学べたら効率よく時間を使えます。
 
※もちろん、無理をして登校する必要はありませんが
 
 
 
そして、全体を認識できることで
分からないこと、苦手なこと
要は、やるべきことが明確になります。
具体的なやり方は明日以降書きます。
 
 
今やるべきことと、やった結果どうなるか
両者が頭の中で描けている状態で
全体を認識理解できるて面白みを感じられた時
その人は意識せずに動けるようになります。
周りが心配するくらい勉強し始めます。
 
その結果、毎年受験の前日の深夜まで
補習の依頼を受けることになります。
 
 
時間を無駄にしないこと。
有効に使うこと。
そのためには、「英語」「数学」であっても
基礎からではなく今学校でやっている所から着手。
 
「基礎的な知識がなくても、本当にできますか?」
とよく聞かれます。
できます。
 
続きます
 
現時点の状況や個人差により
最適な学習法はお一人お一人異なります。
詳しい学習法や、今の状態で合う教材など
遠慮なくお尋ねください。
相談料など一切不要です。
 
=============

 

メールマガジン 『寺子屋ありがとう』

https://88auto.biz/terakoya-arigato/touroku/entryform1.htm


岸本達也facebook

https://www.facebook.com/tatsuya.kishimoto

 

web聴き方教室

https://peraichi.com/landing_pages/view/8tbry

 

今後の予定 ===========


10月16日 聴き方教室新潟
10:00-12:00 寺子屋ありがとう

10月20日 聴き方教室福島本宮市
10:00-12:00 本宮市公民館

 

10月20日 聴き方教室福島田村市
15:00-17:00 船引公民館


10月27日 聴き方教室県央
19:00-21:00 地域の茶の間 仲町

10月28日 こころの教室長岡
10:00-12:00 さいわいプラザ

10月28日 聴き方教室 柏崎
14:30-16:30「夢の森公園」

 

11月1日 聴き方教室横越
10:00-12:00 亀田地区公民館


11月6日 聴き方教室新潟
10:00-12:00 寺子屋ありがとう

 

11月20日 聴き方教室新潟
10:00-12:00 寺子屋ありがとう

 

以上、参加オープンのものです

================

寺子屋ありがとう

岸本達也

著書『届いてますか?

  子どもたちからのメッセージ』

http://goo.gl/r5RpOI

================

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
= 学習法 =
 
こちらで紹介する方法は数カ月から数年に渡り不登校であったり
学習が遅れているお子様を対象として考え実践してきたものです。
 
短期間で結果を出すという面で、他の多くの生徒達にも有効でした。
他にもその人に合うより良い方法があるかと思いますが
参考にしていただければ幸いです。
 
 
 
昨日の記事

今の時期からの受験対

オススメの教科は「社会」から

 

 

 
= なぜ「社会」から? =
 
現時点の成績、学力にもよりますが
なんらかの事情があり
テストでほとんど点数が取れない場合
まず優先すべきは
実際に一教科でも成績を上げることです。
 
自分にもできる、できたと体験してもらい
可能性と希望を感じることです。
 
・どうせできない
・間に合わない
・頭が悪いから無理
そんな自身に対する前提を
根底からひっくり返すことです。
 
 
そんな意味でまずは「社会」からとお勧めしました。
最も短期間で結果が出るからです。
 
 
結果が出やすい理由は二つ
・基礎がなくても、どこの単元からでも理解できる
・暗記だけで多くの問題が解答できる



とは言え暗記が苦手という人もいます。
それは暗記が苦手なのではなく
やり方を誤っているのです。
 
ということで今日は暗記法について。



= やり方 =

・用意するもの
問題集、解答、ノート、鉛筆またはボールペン
 
問題集は学校支給の「ワーク」
と呼ばれているものが理想です。
ない場合は市販のものご紹介します。
遠慮なくお尋ねください。
 
可能でしたら鉛筆よりボールペンがお薦めです。
たくさん書いてもらいますので手が疲れないように。
できたら多少高くても書き心地の良いものを。
 
ただし、公立高校受験まで5ヶ月。
ボールペン、かなりの本数インクを使い切りますので
高級品でなくても構いません。
教科書や資料は不要です。


・やり方

①ワークの問題を見て
 分かるならそのままノートに書き込む。
 
 分からないものは、解答を見る。
 解答を見ただけで憶えて、なにも見ずにノートに書き込む。
 要はその時点では
 見ただけで憶えられたかをテストします。
 見るだけで憶えようとすることが大切です。
 

②解答を確認して
 間違わずに書き込めたらそのまま。
 間違っていたら正解を書き込む。
 
 
③暗記の得意不得意にもよりますが
 5問ほどやって
 一度解答と、答えを書き込んだノートのページを閉じ
 そこまでやった問題、5問を新しいページで解く。
 テストをします。
 
 テストの結果
 半分以上が正解でしたら間違ったところだけ
 半分以下でしたら全問もう一度。
 ①〜③を繰り返す。
 
 
 
最初丸暗記の作業のように感じられ
面白くないと思います。
 
ある時を境に憶えたもの同士が繋がり
記憶しやすくなります。
 
新しい問題であっても
最初にテストした時の解答率が上がります。
 
また、一度に多くの問題を解ける
憶えられるようにもなります。
 
また、同じページ数やるにしても
時間がかからなくなります。
 
嫌々はじめることであっても
諦めずにやり続けることで
 
・世界のどこに何があるのか
・現在国内、世界で起きていること
・過去からどのような流れで今の世に至ったのか。
・今社会で起きていること
 
それらを知り、理解できるようになります。
この時に、社会を学ぶことの面白さを
感じられるようになります。
 
 
※私は以前マインドマップのインストラクターをやっていましたので
 よくマインドマップによる記憶法を聞かれることがあります。
 記憶が著しく苦手な場合マインドマップでまとめてからですと
 非常に効果がありますが
 暗記が特別苦手でなければ
 このやり方が最も早く結果を出せるやり方です。
 
 

= この手法の本質 =
 
この方法に気づく過程で気づいたこと。
 
・記憶する時は記憶だけの方が効率が良い
・記憶力とは憶える力ではなく思い出す力であること
この二つです。
 
 
 
・記憶する時は記憶だけの方が効率が良い
やり方を見ると、機械的にノートに答えを写す
ように感じられるかもしれませんが
大切なことは、最初に答えを写す段階で
答えを見ながら丸写しをするのではなく
答えを見て憶えたものを書き写すことです。
ここが大切です。
 
それと、
答えを写すより教科書資料を調べた方が
憶えるのではないですか?
という質問をよく受けます。
 
実際にやってみると実感できると思いますが
調べることと、憶えること同時にやると
意識が分散して効率が悪いです。
憶える段階では憶えることだけに注力した方が
効率よく憶えられます。
 
また調べた方が憶えられると言う意見もありますが
多くの生徒の様子を見てきて思うこと。
それは、時間がかかっているから
憶えられた気がするだけです。
調べるより、短時間でより多く憶えられる方法です。
 
 
 
・記憶力とは憶える力ではなく思い出す力
 
人は一度見ただけでも
なんとなくは記憶しているもの。
 
「薔薇」という字を書けなくても
「バラ」と読むことができる人は多いはず。
これがなんとなく憶えている状態です。
 
ただし思い出すこと、紙に書くことはできない。
その状態ではテストで得点できません。
 
それで憶えなくてはと10回書いて憶える
というようなことをしてしまいがちです。
 
ですから漢字も憶えることより
思い出す練習訓練が大切。
 
自分でやる思い出す練習訓練とは
自分でテストすることです。
 
 
 
受験科目に社会が外されていることもあるでしょう。
次回以降は
数学、英語、国語の学習法です。
 
 
{5C23167B-FE84-4B60-82FA-439EC39D7C7A}

 


※追記 
最適な学習法は現時点の状況や個人差により
異なることがあります。
ご希望ありましたら遠慮なくお尋ねください。
相談料など一切不要です。
 
=============

 

メールマガジン 『寺子屋ありがとう』

https://88auto.biz/terakoya-arigato/touroku/entryform1.htm


岸本達也facebook

https://www.facebook.com/tatsuya.kishimoto

 

web聴き方教室

https://peraichi.com/landing_pages/view/8tbry

 

今後の予定 ===========


10月16日 聴き方教室新潟
10:00-12:00 寺子屋ありがとう

10月20日 聴き方教室福島本宮市
10:00-12:00 本宮市公民館

 

10月20日 聴き方教室福島田村市
15:00-17:00 船引公民館


10月27日 聴き方教室県央
19:00-21:00 地域の茶の間 仲町

10月28日 こころの教室長岡
10:00-12:00 さいわいプラザ

10月28日 聴き方教室 柏崎
14:30-16:30「夢の森公園」

 

11月1日 聴き方教室横越
10:00-12:00 亀田地区公民館


11月6日 聴き方教室新潟
10:00-12:00 寺子屋ありがとう

 

11月20日 聴き方教室新潟
10:00-12:00 寺子屋ありがとう

 

以上、参加オープンのものです

================

寺子屋ありがとう

岸本達也

著書『届いてますか?

  子どもたちからのメッセージ』

http://goo.gl/r5RpOI

================

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は『聴き方教室 新潟』
 
多くの懐かしい方にもお越しいただき
楽しくも、考えさせられた時間でした。
 
 
 
= 懐かしい方々 =

 

懐かしい方々とは

『聴き方教室』スタート時から

通って下さっていたお母さま方です。

 

当時心配されていたお子さま方も

みなさん元気に立ち上がられて

頑張って活躍しています。

 

 

その経験を元にした話は

私の話などよりよほど

今悩まれているお母さま方の

支えになっています。

 

 

来ていただけるたびに

懐かしさだけではなく、心強さを感じます。

 

 

 

= 手法の限界 =

 

世間一般では

やってはいけないとされていること。

 

私でも

「さすがにそれはダメでしょう」

と思うこと。

 

平然とやってのけ結果を出されている方が

『聴き方教室』受講者様に多いです。

 

 

 

例えば、、、

 

*以下、乱暴な表現になります

    申し訳ございません。

 

 

苦しんでいるお子さまに

意味のないプレッシャーをかけ続ける

学校に怒鳴り込んだとか。

 

 

イジメられていることを

伝えてくれたお子さまに

「そのガキ首絞めてやるぞ!」

と言ったとか。

 

 

一般的に言われる子どもに寄り添う方法として

勧められているものではないでしょう。

 

私もそのような対応法は、お伝えしていません。

多くの人がやり方だけ真似をしては

悪い結果になるでしょうからお伝えできません。

 

でもその方々の場合結果は出せています。

 

逆に学んだやり方の通りやっても

その結果を出せたかは分かりません。

その前に、学んだ通りになど

できないかも知れません。

 

 

これが手法

具体的で分かりやすい話の限界です。

 

 

 

 

= 結果を出すために =

 

世間一般で言われているやり方ではなくても

良い結果が出たのであれば

そのやり方は正しかったのです。

 

お子さまも、お子さまを苦しめていた相手も

傷ついたり苦しむことなく

最悪の事態を防げて、問題が解決したのですから。

 

 

なぜそのようなことを起こせるのか。

誰かから伝えられたこと

学んだこと

見てきたこと

それらの本質を捉え

現実に落とし込み実践したからです。

 

 

学校への怒鳴り込みも、

首締めるぞ発言も、

 

お子様の味方だというメッセージであり、

安心して学校を休める環境を手渡すことです。

 

それがその子が立ち上がるに、一番必要なことです。

これが本質です。

 

 

そのために伝えられていることが

 

・聴くこと

・寄り添うこと

・あるがままを受け入れること

などという手法です。

 

具体的にどうすればいいのか不明確なものもあり

結果を出せるような実践に移すことは難しいでしょう。

 

 

 

型破りな言動であっても。

学んだことから本質を見出し

目の前に起こる現実に置き換え

具体的な言動に落とし込んだものなら

うまくいくことはあります。

 

 

ただ、

まだ誰もやっていないことですから

失敗することもあるでしょう。

 

上手くいかなければ

また現実を見直して

本質を探り

もう一度現実に落とし込み

実践する。

それをくりかえすことです。

 
 
 
 
= 抽象と具象 =
 
一見分かりやすく、分かった気になれて
実践に移しやすいのは
具体的で分かりやすい
手法を説いたような話です。
 
こういう時はこうすると
規定してもらうことです。
そこに解釈や判断は求められません。
考えなくてもすみます。
 
 
 
 分かりやすいものにはその本質。
なにが元にありそうしているか。
そうすることによりなにが起こるのか。
どう変わるのか。
それはなぜなのか。
抜け落ちています。
 
そしてそこから考える過程を
省いてしまいがちになります。
考えなくてもやるべきことが
明確そうに見えるからです。
 
 
それで盲目的に言われた通りに
なにも考えずに
言われた範囲でしかやらない。
 
想定外の事態や、規定し切れないことには
対応できるはずもなく結果は出せない。
 
 

結局は、一見難解で抽象的な本質を学ぶ方が
それぞれの場面や相手とご自身に合わせて
具体に落とし込んで実践できる。
 
考えることができる人にとっては
そちらの方が結果を出すことは容易
ということになります。
 
 
 
 
{B2511E2E-74B2-4BD7-855E-CA6A83872A2F}


 
=============

 

メールマガジン 『寺子屋ありがとう』

https://88auto.biz/terakoya-arigato/touroku/entryform1.htm


岸本達也facebook

https://www.facebook.com/tatsuya.kishimoto

 

web聴き方教室

https://peraichi.com/landing_pages/view/8tbry

 

今後の予定 ===========


10月16日 聴き方教室新潟
10:00-12:00 寺子屋ありがとう

10月20日 聴き方教室福島本宮市
10:00-12:00 本宮市公民館

 

10月20日 聴き方教室福島田村市
15:00-17:00 船引公民館


10月27日 聴き方教室県央
19:00-21:00 地域の茶の間 仲町

10月28日 こころの教室長岡
10:00-12:00 さいわいプラザ

10月28日 聴き方教室 柏崎
14:30-16:30「夢の森公園」

 

11月1日 聴き方教室横越
10:00-12:00 亀田地区公民館


11月6日 聴き方教室新潟
10:00-12:00 寺子屋ありがとう

 

以上、参加オープンのものです

================

寺子屋ありがとう

岸本達也

著書『届いてますか?

  子どもたちからのメッセージ』

http://goo.gl/r5RpOI

================

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブログを続ける中で
学習法の質問を多くいただくようになりました。
県外の方も多いので、こちらで紹介しようと思います。
 
= 受験シーズン =
 
学習塾では受験シーズンは随分前からなのでしょうけど
受験生(中3生)の入会が増えるという意味では
うちの教室では今。
夏休み明けから冬休み前がピークになります。
 
 
うちはフリースクール部門もありますので
学習が遅れた状態での入会も多いです。
 
それでも大丈夫です。
大丈夫とは
今時点の学力、成績はどうであれ
なにも分からないまま
中学を卒業ということにはなりません。
全教科、一通り理解できるようになります。
 
今まで、なにをどれだけやってきたかにもよりますが
受験も、今思っているよりずっと
高得点を取れるようになります。
 
 
新潟県では多くの私立高校が1月から入試が始まります。
公立高校は3月です。
私立は残り3ヶ月、公立は5ヶ月。
十分、間に合います。


= やり方 =

ただし、やり方があります。
 
数ヶ月数年の期間、学校に行けていなければ
知らないこと、理解できていないこと
多々あるでしょう。
 
ついやってしまいがちなのが
基礎からやり直すというもの。
 
確かに基礎は大切です。
ただし、
基礎が必要なのは受験5教科で言えば
数学と英語だけです。
他の教科は各単元からそのまま学べます。
 
 
大きな学習の遅れがある場合。
まず最初にやるべきこと、優先すべきことは
可能性を希望を感じること。
自分にもできると実感してもらうこと。
 
 
ですから『寺子屋ありがとう』では
基礎の要らないものから。
それもできたら
短期間で成績を上げられるもの。
暗記だけで得点できるもの。
から進めます。
 
教科で言えば社会科です。
 
 
もちろん
英数国3教科が受験科目の
私立高校が第一志望の場合は
話は変わりますが。
 
次回以降は
結果を出せる効率的な暗記法について。
そして
基礎を必要とされる数学、英語の学習法について紹介します。
 
 
続きます
 
 
{CB49783B-5A84-4C11-97F7-E59B9E5F1E9F}


※追記 
最適な学習法は現時点の状況により
異なることがあります。
ご希望ありましたら遠慮なくお尋ねください。
相談料など一切不要です。
 
=============

 

メールマガジン 『寺子屋ありがとう』

https://88auto.biz/terakoya-arigato/touroku/entryform1.htm


岸本達也facebook

https://www.facebook.com/tatsuya.kishimoto

 

web聴き方教室

https://peraichi.com/landing_pages/view/8tbry

 

今後の予定 ===========


10月16日 聴き方教室新潟
10:00-12:00 寺子屋ありがとう

10月20日 聴き方教室福島本宮市
10:00-12:00 本宮市公民館

 

10月20日 聴き方教室福島田村市
15:00-17:00 船引公民館


10月27日 聴き方教室県央
19:00-21:00 地域の茶の間 仲町

10月28日 こころの教室長岡
10:00-12:00 さいわいプラザ

10月28日 聴き方教室 柏崎
14:30-16:30「夢の森公園」

 

11月1日 聴き方教室横越
10:00-12:00 亀田地区公民館


11月6日 聴き方教室新潟
10:00-12:00 寺子屋ありがとう

 

以上、参加オープンのものです

================

寺子屋ありがとう

岸本達也

著書『届いてますか?

  子どもたちからのメッセージ』

http://goo.gl/r5RpOI

================

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
= 明日は『聴き方教室 新潟』 =

早いもので10月も半ば。
今月の『聴き方教室』が続きます。
 
今週の予定は
明日月曜日は新潟会場
『寺子屋ありがとう』で10時から
 
20日(金)は福島県本宮市と田村市で
本宮市公民館で10:00から
船引公民館で15:00から

来週以降分についてはまた後日
ご案内します。

今日は明日の新潟会場の内容について
主題は「自己肯定感」
副題は「変容」
です。




= 似て非なるもの =


「うちの子は自己肯定感が低くて」
 
ということを言われることがあります。
そんな言葉で苦しめられている人がいます。
誰かにそう言われ、評価され
そう思い込まされたのでしょう。
 
 
 
自己肯定感
この言葉で評価し、評価され
安易に真に受けている方にお尋ねします。
この言葉の意味説明できますか?
 
自己肯定感が高い、低い。
人から評価される時
その評価の基準の言葉の意味を尋ねられると良いです。
評価の概念があるということは
その人の都合か、誰かの都合で思い込まされた解釈ですから。
 
 
意味を尋ねて答えられたら
その言葉と似ているような言葉
自己肯定感でしたら
・自信
・自己重要感
・自尊感情
・自己愛
・自己愛性人格障害
 
これらとの違いを尋ねることです。
似て非なるものは異なるものです。
 

 
= 自己否定 =

自己否定という言葉があります。
 
意味は
 
自分自身を否定すること。
あるいは、それまでの自己であることをやめること。
【大辞泉】
 
新たな自己をつくり出すために、自己の在り方に矛盾を見いだし、これを否定すること。
【大辞林】
 
 
大辞泉の後者と大辞林にある自己否定することが
明日お伝えする変容です。
 
私はこの自己否定できること
今までの価値観、世界観
所有しているもの
評価されてきたもの
 
それら自分が信じていたものを
捨てられられること、否定できることこそが
自己肯定感が高い状態だと考えています。
 
そんな人こそが
動けなくなった状態から立ち上がれる人
抑えられない状態から穏やかさを取り戻せる人
だからです。
 
その前に
立ち上がれなくなった人、抑えられなくなった人も
既存の価値観に違和感を持ち得る感性と
ノーを突き付ける勇気と力を持ち得たのですから
それだけで自己肯定感が低いなどと断じるのは
早計浅はかなことだと考えています。
 
明日はそのような内容で進める予定です。
 
 
 
【CONTENTS】
・書籍 「自己肯定感ってなんやろう?」
・誰かの都合の評価基準
・自己否定とは変容すること
・変わらないための条件
・見て見ぬふりと先送りによる倍返し
・似て非なるものとの差異
・自己肯定感 誤用悪用事例
・学校で「自分が好き」と答えないと保護者が呼び出される理由
・変容 本質的な変化のために必要なこと

 

=============

 

メールマガジン 『寺子屋ありがとう』

https://88auto.biz/terakoya-arigato/touroku/entryform1.htm


岸本達也facebook

https://www.facebook.com/tatsuya.kishimoto

 

web聴き方教室

https://peraichi.com/landing_pages/view/8tbry

 

今後の予定 ===========


10月16日 聴き方教室新潟
10:00-12:00 寺子屋ありがとう

10月20日 聴き方教室福島本宮市
10:00-12:00 本宮市公民館

 

10月20日 聴き方教室福島田村市
15:00-17:00 船引公民館


10月27日 聴き方教室県央
19:00-21:00 地域の茶の間 仲町

10月28日 こころの教室長岡
10:00-12:00 さいわいプラザ

10月28日 聴き方教室 柏崎
14:30-16:30「夢の森公園」

 

11月1日 聴き方教室横越
10:00-12:00 亀田地区公民館


11月6日 聴き方教室新潟
10:00-12:00 寺子屋ありがとう

 

以上、参加オープンのものです

================

寺子屋ありがとう

岸本達也

著書『届いてますか?

  子どもたちからのメッセージ』

http://goo.gl/r5RpOI

================

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)