人材紹介コンサルタント25年史
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

「企業との信頼関係を構築しよう」

「企業との信頼関係を構築しよう」

 

 

当り前の話ですが

 

人材紹介コンサルタントの仕事は

 

クライアント(採用企業)の

 

社長さんや人事の方と

 

二人三脚の共闘体制ができないと

 

うまく行きませんよね。

 

 

しかし

 

そこまでの信頼関係を構築するためには

 

それなりの努力と時間や

 

成功事例と失敗事例も含めた

 

ケーススタディーの蓄積と共有が必要です。

 

 

ご紹介したキャンディデートの選考プロセスの中で

 

何が良くて

 

何を改善すべきなのか?

 

お互いに振り返り

 

共有しないといけません。

 

 

うまく行って採用できた時も

 

残念ながら内定辞退された時も

 

振り返りと共有が大切です。

 

 

うまく行った時も

 

うまく行かなかった時も

 

クライアントと人材紹介コンサルタントとの関係で

 

どちらか片方が100%良いとか悪いとか

 

そういうケースは少ないです。

 

 

従って

 

双方が歩み寄って

 

今後の採用活動がもっとうまく行く方法を

 

模索して改善しないと前進しません。

 

 

また、双方がベストを尽くしても

 

ご縁がなくて

 

内定辞退に至るケースも多々あります。

 

 

「できるだけの事はしたけど、今回は仕方なかったね」

 

そういう割り切りも必要です。

 

 

クライアントも人材紹介コンサルタントも万能ではありません。

 

とにかく、地道に一つ一つのケーススタディーを共有して

 

クライアントと二人三脚で走れるようになって

 

採用活動を成功に導くことが

 

人材紹介コンサルタントや

 

RA(リクルーティングアドバイザー)の仕事ですね。

 

 

量やスピードも大切ですが

 

仕事が作業にならないよう

 

1件1件、丁寧にやっていくしかありません。

 

 

クライアントにもキャンディデートにも

 

良いと思った事は

 

はっきりと提案しましょう。

 

勇気を持って

 

踏み込みましょう!

 

 

 


 

「やれなかった

 やらなかった

 どっちかな」                                      みつを


 

 

 

 

合掌。

 

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
人材紹介会社への転職のご相談はお気軽にどうぞ
https://www.prof-s.jp/agent-shokai.jp/entry/

オンラインでのご相談も歓迎です。

10時から20時は、ランチタイム以外はだいたいおります。

 

03-5651-9651

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「FEEを上げるので本気出して?」

「FEEを上げるので本気出して?」

 

 

先日

 

人材紹介会社X社様の営業部長から

 

ご丁寧にお電話をいただき

 

新たな求人をご依頼いただきました。

 

 

営業部長:「人材コンサルタントを増員しようと、ダイレクトスカウトしてますが難しいですね。」

 

私:「そうですか。それなりに応募者はありませんか?」

 

営業部長:「はい。人数はそこそこですが、採用できそうな人がいないんです。」

 

私:「難しいものですね。」

 

営業部長:「そこで相談なんですが、武谷さん、本気を出してもらえませんか?」

 

私:「え、私はいつも本気ですよ。」

 

営業部長:「当社に対するモチベーションを上げてくれませんか?」

 

私:「え、御社に対するモチベーションは高いですよ。

  かなり多くのキャンディデートに積極的にご紹介していますよ。」

 

営業部長:「うちが無理を言って、FEEが安いから、やる気がないでしょう?」

 

私:「そんな事はありません。心配しないでください。」

 

営業部長:「ホントに?

     いやー、紹介してもらったAさんとBさんのおかげで本当に助かってます。」

     大活躍してもらってます。ありがとうございます。」

 

私:「こちらこそ、働きやすい環境を提供していただき、ありがとうございます。」

 

営業部長:「そこでですね、社長とも相談して、今回からFEEを高くしたいと決めました。」

 

私:「え、今でも十分ですが、FEEを高くさせていただいてもいいんですか?」

 

営業部長:「はい。AさんとBさんをご紹介いただいた感謝の気持ちも込めて

     是非FEEを高くしてください。」

 

私:「大変ありがとうございます。恐縮です。」

 

営業部長:「これで少しはモチベーションがあがりますか?」

 

私:「いや、ですからモチベーションは高いですよ。お金だけでは動きません。ご心配なく。」

 

営業部長:「それからFEEの件とは関係なく、また飲みに行きましょうよ。」

 

私:「ありがとうございます。是非とも宜しくお願い致します。」


 

ということで

 

有難いことにクライアントの

 

人材紹介会社X社様から

 

FEEを上げていただく

 

ご提案をいただきました。

 

 

皆さんも時々

 

このような事があるのではないでしょうか?

 

 

やはり、入社された方のご活躍が大きな要因で

 

大変有難い事ですね。

 

素晴らしいキャンディデートに感謝です。

 

 

更に

 

良い職場環境をご提供いただいている

 

クライアントに感謝致します。


 

 

 

 

「おかげさん」                                          みつを


 

 

 

 

合掌。

 

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
人材紹介会社への転職のご相談はお気軽にどうぞ
https://www.prof-s.jp/agent-shokai.jp/entry/

オンラインでのご相談も歓迎です。

10時から20時は、ランチタイム以外はだいたいおります。

 

03-5651-9651

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「誠実な企業と取引したい」

「誠実な企業と取引したい」

 

 

ここ数年

 

業績が大変良いと評判の

 

人材紹介会社から

 

人材紹介コンサルタントの

 

求人依頼のお電話をいただいた。

 

 

しかし

 

「FEEは1件150万円でやってくれ。それ以上は出せない」 

 

と、おっしゃるので驚いた。

 

 

私:「御社はクライアントに、年収の35%以上を請求していますよね。

  平均単価も300万円以上だと聞いてます。

  それなのに弊社には150万円しか払わないなんて、一貫性が無いですね。

  御社の経営姿勢を疑います。

  そのような会社とのお取引はお断りします」

 

 

即戦力コンサルタントで

 

何と英語も必須。

 

人材コンサルタント不足の最中に

 

全く話にならない。

 

自分の会社の儲けしか考えていない。


 

一方で

 

FEEが少し安くても

 

求人依頼を受ける会社もある。

 

 

例えば

 

社長自ら出て来て

 

「立ち上げ中でほとんど利益が出ていないので、どうしても150万円しか払えません。

 身勝手で失礼なお願いだとは存じますが、何とかご紹介いただけないでしょうか?

 やる気がある人であれば、私が必ず育てます」

 

と言われ頭を下げられる。

 

 

そこまでされると断われないし

 

「よし、何とかこの社長の役に立ちたい!」

 

と思うのが人情だ。

 

 

FEEだけで取引先を決めているわけじゃない。

 

経営者や人事の姿勢を見ている。

 

真剣さ、誠実さがあるかどうかだ。

 

 

クライアント側も同じだろう。

 

サービスが悪ければ25%でも頼まないが

 

良ければ35%でも頼む。

 

 

大切なのは

 

エージェント側の真剣さ

 

そして結果を必ず出すことだ。

 

 

求人依頼を受けた以上は

 

何とか結果を出さないと

 

相手にされなくなる。


 

 

 

 

「やれなかった 

 やらなかった 

 どっちかな」                                           みつを


 

 

 

合掌。

 

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
人材紹介会社への転職のご相談はお気軽にどうぞ
https://www.prof-s.jp/agent-shokai.jp/entry/

オンラインでのご相談も歓迎です。

10時から20時は、ランチタイム以外はだいたいおります。

 

03-5651-9651

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>