人材紹介コンサルタント25年史
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

「KPIは好きですか?」

「KPIは好きですか?」

 

 

KPI とは

 

企業目標やビジネス戦略を実現するために設定した具体的な業務プロセスを

 

モニタリングするために設定される指標(業績評価指標:performance indicators)をいい

 

その中で特に重要なものを指す。

 

 

この 「KPI」 という言葉をよく聞きますが

 

皆さん、好きですか?

 

 

要するに、プロセス指標を活用したマネジメントの事ですね。

 

しかし、この 「KPI 」 は

 

使う時とか、使い方とか、使う対象者を間違えると逆効果です。

 

 

この 「KPI」 を導入している人材紹介会社は大変多いですね。

 

・訪問件数、求人社数、求人件数、紹介件数、面接件数、内定数、辞退数、成約数

 

・スカウト件数、面談数、紹介件数、面接件数、内定数、辞退数、成約数

 

このような項目の数値をシステムから吸い上げて

 

個人別、グループ別、支社別、全社等の表を作成して

 

「さあみんな、何が良くて何が悪かったか?

 振り返って改善しよう!!」

 

というような事をやっていると思います。

 

 

実際、私もリクルート時代や

 

JAC時代にやってました。

 

その当時は 「KPI 」 という言葉は使われなかったけれど

 

「行動プロセス管理」

 

という名目でやってました。

 

 

更に、日常のマネジメントだけでなく

 

一部評価にも使っていました。

 

しかし、これがプラスだったか? マイナスだったか? 

 

賛否両論あるでしょう。

 

 

(プラス面)

・業績(結果)の原因分析がある程度できる。

・業績上位者や業績下位者の要因分析がある程度できる。

・業績下位者の指導ポイントがある程度わかる。

・近未来の業績予測がある程度できる。

 

 

(マイナス面)

・メンバーが 「管理されている感」 を持つ。

・「現場を見ずに数値だけ見て何がわかる?」 とメンバーの気持ちが遠ざかる。

・どうやって業績を上げるかという、具体的な実務指導がなければ意味が無い。

 

 

 要するに、モチベーションが下がるメンバーも多い。

  マネジメントする側の 「数字のおもちゃ」 になる場合がある。

 

 

特に、業績上位者にとっては

 

「結果が全てですよ。

 そんな数字は意味がないので無視します。」 

 

となる。

 

 

また、業績下位者にとっては

 

「結果が出せなくて焦っているのに

 それに追い討ちをかけないで。」 

 

となって退職者が増える。

 

 

結局、マネジメント側とメンバーとの間の信頼関係が無いと失敗する。

 

 

しかし、会社としては、

 

メンバー個々人に丸投げで

 

「結果は野となれ山となれ」 では怖すぎるから

 

ある程度信頼できるプロセス数値をコレクションするために

 

大きな労力を使う。

 

しかし、これが煮詰まると

 

マネージャーもメンバーも集計・分析スタッフも

 

みんな疲れてしまう。

 

 

今でこそ自戒を込めて笑っちゃいます。

 

「KPI 」 を否定するつもりはないのです。

 

会社として、事業部として、何らかの 「物差し」 は必要でしょう。

 

ただ、使う時、使い方、使う対象者を選んだ方がいいと思います。

 

 

例えば、新卒や中途新人などキャリアの浅い人には

 

ストレッチの材料になるでしょう。

 

それから、明らかに行動量の少ないメンバーにも。

 

 

メンバーと改善策を一緒に模索する時

 

メンバーに振り返りの資料として配布して

 

自分で考えてもらう時や

 

メンバーを誉める時など

 

「KPI 」 がモンスターではなく

 

メンバーにとっても有用な資料と認められるような使い方をした方がいいです。

 

 

でも、所詮はただの数字。

 

やはり、日常的な営業同行、面談同席

 

電話やメールでの具体的なトークや文章など

 

実戦的に踏み込んだ指導をしなければ

 

「KPI 」 だけでは人を育てる事はできません。

 

 

 

 

「点数

 にんげんはねえ

 人から点数を

 つけられるために

 この世に生まれて

 きたのではないんだよ

 にんげんがさき

 点数は後」                                   みつを  

 

 

 

合掌。

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
人材紹介会社への転職のご相談はお気軽にどうぞ
https://www.prof-s.jp/agent-shokai.jp/entry/

お電話でのご相談も歓迎です。

10時から20時は、ランチタイム以外はだいたいおります。

 

03-5651-9651

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「必ず経営者に会いましょう」

「必ず経営者に会いましょう」

 

 

先日も新規の企業様からお問い合わせいただき

 

人材コンサルタント(キャリアコンサルタント)の

 

求人をご依頼いただきました。

 

 

下記、先方の人事の方とのやり取りです。

 

 

人事:「これからどのような段取りで進めたらよいのですか?」

 

私:「まずは、社長様にお話をお伺いしたいです。」

 

人事:「え、そうですか?」

 

私:「はい。

   社長さんとお会いできない会社とのお取引は

   基本的にお断りしております。

   人材紹介会社の社長さんが

   自社の求人を依頼をするのに

   出て来られないというのでは熱意が感じられませんし

   御社の事もよくわかりません。

   結果として、私も力が入りません。

   それではうまく行かないからです。」

 

人事:「そうですか、わかりました。

    それでは社長にも出てもらいますので

         スケジュール調整します。」

 

私:「ありがとうございます。

   それではお伺い致します。

   宜しくお願い致します。」

 

 

人事の方にもすんなりご理解いただき

 

大変有難いと思いました。

 

 

私も1万人の会社の社長に

 

最初から出てくださいとは申しませんが

 

採用というものは

 

求人企業も人材紹介会社も

 

両方が本気にならないと成功しません。

 

 

採用は企業経営にとっても最重要マターです。

 

特に、中小オーナー企業の場合は

 

「社長がどのような人なのか?」

 

ということが採用活動において最も重要です。

 

「社長=会社」 ですからね。

 

 

そんなケースで社長にお会いできないまま仕事をするのは

 

靴の上から足をかくようなもので

 

私たちも良いお手伝いができないと考えています。

 

 

従って、そのような中途半端な事をしないために

 

僭越ながらあえて社長様に

 

お会いできるようにお願いしています。

 

皆さんも日頃からやっていらっしゃると思いますが

 

経営者に会う努力をしましょうね。

 

経営者と会って話をするのが

 

人材コンサルタントの仕事の醍醐味です。

 

できるだけ多くの経営者に会って

 

インパクトの大きな仕事をしましょう。

 

 


 

「いまから 

 ここから」                                       みつを


 

 

合掌。

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
人材紹介会社への転職のご相談はお気軽にどうぞ
https://www.prof-s.jp/agent-shokai.jp/entry/

お電話でのご相談も歓迎です。

10時から20時は、ランチタイム以外はだいたいおります。

 

03-5651-9651

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「忙しいから幸せ」

「忙しいから幸せ」

 

 

最近、大きな波が来て

 

急に忙しくなりました。

 

 

この状況は今年に限らず

 

毎年の事です。

 

 

急に忙しくなったり

 

急に暇になったり。

 

従って、もう慣れました。

 

 

たまたま今月は

 

面談や面接、進捗管理

 

クライアントとの打合せなどでびっしりです。

 

 

先日も

 

大手人材紹介会社のトップコンサルタントと

 

ご相談させていただきました。

 

さすがに元気なオーラが出ていました。

 

そんな人でも、それなりの悩みがあるのです。

 

 

また、著名な上場企業の人事マネージャーの方とも

 

ご相談させていただきました。

 

なんと、人材コンサルタント(キャリアコンサルタント)になりたいとの事です。

 

「自社採用だけでは

 応募者に提案できる選択肢が

 一つしかないので限界を感じる」

 

との理由でした。

 

 

更には

 

超大手企業で再生エネルギーの研究をしている方が

 

「環境ビジネスに特化した人材紹介会社を立ち上げたい」

 

というご相談もお受けました。

 

 

とにかく忙しくなって有難いです。

 

あまりに暇だと

 

「自分は社会から必要とされていない」 と思ってしまい

 

気分が落ち込みます。

 

ある程度忙しくないと

 

自分のアイデンティティーを実感できなくなります。

 

暇ほどつらいことはないです。

 

人は忙しいから生きがいを感じられると

 

実感している日々です。

 

お客様に感謝です。


 

 

 

「おかげさん」                                    みつを


 

 

合掌。

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
人材紹介会社への転職のご相談はお気軽にどうぞ
https://www.prof-s.jp/agent-shokai.jp/entry/

お電話でのご相談も歓迎です。

10時から20時は、ランチタイム以外はだいたいおります。

 

03-5651-9651

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>