人材紹介コンサルタント25年史
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

「退職する人。残る人。それぞれの言い分。」

「退職する人。残る人。それぞれの言い分。」

 

 

昨年はコロナ禍で

 

人材コンサルタントの業績が悪くなり

 

会社の業績も雰囲気も悪くなった

 

というケースも多かったです。

 

 

その結果

 

①退職した人。

 

②何とか我慢して、今の会社に残った人。

 

③コロナを跳ね返して、高業績を上げた人。

 

という感じで、概ね三つのタイプに分かれると思います。

 

 

深い理由はご本人にしかわからない部分がありますし

 

最後は個々人の選択です。

 

 

仲介業者の私としては

 

①②③どのケースに関わらず

 

できるだけフラットに先入観を持たず

 

皆さんのお話を傾聴するように心掛けております。

 

 

皆さん、人間ですから

 

在籍されている企業に対して

 

ネガティブな意見もあるし

 

ポジティブな意見もあります。

 

 

・業績悪化に伴って、会社が急にリストラを始めた。

 

・以前に増して、KPI管理が厳しくなった。

 

・緊急事態宣言下なのに、強制的に出社させられている。

 

・年収が大幅に下がった。

 

・短期的な組織改変が多くて、落ち着いて働けない。

 

などなど、不満をあげるとキリがありません。

 

 

その一方で

 

「昨年は確かに辞めた人が会社としても部署としてもに多かったです。

 私の部門は●人一気に辞めてしまい、結構大変でした。

 あまりに同タイミングで●人も辞めてしまったので、

 私も上司からはかなり心配されましたが、

 前職の方が離職率が高かったのであまりなんとも思いませんでした。(笑)

 おっしゃる通り、会社の成長ステップとして仕方なかったのだなと思っています。

 (辞めてしまったのは『やっぱり…。』と思う方ばかりでした)

 会社として目指す本質は明確であると思っているため、

 もっと色々なことを吸収して、

 自分のスキルアップと共に会社に貢献できればと思っています。

 頑張ります!」

 

というような、大変前向きな意見もあります。

 

同じ人材コンサルタントでも

 

これだけ大きな違いがあります。

 

 

更に、現場のコンサルタント、マネージャー、部長、役員など

 

役職や責任、立場によっても

 

物事の見方や見解が大きく違います。

 

「本当は言いたくないけれど

 自分の役職や責任として

 メンバーには厳しい事を言わないといけない。

 業績が悪いとか、KPIも達成できていないとか

 改善努力が見られないとか

 そういうメンバーには厳しい事を言わざるを得ない。」

 

と、おっしゃって悩んでいる管理職も多いです。

 

これはこれでストレスが高いですよね。

 

 

個人的には

 

「普段のコミュニケーションが少ない」

 

という事が原因だと考えます。

 

 

景気が良くても悪くても関係なく

 

普段からお互いに本音で

 

コミュニケーションを取っていれば

 

簡単に信頼関係は損なわれないと思います。

 

 

平常時からお互いに興味関心を持って

 

積極的にコミュニケーションを取っていれば

 

急に信頼関係が損なわれる事は無いし

 

急に業績が落ちる事も少ないし

 

仮に業績が落ち込んでも

 

多くの退職者が出る事は無いと思います。

 

 

「それが、なぜできないのか?」 というと

 

マネージャーもメンバーも

 

内向きの無駄な仕事が多過ぎて

 

一番大切なコミュニケーションを取る時間が

 

不足しているからではないでしょうか?

 

 

従って、不要不急の社内業務をいかに減らすか?

 

そんな社内業務のリストラが必要だと考えます。

 

こんな時こそ、社長さんに

 

「みんな、お客様の方を向いて仕事しようぜ!!」

 

と、言っていただきたいです。

 

 

 

 

「間口をひろげると

 奥行は浅くなる」                                   みつを

 

 

合掌。

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
人材紹介会社への転職のご相談はお気軽にどうぞ
https://www.prof-s.jp/agent-shokai.jp/entry/

お電話でのご相談も歓迎です。

10時から20時は、ランチタイム以外はだいたいおります。

 

03-5651-9651

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「先入観を持たず話そう」

「先入観を持たず話そう」

 

 

初対面で

 

企業と接する時も

 

人材と接する時も

 

事前準備は大切ですね。

 

 

事前にHPやIR情報を読んだり

 

履歴書と職務経歴書を熟読したり

 

そういう事は当然のように

 

皆さん、実行されていると思います。

 

 

それによって

 

初対面でもスムーズにコミュニケーションできて

 

お相手から信頼される事も多いでしょう。

 

 

ただ、事前準備によって

 

イメージを固めすぎると

 

「御社は〇〇ですよね」

 

「貴方は●●ですよね」

 

というような、偏った見方になってしまい

 

お相手に違和感を感じさせて

 

前向きなコミュニケーションが取れない可能性もあります。

 

 

従って

 

事前準備はあくまで予習であって

 

実際のコミュニケーションの方を重視する

 

という、柔軟な姿勢が大切だと思います。

 

 

むしろ

 

「事前準備で調べた事と

 本当の実態が意外と違うなー」

 

と感じて

 

より深くお相手を知ろうとする姿勢が

 

大切だと思います。

 

 

そうでなければ

 

人と人との直接コミュニケーションは不要で

 

ネットなどでオープンになっている情報だけで

 

お客様を判断する事になってしまいます。

 

 

ですから

 

・事前準備は大切です。

 

・しかし、事前情報で決めつけてないようにしましょう。

 

という事です。

 

 

間接情報と直接情報との両方をあわせて考えて

 

お客様との良好な関係をつくりたいですね。

 

事前の予想と

 

お相手の実像とのギャップがあるかどうかを確かめるのも

 

ワクワクしますよね。

 

 

 

「土の中の水道管

 高いビルの下の下水

 大事なものは

 表に出ない」                                        みつを

 

 

 

合掌。

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
人材紹介会社への転職のご相談はお気軽にどうぞ
https://www.prof-s.jp/agent-shokai.jp/entry/

お電話でのご相談も歓迎です。

10時から20時は、ランチタイム以外はだいたいおります。

 

03-5651-9651

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「転職1年後の朗報(Aさんの場合)」

「転職1年後の朗報(Aさんの場合)」

 

 

先週金曜日のブログのYさんに続き

 

やはり、1年前に転職されたAさんから

 

下記メールのような朗報をいただきました。

 

 

Aさんは、まだお若いのですが

 

大変しっかりされていて

 

向上心と度胸もある方なので

 

私と大東も自信を持って送り出しました。

 

 

武谷様 大東様

 

大変ご無沙汰しております。

Aです。

お元気でしょうか?

 

X社に入社し、1年があっという間に過ぎました。

丁度、評価フィードバックがありましたので、

ご報告もできればと思い、メール致しました。

 

昨年は〇〇〇〇万円の目標に対し●●●●万円と達成して1年を終えられ

おかげさまで大幅に昇給しました。

とても嬉しいです。笑

 

まずは、大前提としてお客様に大変恵まれました。

 

また、前職では余り得意ではなかった

対企業に向き合うことに奮闘した1年でして、

そもそもそこに自分として課題感を持っていたんだなあ、

と気づかせてくれた上司やチームメンバーにも恵まれました。

 

お恥ずかしい話、正直厳しいクレームもいくつかいただきましたが、

今まではよそよそしい上辺だけの営業しか出来ていなかった事、

採用が企業にとってどれだけインパクトがあるのか?

という重大さにも同時に気づけ、

クレームも含めて大変充実した1年となりました。

 

そして対候補者様の面談も、

部長の●●さんからは

入社時の『最後に必ず求人に応募してもらおうとする面談』から

だいぶ良くなったとおっしゃって頂けました。

(前職がいかに自分本位だったのだろうと、本当に反省しました…)

 

兎にも角にも、

仕事に対するスタンスやお客様との関係構築において、

新しい気づきを与えてくれ、

みんなでもっと良くして行こう!と切磋琢磨する環境であることが、

自分を高めようと努力できる要因でもあると思います。

そういった環境であるX社にはとても感謝しています。

 

最近、自発的に学びたいと思うようになったり、

『どうしたら価値あるエージェントになれるか?』と考えたり、

たまに苛立つこともありますが、

その度に『どうなりたいんだっけ?』と思い出せるくらい心に余裕を持てるようになり、

前職と比べてマインドが全て良い方向に向くようになりました。

 

実は、武谷様と大東様にご紹介頂く半年程前、

X社は『数を追う会社だ』と噂で聞いてまして、

それであれば転職する意味ないなと思った事があったのですが、

そういった所もお二人からお話を聞いた事で払拭され、

実際に入ってみて全然違ったなと感じました。

お二人がいらっしゃらなかったら、

きっとX社には入社していなかったかもしれません。

 

そういった意味でも本当にご支援頂き感謝しています。

ありがとうございました。

今年は優秀コンサルタント表彰を受けられるように頑張ります。

 

私なんかでもお役立ち出来そうな事がございましたら遠慮なくご連絡ください。

長文失礼しました。引き続き宜しくお願い致します。

 

以上。

 

 

コロナ禍での1年目にもかかわらず

 

初年度からハイ達成されたのは

 

期待通りのご活躍です。

 

 

しかし、Aさんにとっては

 

対企業、対人材、それぞれに課題があって

 

クレームも含めて自らの課題に正面から向き合い

 

試行錯誤、全力投球の大変な1年だった事がわかります。

 

 

私のような凡人なら逃げ出すところですが

 

Aさんは絶対に逃げないで

 

自分の課題に気づき

 

自分の問題として自責の精神で受け止め

 

改善努力を積み重ねて

 

一つ一つのハードルを越えて

 

成長して行きます。

 

 

実は、転職されて間もない時に

 

Aさんの上司の部長さんから

 

「久しぶりの逸材です。

 Aさんは、勝手に吸収して勝手に成長しています。」

 

というメールをいただき

 

私たちは安心していました。

 

 

ただ、Aさんご本人にしかわからない

 

様々な悩みや葛藤があった

 

大変な1年だったと思います。

 

 

そして、最後に

 

「今年は優秀コンサルタント表彰を受けられるように頑張ります。」

 

という、自信あふれる力強い決意表明があり

 

逆に、私たちが喝を入れられました。(笑)

 

 

Aさんの将来には、楽しみしかありません。

 

Aさん、元気をいただき、ありがとうございます。

 

また、Aさんを育んでいただいた

 

X社様の皆様に、心より感謝致します。

 

誠にありがとうございます。

 

 

 

「ともかく具体的に

 動いてみるんだね

 具体的に動けば

 具体的な答が出るから」                               みつを

 

 

合掌。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
人材紹介会社への転職のご相談はお気軽にどうぞ
https://www.prof-s.jp/agent-shokai.jp/entry/

お電話でのご相談も歓迎です。

10時から20時は、ランチタイム以外はだいたいおります。

 

03-5651-9651

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>