熊本殺処分ゼロの現実 八代保健所からのSOS 命のバトン | 高野由磨子(有美子)のブログ 

高野由磨子(有美子)のブログ 

  世田谷だってパリだって
大好きな人が暮らしていれば・・・
素敵に決まってる!   
強引で強欲な社長の私が
 この町八代で巻き起こす
楽しくって笑える日々
走り回って怒ってお洒落して
一緒に悩む日々を毎日!
私らしくお伝えしちゃいます!


追記します!

追記

里親希望の挙手ありました

キタロー 助かります

ありがとうございます


しかし 八代保健所

今日も更に収容が続いています

引き続き 保健所犬 保護犬を

どうか応援してください!







5月に 保護収容された犬
元猟犬 針金で首を絞められ 体中に傷を負い
餓えて やせ細っていた犬
 
キタローのこと
https://ameblo.jp/tbld64/entry-12277858956.html

 

 

 

今春 熊本県は 殺処分ゼロを掲げました

大きく 変わる 前進する・・・・ そのはずでした

 

現実は 

処分施設だった場所が 看板が変わり 愛護センターになり

そのセンターは いま 「地獄」とさえ呼ばれています

日々 センターに通うボランティアさんが

「死んだ方がまし」と 心が折れる場所に・・・・

 

 

譲渡対象として管理されている子たちとは別に

各保健所県内10か所から 毎週回収される犬たち

 

狭い 以前の処分準備柵内に 押し込められ

日に 風に当たることも 撫でられることも

名前を呼ばれることもなく 集団で管理され

感染症の発症と 犬同士の争い事故の恐怖におびえ

震えている犬たちが 「殺されない=生きる」

 

それは もう 地獄

 

 

私たちは それを実際に見ているし 知っている

だからこそ 八代保健所から回収車にのせることを

みんなで 力を合わせて回避してきました

 

踏ん張って来ました

 

しかし それは 実は ルール違反でもあるのです

 

迷子 保護犬が 入るスペースがなく収容できない 

それは 保健所としての行政機能をしていないことになる

 

どんなに場所を考えても 整備しても 

次々に入って来る子たちがいる限り 

もう どうにもならない

 

 

出来ることは全てやりました 

必要と思われる 考えられることは全てやっています

 

避妊去勢 医療サポート  シャンプー 散歩ケア

連携での引き出し預かり保護  フードの備蓄

日々の清掃管理 消毒 休日の作業補助

広報活動  里親探し  SNSでの発信 

収容スペースの増設も行っています

 

私たち無償のボランティアは 行動でしか救いだせない

命があることを 知っているから・・・・

 

 

他人のことをあれこれ批判している

そんな場合ではない そんな時間がない

そんな情報よりも 犬たちのことを・・・・

もっと知って欲しい 

 

影で 何を言われても 

強い思いで まっすぐな覚悟で

向き合ってきました
 
 
けれど 目の前に 迫る現実から
逃げることができなくなりました
 
この春から 熊本県内全体で 譲渡への勢いが激減しました
 
殺処分がない ということは 命の期限がない
危機感が  まったく違うのです
 
きっと誰かが助けてくれる 殺されないからいいじゃないか
 
そんな 表面しか伝わらない世間の流れの中で
 
行き場を失くした命たちを
必死に 抱きしめて
途方に暮れているのです
 
 
 
八代保健所は ついに 
その決断をする時が来ました

 

 

次回の回収車要請

 

収容期限の長い子からの センター行きです

 

キタローに 回収車要請の期限が付きました

 里親希望の方があらわれない場合

 回収車センター行きとなります

 

{0308D8D7-957F-42DF-8F21-0B1EA0D4D319}
あのね キタロー・・・・
 
あなたが 変わろうと努力をしていることを
私たちが 一番知っているよ
 
 
 
 

 

あなたが がんばっていることを

私たちが ちゃんと見てるよ

 

{42FA03B6-7DE9-43B1-A6E8-D78F3B1A9707}

 

 

 

 

 

 

猟犬として 満身創痍で 人を守り

 

命がけで生きてきた犬は・・・・

 

 

{3199D0C8-67F9-4AD6-852D-FD850C939991}
 
ここで 大事にされるということ学びました
 
 
人の声は 
仕事をしろと けしかける  罵声ではなく

 

 

 

{ACDF2005-0DE6-4FF1-A9C1-682C23725E17}

 

おはよう キタロー とあいさつをして
一緒に考えようと 誘う声
出来たね お利口だねと 褒める声もあることを
 

 

 

 

{0E3AE0DD-C2FF-4698-9CCA-1CA7BE6C0A32}

 

 

シャンプーをして 清潔にすること

獣臭が染みついていた犬は

自分の糞尿を擦りつけていた犬は

 

足湯も大好きな 綺麗好きになりました

{ABE4D59C-916C-4A32-BDF2-D19F65BCDD1E}

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お日様の下は 明るくてあたたかい

 

 

洗いたてのタオルは 優しいことも知りました

{BC220038-53FF-4450-AE67-ABE6A1F1EB9B}

 

 

 

 

 

 

怪我をした傷痕は

 

薬をつけて 痛さも癒えていくことを知りました

 

{99C64EA5-6330-405E-99B8-241BB57D71DA}
 
苦手な事 嫌な事があったら
助けてくれる人に 甘えて擦り寄れば
大丈夫だよと 両手で包まれる安心を覚えました
 

 

 

 

{09E5A849-5A6F-4C3C-BA2B-60F0A652F4E2}

 

 

 

 

コンクリートの床 すのこにも

 

上手に乗れるようになりました・・・・

 

 

頑丈な

檻の中で暮らす日々で・・・・

 

 

{7DF65E0B-3A4C-4ABB-8C29-8B1B09191ADB}

 

 

 

あなたを助け出す

 

 

この扉をあけることができるのは

 

職員さん ボランティアではなく

 

本気の覚悟と 愛で

家族に迎えてくれる人だけだと

 

キタローは その縁を 信じて待っています

{01374452-8F91-425D-8A8C-1DFF1D6488E8}

 

 

 

キタローの里親さんを

 

新しい家族を 緊急で募集しています
どうか どうか キタローに
本気で向き合い 愛と覚悟で 守ってくれる
ご縁がありますように・・・・
 
 
変わらなければならないのは
私たち人間です 無知 無責任 無関心を
どうかまっすぐな 愛にかえて・・・・
 
つながれ 命のバトン!!!!

 

 
 
 
 
問い合わせ先
八代保健所
0965-33-3198
 
※ はちボラのサポートで 県外への譲渡もお手伝いいたします
  (空輸対応可能地域 東京羽田・関西神戸 費用実費請求ご負担となります)
  
 
※ キタロー 去勢 ワクチン済ですが
その費用の請求を里親さんにすることはありません
すべて私たちの はちボラ基金 医療サポート協力で行っております
 
※ご意見や安否確認は 業務の支障となります
本気の里親希望の方のみ お問い合わせください
 
長文になりますが 皆さまのご協力
シェア 拡散をお願いします
 
 
 

高野由磨子(有美子)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります