「牛の薮入り」は田植え前か後か?(1) | 晴耕雨読 -田野 登-

晴耕雨読 -田野 登-

大阪のマチを歩いてて、空を見上げる。モクモク沸き立つ雲。
そんなとき、空の片隅にみつけた高い空。透けた雲、そっと走る風。
ふとよぎる何かの予感。内なる小宇宙から外なる広い世界に向けて。


テーマ:

先日5月7日(月)大阪区民カレッジ北校で
「梅田の「牛駆け粽」の世界-大阪市北区の民俗」を
話しました。
阪俗研会友でもある聴講者の林晴夫さんに
感想を求めましたところ、
メールをいただきました。

 

「牛の薮入り」は田植え前か後かに
聴講の皆さんにもお答えせねばと思い、
あえて全文を載せます。
(以下「林レポート」と表記します。)
◇久方ぶりの田野先生の受講でしたが、
 田野節、相変わらずの絶好調。
 カレッジの事前案内によると、今回の講義は「梅田牛駆け粽」。
 ???、確か三年前のテーマは「牛の藪入り」だったが。
 今回は「粽」がテーマの一つなんや?!
 講義の序盤「北区の民俗」、教室のムードは「ふう~ん・・・」。
 続く「梅田の場所」になると「ふむふむ!」。
 後は午睡も何処へやらで、「粽の解説(?)」には「なるほど」の大納得。
 アッと云う間の2時間でした。

 

以下、田野による書き込み。
ここまでは講義の雰囲気です。
これからの「独り言」に
ボクは踊らされたのです。
◇以下は独り言です。
 三年前の受講時「5月5日なのに藪入り・・・、
 農事は未だ忙しいのでは」と、
 チョット頭の隅に引掛りあったのですが、
 何せ当時は、初めての民俗学で

 「まあ~そういう事なんや」で忘却の彼方。
 でも、今回の受講で何となく合点が行きました。
 資料文献の著者の多くは江戸時代の人、 

  ならば5月5日は旧暦。
 成程「牛の藪入り」やったんや。

 

以下、田野による書き込み。
林レポートによれば
旧暦の5月5日に注目して「牛の藪入り」が
腑に落ちられたようですが、
田植え前か後かの問題では、
ボクは俄然、心穏やかでなくなりました。
すわ大事。
旧暦の5月5日は何の日?
子どもの日?端午の節供?
それがどうして「牛の藪入り」なのでしょう?

 

先ずは*『広辞苑』で「薮入り」の見当をつけましょう。
  *『広辞苑』:新村出編2008年『広辞苑第6版』岩波書店
◇奉公人が正月および盆の16日前後に、
 主家から休暇をもらって親もとなどに帰ること。(以下略)

これでは「奉公人が親もとなどに帰る」だけであって
「藪」が「親元」とでも云うのでしょうか?

 

語源に詳しい*『大言海』を繰りました。
  *『大言海』:大槻文彦・大槻清彦著『新編 大言海』

    1982年、冨山房
◇やぶ-いり(名)薮入
 [遊山、踏青ト同意、藪ハ草深キ義、
 都ヨリ草深キ田舎ニ帰ル意ナリ、
 野径ニ逍遙スルヲやぶいりト云ヒケム、・・・

 

「藪ハ草深キ義」とあり、
都に対する「田舎」と読み取られます。
されば、誰が田舎に帰るのでしょうか?
『広辞苑』のごとく
「奉公人」で済ませて良いのでしょうか?
次回、『大言海』の記事を追います。

 

究会代表 
『大阪春秋』編集委員
大阪あそ歩公認ガイド 田野 登

 

田夫野人(田野 登)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。