表徴から見える「浦江」 | 晴耕雨読 -田野 登-

晴耕雨読 -田野 登-

大阪のマチを歩いてて、空を見上げる。モクモク沸き立つ雲。
そんなとき、空の片隅にみつけた高い空。透けた雲、そっと走る風。
ふとよぎる何かの予感。内なる小宇宙から外なる広い世界に向けて。


テーマ:

浦江の表徴とは何なのでしょう。
今春、シリーズ《福島区の「浦江」を探す》では、
浦江の表徴を鉄道駅の
福島区名所案内に探しました。
ここでは図像として有効な3点を取り上げます。

いずれも「浦江聖天」にあしらわれた

「浦江」です。

 

①地下鉄千日前線野田阪神駅2番出口の
「福島区史跡マップ」の浦江は、
これでした。
写真図1 「福島区史跡マップ」の浦江

「松尾芭蕉の句碑 浦江聖天」と書かれ、
カキツバタの咲く
池に
枝垂れかかる木の下に
「杜若語るも旅のひとつかな」の句碑が
描かれています。

 

②阪神本線野田駅前広場の
「曾根崎通イラストマップ」の
福島区の「浦江」はこれです。
写真図2 「曾根崎通イラストマップ」の福島区の「浦江」

「浦江聖天」と書かれた下に
池と
カキツバタが描かれています。

 

あと1点は
③阪神本線福島駅の
「福島区の史跡・旧跡」です。
写真図3 阪神本線福島駅「福島区の史跡・旧跡」

「浦江聖天芭蕉の句碑」と書かれ
左下には
「かきつばた語るも旅のひとつ哉 芭蕉」の句碑と
松尾芭蕉翁の姿が描かれています。
これには、カキツバタの形が描かれずに
句碑の文字に「かきつばた」が見えます。

 

①地下鉄千日前線野田阪神駅「福島区史跡マップ」
②阪神本線野田駅前広場の「曾根崎通イラストマップ」
③阪神本線福島駅の「福島区の史跡・旧跡」の3点に
描かれている図は
カキツバタ、池、芭蕉句碑、芭蕉翁です。

 

表徴から見える「浦江」と云えば
芭蕉の句碑が立つ
杜若の咲く池のある場所なのです。

カキツバタは、
池沼や湿地に生じるアヤメ科の多年草です。

 

明治の末からの急激な都市化による
地形の変貌が著しく、
実態はともかく、
「浦江」は表徴としてのカキツバタを
今日なお伝承しているのです。

 

この表徴から見える浦江像を溯るに、
少なからず影響を及ぼしたのは
錦絵「浪花百景 うらえ杜若」であると
ボクは推測します。
絵解きをしたくなります。

 

究会代表
『大阪春秋』編集委員
大阪あそ歩公認ガイド 田野 登

 

田夫野人(田野 登)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。