アネモネ5月号・竹内文書特集 | 竹内文書の世界を旅する三和導代のブログ

竹内文書の世界を旅する三和導代のブログ

竹内文書の研究家・高坂和導の遺志を継ぎ、三和導代が古代スメラミコトの足跡をたどり、世界を旅するブログ


テーマ:

三和 導代 です。

 

昨日までの美しい昨年の桜の季節が終わりを告げ、今日は一日冬のような底冷えの日となりました。

 

雑誌アネモネAnemone 2019年5月号が昨日発売となりました。今回は光の時代を開く、神国日本の叡智というタイトルの中で竹内文書が取り上げられています。

 

そこには皇祖皇太神宮第68代管長・竹内康裕氏、第73世竹内睦泰氏、スピリチュアルサイエンティスト飛鳥昭雄氏、そして三和導代のインタビューが掲載されています。

 

それぞれ違った立場の面々が登場するのという前代未聞の奇抜な特集であります。とても面白い企画だと思います。

 

高坂の書きました超図解・竹内文書のエッセンスをうまくまとめた記事も掲載されています。そして私のインタビューと若き頃の高坂とのエジプトでのツーショットもありますよ。

 

その他、神代文字、カタカムナ、ホツマツタヱなども同時に勉強できます。

 

一般の方々にもわかりやすくまとまっているかと思います。ご教にのおありの方は是非、お読みください。定価870円ですのでランチ1回分で購読できます。写真がとても美しいです。

三和導代さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ