• 19 Nov
    • インドネシアへ

      三和 導代 です。8か月ぶりに海外に出ます。行先はインドネシアです。インドネシアは島国、そして多民族国家ですので、様々な民族の文化や生活に触れることができるアジア最大の観光立国ではないでしょうか。これまでのジャングルを長靴をはいてぬかるみを歩いたり、テント生活を送ったりと、文明社会とは隔離された様々な人々の生活を体験してきました。しかし今回はずっとおとなしい島です。数か月のお休みの足慣らしの穏やかなコースです。今日は私の大学が試験会場となった検定試験を受けてきました。この検定が一つの目安でしたので、実は3月に仕事を切り上げる際の一つの目安としていました。そして明日から出発です。大学も以前の校舎とはがらりと変わり近代的なビルとなった教室がとても珍しくもあり、久々の母校へ足を踏み入れると同時にかつての学生時代の生活が蘇ってきました。怠け者で勉強をしない学生時代であったのです。一体何をしていたのでしょうかね・・・・・

      NEW!

      2
      テーマ:
  • 18 Nov
    • 子供の頃の夢

      三和 導代 です。子供の頃の夢は? 以前に私はブログで書いたかもしれませんが、中学1年生の英語の授業で、将来は何をしたいですか。という質問がありました。その頃は、まだまだ英語力がおぼつかない初心者でしたが、日本人で英語を教えるか、外国人に日本語を教えたいとことことを鮮明に覚えています。日本で英語を教えるという仕事はすぐに達成できましたが、その後は兼高かおるさんの影響を受け、様々な海外に向いていましたので、海外制覇はできましたが、中学1年生の時の夢の一つである外国人に日本語を教えるという仕事のことはそのままとなっていました。そして今年になって思わぬところからのオファーにより、かつての夢を達成する運びとなりました。しかも生徒には私の好きなアフリカ大陸からの学生もいます。生徒は私の子供より若い青年たちばかります。夢は夢でなくなりました。夢はかなうものでのです。そう、金高かおるさんから以前に表彰状をいただいた時の感動を今でも忘れません。ひとつひとつステップアップし夢が現実かしていくことは本当に楽しいですね。そして来週の月曜日から、また新たなる仕事が違う形態で再開されます。将来は決して決まったものではありません。一つの想いから始まり、その目的を声にして、実行していくことの三点セットでの展開の繰り返しが夢達成の鍵となってくるのではないでしょうか

      3
      テーマ:
  • 16 Nov
    • 再び海外へ

      三和 導代 です。3月末より、ずっと日本におりました。その間、様々な勉強、そして国内を巡ることができました。今後もベースは日本を拠点に動きたいと思っています。様々な理由にて、完全に海外への渡航を辞めるわけには行けない現状です。もともと好きな仕事ではありましたが、現役を退いても、引手あまるお声をかけていただき、本当に感謝感謝の想いで一杯です。再開します。私の仕事は常に対人間相手の仕事でしたが、お陰様で本当に豊かな経験、人生を歩むことができました。何でその年でそんことを何てと思われる方もいらっしゃいますが、これは現代のIT社会、パソコン相手では決っして味わうことのできない楽しさなのです。取り留めのないお話でしが、またまた裾野が広がり、手がつけられない現状ですが、私にしかできないことを優先にやっていかなければならないと肝に銘じています。

      3
      テーマ:
  • 15 Nov
    • 夢はかないます

      三和 導代 です。夢とは何でしょうか。夢がありませんと、かなうべき達成もありません。夢は実現させるもの、そして実現するものだと思います。未来は全く決まっていません。人生は決まっていないのです。楽しくするのつまらなくするのも本人次第だと私は常々思っています。決して人のせいにはしないでください。明るい未来を描きませんか。そしてにっこりと、周囲にどう思われようともポジティブに笑顔で夢に向かってるきませんか。私は常々申し上げますが、棚ボタはないのです。もしかすると一瞬、ラッキーと思うことがあったにせよ長続きすることは内でしょう。常に夢を持ち、そして笑顔を忘れずに努力することが大切なのではないでしょうか。ポジティブな発想で笑顔で夢を是非、私と一緒にかなえてみませんか。

      2
      テーマ:
  • 13 Nov
    • 水の結晶カレンダー

      三和 導代 です。今年も残すとことろ一か月半となりました。この時期は来年に備えて、手帳とカレンダーを用意する時期です。やはり使い慣れたものが便利です。カレンダーはここ数年、迷わず江本勝先生がお元気でいっらしゃる時から、水の結晶のカレンダーを我が家では飾っています。今年のテーマは「世界平和12のキーワード」がテーマです。言霊の重要性を水が記憶し、結晶として私たちにその現象を見せてくれます。愛、感謝のカレンダーです。言霊を大切にしていきましょう。

      2
      テーマ:
  • 11 Nov
    • 竹内文書2 英語版とイタリア語版が完成

      三和 導代 です。英語版とイタリア語版が完成しました。出版社の印刷の関係で英語版の写真等の色が薄くて見えないというご指摘もいただきました。この本を翻訳、出版してくださいましたイタリア在住のデニスさんを通して出版社に連絡済みです。その際に竹内文書3(つまり、現在ヒカルランド社からでている「竹内文書でわかった太古の地球共通文化は縄文JAPANだった」)のイタリア語版の出版が決まったいううれしいお話です。今年は日本語版1冊、英語版2冊、イタリア語版2冊を書籍として皆さまにお読みいただけることとなりました。イタリア在住のDennis Mitchamson 氏によるご尽力です。心より感謝申し上げます。

      1
      テーマ:
    • 縄文紀行セミナー

      三和 導代 です。世界漫遊紀行セミナーが終了し、来年から異星体文明と日本の縄文紀行文明に関してのセミナーを開催したいと考えています。第1回目は来年の1月20日(土)となります。これまで同様、東京・代官山のサロン・ドゥ・コロナが会場となります。時の流れをともに指針は変わらずとも活動そしてセミナーの内容が異なってきます。竹内文書からさらに地球の歴史の原点について考えたいと思っています。地球人のルーツに関して、今後は取り組んでいく予定です。

      1
      テーマ:
  • 10 Nov
    • 日本大好きな外国人から

      三和 導代 です。外国での私の体験が今は、全く逆の立場で、外国から観光、または滞在するために来日した方々から様々な日本や日本人に対する感想を最近はよく耳にします。ちなみに口々にされることは日本の治安の良さ、これはプラス面のお話です。でも日本人のシャイな面がとても外国人にとっては不親切、あるいはあまり優しくなく映ってしますことが多いようです。外国人が訪れる際頻度が一番多いとところはどこかご存知ですか? 実はコンビニなのです。 観光客はお土産もここで買いますし、長期滞在時にはここでさまざまなチケットの支払いをし、チケットを受け取ります。でも例えばその購入したチケットのコンサートが主催者側でキャンセルになった場合は、そこで購入した外国人は知らずに購入したコンビニに行きますね。さあ、どのような対応をされますか?もちろん、コンビニでは払い戻しはできません。当然です。しかしそこで断るだけでよいですか。調べれば、(今はネットですぐ調べられます。)すぐに対処の仕方は分かるはずです。「ここでは払い戻しができません。」と言われましたら、「そうですか と日本はこういうシステムか、まあ残念」と思うだけで終わってしまかもしれませんが、これで本当に良いのでしょうか。実は身近な外国人の人々から、思いがけないコンビニのクレームを沢山きいています。人手不足で手が回らないのかもしれませんね。でも一同落とした信用は取り戻せないのです。旅に出て、異国の土地でその土地の人に人声かけてもらい、親切にしてもらうことがどんなにうれしいかは私自身が海外生活が長かったのでよくわかっているつもりです。ちょっとした優しさが、日本への評価が最大限に上昇することも考えられます。「おもてなしのこころ」を忘れないように私自身の気をつけていきたいと思います。

      4
      テーマ:
  • 04 Nov
    • 浅草。白鷺の舞

      三和 導代 です。昨日は文化の日でした。秋晴れの実に気持ちのよい一日でした。数年ぶりに浅草の浅草寺にお参り、赤い吾妻橋に行きする船をながめのに行ってきました。たまたまですが、浅草の参道を歩いていますの沢山の人だかり。そう、今日は白鷺の舞の日だったのです。この催しに40年貢献されている女性が表彰されていました。白鷲の舞とは、昭和43年11月に明治100年を記念しての行武者、棒振り、大傘、白鷲、山車と楽人、守護童子らが、白鷺をかたどった平安装束に身をかためて舞い踊りながら一巡する様子は、大変きらびやかな世界でした。子供から大人まで伝統を守り続ける姿に感動を覚えました。そして浅草に食べ物屋さんが多いことにも本当にびっくり、そして外国人の方々も。雷門の前には立派なツーリルトインフォメーションの設置され、地下には無料のトイレが解放されていました。さすが日本です。日本はどのにでも清潔なトイレがあるのは世界的には珍しい現象です。日本の素晴らしさは治安の良さとこのトイレの設備です。

      3
      テーマ:
  • 02 Nov
    • 日本語ブーム

      三和 導代 です。数か月前からから依頼されたフランス語圏の人々に日本語を教える活動が活発となり、うれしい悲鳴を上げています。今後もこの日本語ブームは海外から見直される時代に入ったようです。私はいつも夢をかなえるべき沢山の新しい出会いを通して現在沢山のことを学んでいます。その結果がどうであれ、私にしかできないことが必ず私にやってくることを信じてフル回転しています。二足、三足、四足以上の欲張り生活ですが、あせることなくしかし前進のみで進んでいます。全く予期しなかったこと、それは日本語を素晴らしさを伝える活動が多忙になったことです。今後はこれまでの勉強と並行して、仕事をしながら新たな展開を開始する予定です。その前段階として今月はこれまでの海外活動の一部を復活、しかしメインは日本での仕事、つまり海外の人々に日本の文化、歴史の深さ、さらに地球人のルーツなどを探る研究に・・・と思っています。毎日がハプニング続きで、実に楽しい人生です。今世でやり遂げるべきことは何かわかりませんが、与えられた出会いに感謝しながら今後も活動を続けたいと思います。

      2
      テーマ:
  • 31 Oct
    • イタリア語版・竹内文書2完成、販売開始

      三和 導代 です。竹内文書Ⅱのイタリア語版が完成、出版販売がスタートしました。以下のLULUから購入が可能です。http://www.lulu.com/shop/kosaka-wado/takeuchi-documents-ii/paperback/product-23347500.html今年になって英語版2冊、イタリア語版2冊と海外向けの本が新たに翻訳され、発売となりました.Paperback, 290 Pages

      1
      テーマ:
  • 29 Oct
    • 20年前のシュメール紀行

      三和 導代 です。恒例の玉響の原稿に久々に高坂が残した著述をと思い、本棚をあさって出てきたのが20年間にシュメール紀行、つまりイラクに行った際の調査記が出てきました。当時、皇祖皇太神宮にて発行していました「顕彰」という会報誌に掲載されたもとです。その中で竹内文書に登場する五色人の中ひとりのヨイロバアダムイブヒ赤人女祖氏はアダムイブとは別人であるという説を高坂が唱えてしました。私はこれまでヨイロパアダムヒ赤人女祖氏は聖書に登場するアダムイブと同一人物であるとばかり思っていました。しかし彼の説は正しいことがわかりました。アダムイブはやはり地球人が他の異星人によってDNA操作によって創造されたのがイブとアダムでした。聖書では神より創造されたことになっていますが、神とは他の異星人でありました。竹内文書にもアダムイブは登場しませんが、真実を探求する上では大きなヒントとなる文献であります。

      4
      テーマ:
  • 28 Oct
    • 神人さんのライブへ

      三和 導代 です。今日は土曜日で、本来はインバウンドスクールの講義の日ですが、今日は欠席し、千葉市で開催されましたシャーマン・神人さんのコンサートです。シャーマンとミュージシャンの仕事をされています。神人さんとの出会いは高坂が亡くなった後、お世話になりました木更津の涌井孝子さんからのご紹介で13年前にコンサートと霊伝をいただきたのが最初でした。そして2年前に再会し、今日に至っています。神人さんの仕事はシャーマンです。えー?シャーマン?という方はいらっしゃいませんか。世界中にはシャーマンを職業とした方はたくさんいらっしゃいます。私はたくさんのシャーマンに会ってきました。世界ではれっきとして認められている職業です。共通点はアニミズムであります。全ての自然界に魂が宿るという考え方です。私が現在、研究している縄文、アイヌ民族の世界はアニミズムです。そして私がこれまで訪れた未開地と呼ばれる国々の人々は今でもアニミズムです。アニミズムは野蛮や未開の宗教ではなく、本来の地球上にあった考え方です。また地球人のルーツが異星人に至る考え方は高坂がずっと唱えていた考え方で、私も非常に納得のいく論理であります。竹内文書を紐解いていきますと、つまり神とは何かという論説に行き当たります。日本、世界、地球の歴史を辿れば、必然的に人間のルーツにたどり着きます。これが基本中の基本の問題であります。そんな中でシャーマン神人さんのお話は私には非常にスムーズに受け入れられる考え方です。

      2
      テーマ:
  • 26 Oct
    • 日本初のアイヌ民族の国会議員・故萱野茂さん

      三和 導代 です。今年の4月からアイヌ語初級講座に通い始めて半年が過ぎました。月2回の講座ですので、昨日で11回目で後半の授業に入りました。昨日は雨降りで先日来からの風邪が悪化し体調は最低でしたが、実にこの講座を楽しみにしておりますのでマスクをしながらの参加です。アイヌ語講座とともにアイヌ民族の貴重な映像が毎回、見せていただけるのが実は最大の楽しみです。昨日はアイヌ民族でしたら知らない人はいない平取町二風谷に生まれ育った日本初の国会議員となり、旧土人法の廃止やアイヌ文化振興法などの制定に大きな尽力を果たした方です。2006年に他界されてましたが、今でも平取町に行きますと、萱野茂氏が残された貴重なアイヌの資料館を訪れることができます。すでにアイヌ語で日常生活を送っている方はもういない時代となってしまいましたが、萱野茂氏の祖母はアイヌ語しか話さない方で幼いことから自然とアイヌ語が身についた方でした。今での萱野氏が始めたアイヌ語講座、そしてアイヌ語辞典が貴重な資料として残っています。

      2
      テーマ:
  • 24 Oct
    • 「世界の都市安全性指数ランキング」で東京が1位

      三和 導代 です。米・富裕層向け有力旅行誌『コンデネストトラベラー』が選ぶ人気都市ランキングで、2017年も昨年に続き、「世界の都市安全性指数ランキング」東京が今年も1位になりました。うれしいですね。日本在住のフランス人に聞いても東京はパリに比べて信じらないほど治安が良いという評価をしばしば耳にしますが、本当にうれしい限りです。私は非常にそそっかしい性格で、会社内でもいつも物を探していることは有名でした。またしばしば恥ずかしながら良く落とし物や忘れ物をします。ひどかったのはクレジットカード2枚、おそらく駅の自動販売機近くで落としたかと思いますが、全く気がつかず外国から帰宅しますと、留守電で落とし物を知らせる電話とお知らせが届いていました。また空港や駅のトイレに荷物を置いたままで出てきたことは何度もあります。羽田空港で全財産を入れたカバンを忘れ、10分後に気がつきトイレに戻りましたが、見当たらず搭乗口に急いで走っていったところ、搭乗券は入っていたため無事に保護されていました。これは日本という治安の良さが背景にありますが、海外では信じられないことです。いつも自分の性格に反省を試みてはいますが・・・・。日本人で良かったと思うことがしばしばです。

      3
      テーマ:
  • 22 Oct
    • 神人霊媒日記

      三和 導代 です。今日の天候は予想通り台風の影響もあり、一日雨模様です。先ほど試験が終わり横浜から戻りました。様々なことを考えながら、神人さんと連絡を取りたいなと思っていました。神人さんとは青森県八戸出身のシャーマンです。何度か神人さんを通して和導からのメッセージをいただいていました。そんな矢先、以下Face Bookからメッセージが届きました。一部のみをご紹介します。【神人靈媒日記】言葉、大昔からあったのぞ。宇宙の言葉、無数にあるのぞ。人民知らん言葉、過去に溢れておりますのぞ。日の本、古の言葉隠れておるぞ。隠されておりますのぞ。土に石に布に刻み、紐でも表したぞ。紙に書くだけが言葉でないのぞ。岩に光当て遠くのお人と話もしたぞ。空のお人とも話したのぞ。言葉は形じゃ。(・・・・・・・・・)。北の人と南の人とは違うのぞ。子供と大人は全く違いますぞ。男と女も元々が異なりますのぞ。それぞれに見合った働きがありますから、個々の違いを理解し、相応にいたすのが真の在り方でありますのじゃ。獣は獣ぞ。獣にしか分からん喜びありますのぞ。草木は草木の喜ぶ場所がありますのじゃ。(・・・・・・・・・・)2017.10.22 大日月地大神御靈一部抜粋となりますことをお許しください。

      3
      テーマ:
  • 21 Oct
    • ファルコさんと和導

      三和 導代 です。昨日はイタリアのダマヌール市民であるオルニトリンコ・プラタノさんとイタリア語通訳の日本人チュフォロット・ペオニアさんのダマヌールの世界のお話しを聞かせていただきました。シンクロニシティーのお話は私にとりましては本当に興味深いお話でした。今はお隠れになったファルコさんが1970年代に世界各国を旅されてシンクロラインをご自身の目で確認されての調査さであったことなどなど・・・・・1998年5月に和導がダマヌールを訪れた際に英語の通訳をしてくださったのが今回のセミナーの講師であるカモノハシこと、プラタノさんでした。日本大好きのプラタノさん、魂が日本人、つまり日本人であった時代が間違いなくあった方だと思います。そしてファルコさんの和導への遺言(手紙)を私のくださったきっかけを作ってくださいました。今日はまた上野で再会、かつて私が和導と何回か食事をしたあ日本食のお店で日本酒で乾杯。昨日に続き、本当に素敵な時間をいただきました。きっとファルコさんと和導とは別次元で再会していることと思います。

      1
      テーマ:
  • 19 Oct
    • Takeuchi Documents Ⅱ 発売開始

      三和 導代 です。By Wado Kosaka 「Takeuchi Documents Ⅱ」がアマゾンより発売が始まりました。先だって発売された「Takeuchi Documents Ⅰ」の続編となります。これは1995年に徳間書店より出版されました高坂和導著「超図解 竹内文書Ⅰ」と「超図解 竹内文書Ⅱ」からイタリア在住のMr.Dennis Michamson により翻訳され出版されたものです。Mr.Dennis Michamson は現在はイタリア在住ですが、生まれ育ったのは英国です。先に出版されましたイタリア語版も彼の翻訳本です。私は彼に実は一度もお会いしたことはありませんが、私のホームページを2011年3月に開設して間もなく連絡をいただきました。その時には何と既に日本語より英語の翻訳をされていたという方です。既にその時は別の人に依頼した英語版をホームページに発表していましたので、Mr.Dennis Michamson の翻訳本は世の中にでることはありませんでした。そして今年、本という形で新たに竹内文書の本が英語とイタリア語が世の中にでることになりました。6年の歳月が経過しました。ご興味のある方は是非、アマゾンで Wado Kosaka で検索してみてください。

      2
      テーマ:
  • 18 Oct
    • ダマヌール東京セミナー 10月20日(金)

      三和 導代 です。突然のご案内にて失礼いたします。今週の金曜日にイタリアのダマヌールの住民が日本人向けにセミナーが開催されます。以下のセミナーは私も参加予定です。是非、お時間がございましたらお話を聞いてみませんか。以下がご案内です。ダマヌールの哲学の根幹をなすもの、それは7万年以上前から歴史の影で連綿と受け継がれてきた秘教的知識にあります。この秘教的知識の伝統においては、自己の内面の探究と、自己を取り巻く世界全ての成り立ちを探求することは同等の価値があります。ダマヌールとは、自分自身の内面の探究を、実際に行動することを通して継続的に変容しつつ学んでいく、スピリチュアルな学校でもあるのです。日 時:10月20日(金)18:30〜 20:30場 所:北とぴあ 第二和室 東京都北区王子1丁目11-1   ・東京メトロ南北線5番出口直通   ・京浜東北線大路駅北口徒歩2分   ・都電荒川線王子駅徒歩5分参加費:3,000円 ・参加申込みはこちらのリンクからどうぞ!講師:オルニトリンコ・プラタノオルニトリンコは1970年にミラノに生まれました。1995年ダマヌールに移り、ファルコの秘教学に関する最も深い論点に関わる研究及び調査、セルフ構造や交霊術、タロットを介した交流、予言や儀式的及び聖式的な側面も探求してきました。1998年から始まった、ファルコの教えを調査し広めていく「テオレティチ」の研究グループのメンバーとして活躍しています。2000年からはダマヌールのインストラクターとなり、秘教的物理学、セルフィックなタロット、内面の感覚を再覚醒するマイクロラインの強化などのコースを指導し、ヨーロッパやイスラエル、日本と世界各地を飛び回っている研究者・インストラクターの一人です。通 訳:チュフォロット・ぺオニア(ダマヌール在住日本人市民)

      1
      テーマ:
  • 17 Oct
    • 10月17日という日

      三和 導代 です。ウイークデーの私の現在の生活ですが、先ほど学校から帰り、簡単な食事とそして私の大好きなアルコールを飲みながら、いつものようにメールのチェックが終わりました。今日は終わりますが、高坂とそして高坂の死後、本当にお世話になった江本勝先生の命日です。そして高坂の本をEbookとして復刻してくださったHODOの細谷毅さんの誕生日と劇的な記念日です。皆さまの激励のもとに15年高坂が他界して、ガンを患い前回、今を生かしいただいている私を痛感しています。人生は気づきがあってからが本当の人生かと思います。様々なトラブルはそこに気づきを与えてくれる実は天からの贈り物で、違った環境を楽しみながら感謝しながら、そして一番大切なことは自分自身の魂が一番喜ぶ時を過ごすことが、新し人生への門出となるのではないでしょうか。現在はあまりにも病魔がはびこり過ぎています。同じ病気を患い、抗がん剤治療に突入している若い人々を見るにつけて本当に心が痛みます。生かされた人生を今後も楽しみながら、この地球上で今世の役目を全うしたいと思っています。

      1
      テーマ:
AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。