高坂和導祭 | 竹内文書の世界を旅する三和導代のブログ

竹内文書の世界を旅する三和導代のブログ

竹内文書の研究家・高坂和導の遺志を継ぎ、三和導代が古代スメラミコトの足跡をたどり、世界を旅するブログ


テーマ:

三和 導代 です。

 

 さて、早いもので、来る10月17日で高坂和導が他界してから16年となります。仏式で申しますと17回忌ということになります。私自身、宗教には全くこだわらない人間ですが、一つの節目としまして、高坂和導祭を開催することになりました。ともに学び楽しんでというのが今回の趣旨です。高坂はいつもニコニコ、人生を実に謳歌した人でした。

 

 今回は高坂と生前、ご縁がございましたイタリアのダマヌールから、フェニーチェ氏とジュゴン氏をお迎えしまして、時空を超えた地球上の過去の歴史についてお話を伺う予定です。昨年、既に2014年にお隠れになったダマヌールの創始者であられたファルコ氏が高坂宛に残してくださった一通の手紙が私に届いたことが発端となり、今回の基調講演を私がお願することとなりました。

 

詳しくはHPをご覧ください。

http://takenouchi-documents.com/

 

 

三和導代さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス