キルギス人の町ナリンに | 竹内文書の世界を旅する三和導代のブログ

竹内文書の世界を旅する三和導代のブログ

竹内文書の研究家・高坂和導の遺志を継ぎ、三和導代が古代スメラミコトの足跡をたどり、世界を旅するブログ


テーマ:

三和 導代 です。

 

快晴に恵まれ5日目となりました。今日はキルギス最大の湖イシククルを後にし南下、標高3100mの峠越えをしてキルギス人が99%のナリンに

到着しました。1軒のみのゲストハウスに宿泊です。しかし、電気もシャワーも暖かいお湯もでる快適な宿泊地です。

 

明日からはさらに標高を上げて今回の最大の目的地であるソンクル湖に3泊宿泊します。電気は夜のみ自家発電、もちろんシャワーのみならず、携帯やwifiも通じない文明社会とは隔離された幻想的な世界に入ります。

 

この世界に恋い焦がれて再度お客様との2年ぶりに訪れるソンクル湖、何でそんな隔離された場所にお金をかけて行くかは、きっと口で説明しても理解してはもらえないかとは思いますが、地球上を離れた人々を会える場所ではないかと思います。

 

過去最愛の長男に先立たれてお2人はこの場で息子さんと再会することができ、涙な涙の物語、おそらく異次元の扉が開いている場所かもしれません。そんなことで日本では絶対ない3泊のソンクル湖でのユルタの生活が始まります。

 

何も本当にない世界です。天山山脈と幻想的な湖、遊牧民と馬と羊だけの世界です。でもこんなに贅沢な旅はないと私は思っています。

 

三和導代さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス