武田双鳳の「そうほう録」

武田双鳳の「そうほう録」

「書で人生を豊かにする」をテーマに、日々のオモシロさを探求する書道家・武田双鳳の日記

 

昨日の夏空とはうって変わって、どんよりどよどよ京都の空。

 

湿気の重さか、錯覚か。普段よりシダれて見える鴨川の柳。

 

 

可憐なお花が雨粒で落ちてしまわないか、ちょっぴり気になります。

 

 

鴨川を渡り、サンドイッチが美味しいカフェで、初めて、「タコライス」を注文。マスターが「タコは入っていませんよ」と出してくれます。ちょっぴり癖のある味だからこそ、やみつきになりそう。

 

 

 
 

 

 

しめは、やさしい味のパンケーキ。アイスコーヒーと相性抜群です。

 

 

今日の稽古は、「基礎書法力確認テスト」から。筆記と実技がございます。

 

20年ほど他の書道会に所属していましたーという本日入会の生徒さんは。書道の稽古でテストをするのは初めてだそうです。

 

 

「センスは知識から」で「美文字も知識から」です。「美」は何をもって「美」なのかを知っているからこそ、「美」を再現できるのです。

 

今回の筆記テストの内容は、①基本筆法の種類を正確に記憶しているか、②書道史の基本的流れを把握しているか、③褚遂良と顔真卿の楷書の特徴の違いを説明できるかーなどを問うものです。

 

書は「文字を書く」ものではなく、「言葉を書く」ものですので、言葉に関する一般教養的なクイズも掲載しています。

 

 

実技のお題は、「雁塔聖教序」と「顔勤礼碑」。お手本を観なくても、書風を再現できるか。その生徒さんの実力に応じて、一人ひとりの書きぶりを観察していきます。

 

そういえば、最後の清書前に、バランスボードを使った剣玉遊びをしていたら、「一発でとめけんできた!」と、ぴょんぴょん飛び跳ねながらし喜ぶ生徒さんも。テストの時とはあまりの表情の違いに、カメラにおさめておけばーと、ちょっぴり後悔。

 

※「ヨロコビのあまり地団駄を踏んでいる大人を見るのは久しぶりです~」と言ってしまいましたが、「地団駄を踏む」は悔しいといったネガディブな場合にのみ使う慣用句のよう・・・(「地団駄を踏む」のポジディブ変換した慣用句をご存じの方がいらっしゃれば、ぜひ、教えていただきたいものです・・・)。

 

 

おっと、高瀬川に桐の実が、まぁ、たわわ。これが桐の実と知ったのは今日で、「キリ」と標識を立ててくれた方に感謝をしたい。

 

食べれるのかなぁ~と眺めていたら、隣の枇杷の実には鳥たちが群がるも、桐の実には見向きもしません。

 

食べられないとしても、桐の実は高級花材になるとか、女の子が生まれたら桐を植えて、お嫁に行くときに嫁入り道具の材料にしたとか、どうやら、実用性の高い木のよう(そういえば、書道用紙は桐箱に保存したりします)。

 

 

桐について、さらに調べてみると、なんと、僕の雅号「双鳳」と関わりがあるようです。まさか、鳳凰が桐好きだったとはー。

 

中国神話の伝説の霊鳥である鳳凰(ほうおう)はキリの木にだけ止まるとされ、日本でもキリは伝統的に神聖な木とみなされてきました。花言葉の「高尚」もこれにちなむといわれます。」と。

 

 

道場の近くに桐が植えられているなんて、ご縁を感じるじゃありませんか。双鳳さん高尚ですよねーと言われるよう、「キリ」ッと背筋を伸ばしていきたいと思います(^-^)

 

 

通学書法道場体験
人数を限定しつつ、受け付けています。

オンライン書法道場体験書道
若干名募集しています。

 

 

紫陽花、やっぱり、艶やかですね。

 

 

夕暮れ時、稽古の合間に、涼しくなったかなぁと出歩いてみたら、まぁ、蒸し暑い。七条から五条まで歩くだけで、汗だくです。

 

 

高瀬川沿いにの紫陽花の花。建物の隙間から漏れ出す日の光が、アジサイを引き立ててくれています。

 

 

美味しそうだなぁ~とカモを眺めていると、3歳くらいの男の子が「なにちてんの?」と尋ねてくれて、「カモさんと遊んでんの」と、しばし、会話を楽しませてもらいました。

 

 

朝の稽古は、大人の競書大会に向けて作品制作。

 

創作意欲にあふれる生徒さんが、「アート部門」にチャレンジ。墨の濃淡などを、あれこれ工夫されています。

 

「古代文字は面白い!」と、ニコニコ笑顔で「随意部門」に挑む生徒さん。

 

 

「規定部」の生徒さんは、手本と自分の字との距離を、コツコツコツコツ、埋めていっています。

 

 

条幅課題で、見事に昇段した生徒さん。「記念にしたい」とお軸に仕立てられました。

 

 

 

夜のクラスも、大人の競書大会に向けてチャレンジ。「随意部門」の生徒さんが、呉説の遊糸書や、懐素の自叙帖などを参考に、どのような構成で表現するのか、鉛筆で書き込みながら、作戦を練ったりしています。

 

 

清書前に、ちょっぴり気分転換ー。バランスボードに乗ったら、剣玉の「とめけん」が初めてできた!と驚く生徒さん。バランスボードを降りたら、なぜだか、できなくなるとー。

 

 

 

 

全力で課題に取り組んだ後は、バランスボードに乗って記念撮影ー。

 

夜の稽古後は、誰もいない道場でインスタライブ。新しいバランスボードの紹介したり、実際に書いてみたり、リクエストに応えたり、あたたかい視聴者の方々に巡り合えてラッキーでした。

https://www.instagram.com/p/CQGshRPllS3/


 

それにしても、今日の京都は暑かった。空を見上げても、もう、真夏のような。

 

暑さでグッタリしそうでしたが、ステキな作品やお花に出会え、なによりも、みんなでワイワイと笑って過ごせたおかげで、活力をいただけました。今日も一日、本当にありがとうございました(^-^)

 

 

 

通学書法道場体験
人数を限定しつつ、受け付けています。

オンライン書法道場体験書道
若干名募集しています。

琵琶湖の近くで、たわわに実る枇杷の木が。

 

枇杷に負けんばかりに紫陽花もたわわに咲いています。

 

今日は、来週火曜日から実施する「基礎書法テスト」の作問。法律の問題を作成する仕事を15年ほどしていましたが、書道においても、問題作成のベースは共通しています。

 

正解しようがしまいが、解いてみる書が上手くなる。ついでに、歴史的素養や論理的思考が磨かれるー。そんな、”欲張り”な問題をつくろうと、あーだこーだと、足りない頭をフル回転させています。

 

 

筆記テストだけでなく、実技テストも実施します(筆記テストには漢字の読み書きなどの教養テストを含む)。

 

「技が実る」と書いて「実技」ですから、実る前提としての土壌(身体感覚)についての研究もします(問題作成は、しりにペンをはさみながらはせず、バランスボードの上に乗りながらしています)。

 

 

父が問題を組み立てる横で、息子がマグネットパーツをもくもくと組み立てています。

 

 

これまで子供たちに買ったおもちゃ(トーマスやポケモンなど)は、スグに飽きられてしまいましたが、なぜか、この「マグフォーマー」だけは長持ちしています。中学生になった息子まで一緒に遊んでいるのを見て、いい買い物だったなぁとしみじみしています。

 

 

 

 

 

本日月曜は、今月最後の大人の全国書道大会の課題制作日(清書は来月)。守破離の「破」の時間を、存分に楽しんでいきます。

 

 

ちなみに、明日火曜からの基礎書法テストの実技部門の課題は、「雁塔聖教序」と「顔勤礼碑」です。

 

ネット検索でも構いませんので、ぜひ、二人の書風を観察する時間をとってみてくださいねヽ(^o^)

 

 

 

通学書法道場体験
人数を限定しつつ、受け付けています。

オンライン書法道場体験書道
若干名募集しています。

 

 

 

法律の学習において、本当の意味で条文を「読む」ためには、条文に書いていない条文(判例や制度趣旨など)への理解が不可欠です。

 

書道の学習においても、本当の意味で課題を「書く」ためには、書かれていない何かへの理解が必要なのですが、どうしても、書かれている文字以外に目がいかなくなりがちです。

 

書法道場の添削指導では、「書かれている手本」を基準にするだけでく、「書かれていない手本」(書き手の前提とする歴史的背景や、古典や筆法への理解、大小や太細、疎密等の変化を加えた趣旨など)についても、解説をしていきます。

 

添削指導を設けるのは、課題との「ほどよい距離感」を保っていただきたいから。ほどよい距離感こそが、本来の書の楽しみを味わうために肝要だからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

力みすぎず、力まなすぎず。硬すぎず、柔らかすぎず。頑張りすぎず、頑張らなすぎず―。それぞれの「ほどよさ」を探して、今日は大津堅田の道場で書道の稽古。

 

 

紐を使って身体感覚を磨く時間。

 

相手と通じることで観えてくる自分の姿。ペアでヒモトレ、やはり、愉快です。

 

 

今日から入会、6歳の生徒さんもヒモトレを。

 

 

小2の生徒さんが大学2年生の背中に。ヒモを巻く前と巻いた後では、乗る方の表情も変わってきます。

 

 

「お手本を真似る」といえば、機械的な作業のように聞こえるかもしれません。

 

ところが、真似ても真似ても、どうしても真似できない時にこそ、本当の自分の個性とのダイナミックな出会いがあるものです。

 

本来の臨書というものは、機械的どころか、かなり、創造的で躍動的なものなのです。

 

 

体力がないから立って書くのはしんどい・・・と思いがちですが、70歳以上の生徒さんも、サクサクたって書いています。

 

体力や筋力とは関係なく、ラクチンに書ける「身体の置き所」があるものです。

 

小手先のテクニックを練習する前に「やるべき稽古」についても、みなさん、真摯に励んでくれています。

 

 

「けん玉」も、書の稽古と相性がいい。足腰と指先の繋がりを感じ取ったりすることで、楽にキレイに書くコツを習得できたりあします。

 

 

「将棋」も、書の稽古と相性がいい。綺麗な書き方は、「論理的思考」の賜物だったりします。書道に将棋を組み合わることで、一画目の書きぶりに応じて二画目を書く…といった段取り力も磨かれたりします。

 

 

今月の大人の課題のひとつに、「朝辞白帝彩雲間」(朝に辞す白帝 彩雲の間)という李白の漢詩が登場します。

 

日本の書の世界では、どうしても「文字を書くこと」ばかりで、「文脈を味わうこと」をなおざりにしてしまうことが多い。

 

ところが、夜クラスの生徒さんが、漢詩の資料を持ってこられ、「いかに彩雲のような墨色で表そうか」など、文脈に応じた書きぶりをしようと工夫されます。

 

その姿をみて、本来の書は「文字を書く」ものではなく、「言葉を書く」ものだ―いうことに、改めて気づかされました。

 

 

大津堅田の3クラス。子供と大人が世代を超えて、楽しく交流してくれています。夜クラスのシメの清書も、バッチリかけました!

 

 

みんなで食べた、サーターアンダギーも美味しかった(*´з`)(*´з`)

 

通学書法道場体験
人数を限定しつつ、受け付けています。

オンライン書法道場体験書道
若干名募集しています。