どうやったら綺麗になるの?





「 この化粧品を使えば綺麗になれます。」




たくさんの化粧品を手に持って

きれいなモデルさん達が

手に取って紹介していますが、




「 それでもなんで綺麗にならないのか。」




という問題を置き去りにして

どんどん次から次へと

「 いいよ 」と聞いては

私も買い替えていました。




そういう私も含めて、



「 続けやすい価格の化粧品を使って
 治らないシミやタルミは、
 美容皮膚科に行くしかない。」
 


と、予算があればいい化粧品を
使えるしシミも取りに行けるけど、
予算はシミやたるみ取りの方にかけたいな。



と思っている方が結構多くて、
じゃあ、どこの病院がいいのよ。って
今度はそっちの情報を探し迷える乙女たち。



では、なんでスキンケアを
ちゃんとしている女性の方が
シミやイボが何もしない男性より多いのか。



を問いただすと答えはあるんです。


 美しいお肌とそう思えないお肌の違い



美しいお肌とは、

  • 小さいキズがなく荒れていない
  • キメが整っている( めくれていない )
  • 古い角質が残っていない
  • 保湿力がある( すぐ乾かない )
  • 透明感がある


そうなると紫外線にも強くなり
敏感肌にならなくなります。



美しいお肌 = 健康なお肌



が目指す美しいお肌で、
正しいケアをすると、日に日にお肌は
潤って輝き出してきます。



一方、乾燥する
くすみのあるトラブル肌は、
原因が分からないので、


  • 乾燥するから朝は洗顔をやめて水流しだけ
  • 美容液やクリームでしっかり保湿
  • いいと言われるものを単品買い


そして年々代謝が悪くなるので、


  • より落ちるクレンジングを使う
  • 開いた毛穴商品を独自購入( ピーリングなど )
  • 美容保湿中心の商品とケアに力を入れる


などなど、
くすむお肌に一直線に向かって
乾燥と戦っていくことになります。

 

 コスメティックトラブルについて




「 コスメティックトラブル 」



とは、自分のお肌を
化粧品によってトラブルを起こした状態。
のことです。



このコスメティックトラブルの原因は
化粧品が合わないから
トラブルを起こしているのではなくて、



今のお肌の状態が
「 本来自分が持つお肌の能力が
 ちゃんと機能していない 」
のに、



間違えて自分で選んだ商品を
間違えた自己流で悪化させているのが
ほとんどで、



表面は傷だらけなのに
残った古い角質の上から
濃い栄養たっぷりのクリームでフタをして、



正常なターンオーバーを
自らの手で遅らせて、
自らの手でクレンジングや洗顔で
ゴシゴシ傷をつける。の繰り返し。



うわ〜。。。
昔の自分ですよ。( 汗 )



これでは傷ついた箇所に
日に当たればシミが出来るし、



それを隠すために
崩れない日焼け止めやファンデで
しっかり艶々にコンシーラーでも隠して、



なかなか取れないので
強い洗浄力があるとは知らず
パッと落とせるクレンジングを使ってました。



でも、そんな
手荒いスキンケアだとお肌はヒリヒリ。
バリア機能は壊れますよ。トホホホ。



老化した古い角質が残ったまま
いくらいい栄養をお肌に与えても
皮膚の奥まで入らず乾燥してます。



あれがいい!と単品で
化粧品を買い揃えたり、



ラインで揃えていたとしても
正しく使えていないし、



しかもちゃんと指導を受けていない人は
私も含めてほとんどだと思うんです。



目をよ〜く開いて 
最後までどうか読んでほしい内容です。



 お肌を改善する方法





  • お肌に優しいクレンジングを使う

  • ターンオーバーを正しい日数に変える正しい洗顔を覚える

  • とにかくゴシゴシしない。何でも優しく包み込むように付ける


このたった3つのことを
しっかり守るだけでかなり
お肌は改善できます。



目安は、お風呂から上がって
「 すぐに化粧水付けなきゃっ!!」と
ならない状態のお肌です。



 クレンジング選び


優しいクレンジングは
落ちにくいものが多いです。
なので日焼け止めも含めて
落ちやすいメイク用品を選ぶといいですね。
( #1は美容液の様でよく落ちます )



 洗顔のコツ


洗顔はしっかり泡を立てて
負荷をかけない優しい洗いの方が
クレンジングで取れない汚れは落ちます。
( #2の洗顔は肌に優しいピーリング酸が入ってます。)



 化粧品の付け方


化粧水、クリームは叩いたり
擦る様にして付けず、
手のひらで包み込む様にして付けます。
より健康で丈夫なお肌になりやすくなりますから。
( #3や10でピーリングと超保湿 、
  #4の美容液で再生力を高める )



このお肌を超超超〜〜優しく
圧をかけない扱いが
お肌に負荷をかけず汚れも取って
美容液も入りやすくします。



毎日のスキンケアに
勝るものはありません。



なので後から付ける
保湿をいくら一生懸命に頑張るより、



クレンジングと細かい泡の洗顔が
一番肝心なところだと言えます。
なので朝も使っていいんです。触らずで。



シミ取りがメインの様ですが、
お肌のターンオーバーを
正常なものにして



自分の自己再生力を高めやすくしたのが
このDr.PUR BEAUTE高機能化粧品の
目指している特徴といえるところです。



長い文章をここまで読んで頂き
ありがとうございました。( 嬉 )