会長のホーロー記 高橋会長のオフィシャルブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年08月16日(木)

三重・熊野市 旨いうどんを頂く(小六)

テーマ:関西

蕎麦好きの会長ですが、前回の焼うどんと、うどん繋がりで、もう一丁、うどんの記事、行きましょう。

 

最近の在来線特急では、車内販売を行う路線が無くなって来ました。

 

関西本線・紀勢線の特急南紀もその一つ。

 

盆と正月・GW等繁忙期以外は割と閑散としている列車だからでしょうか。

 

本州では珍しい、気動車特急で3時間10分、久しぶりの「遠くに来たぞ」的な感覚になりましたよ。

 

車内で飲み物や弁当も買えず、目的地の三重県・熊野市に着きました。

 

熊野古道の入り口の駅ではありますが、人気もなく、実にのどか。


熊野市駅は、昔は駅弁も売っていて、駅構内に立食いそば店もあったりしたのですが、月日が流れ、両方とも無くなってしまいました。

 

駅前にも飲食店は見当たらず、昼食難民となりそうな会長。

 

のどかなのは、列車も同じようで、地域の足となる普通列車は12時46分の後は、夕方の16時33分まで4時間近くもありません

 

駅前の観光案内所で尋ねると、市街地が、駅から離れた海側に位置するのでそこらに行くと店はある、との回答。

時間もあったので、レンタサイクルを借り、やや長めの坂道を登って市街地を通り抜けて海まで出てみました。

夏の海辺を自転車で走るのは爽快だねぇ。

 

駅から1キロ少々走ると、国道沿いに小さなうどん店がありました。

看板が地味だから、車で来る人だと、わかりずらいよなぁ。

 

入ってメニューを見てみましょう。

本日の第一号の客の会長。色々なうどんがあり、迷ってしまう…。

 

天ざるうどん(1520円)を注文して待つこと15分少々で供されました。。

 

天ぷらは大きなエビ2本、イカ、ししとう2コ、大葉など。

エビがピン!と立っているねぇ。結構なボリュームです。

 

麺は茹でたてで、イキイキと光っています。旨そうだ。

 

香川出身の店主氏が打つうどんはコシと喉越しの良さを併せ持つ、超本格派。

讃岐うどんほどコシは強くないけど、噛むほどに小麦の旨さがにじみ出てきます。

 

ツユは上品なカツオ出汁。こちらもバランスが取れていてOK

 

薬味は、摺りゴマ、うずら、九条ネギ。

 

ノンアルコールビールを頂きます。

 

エビ天も大きくて、下処理をしっかりしてあるので、エビの旨みも十分に堪能できます。

 

目の前の世界遺産熊野灘を眺めながらの、美味なうどんと天ぷらは、サイコーの昼ごはんなのでした。

 

大変美味しかったです。

 

ご馳走様でした。

 

 

小 六

三重県熊野市有馬町125-8

電話 0597-85-2856

営業時間 11:00~15:00 17:00~21:00

定休日 月曜(祝日の場合は翌日)

どくしゃになってね!

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス