HSC ちゃんに多い不登校への脳科学的 答え | もう繊細さに悩まない!繊細さん(HSP/HSS型HSP)が軽やかで自分らしい人生を生きるための自己実現コーチング

もう繊細さに悩まない!繊細さん(HSP/HSS型HSP)が軽やかで自分らしい人生を生きるための自己実現コーチング

結果を出しても自信がない、仕事や生き方に迷っている、
不安を感じやすく生きづらいと感じている繊細さんが、
自分を責めずに自分を信じて直感を活かし、
心穏やかに豊かに自分らしく生きられるようになるコーチングを提供しています

HSS型HSPの いとたか の
マイストーリーはこちらから


今日も過去記事をリライトしてお届けです。



~~~~~

HSC ちゃんで「学校に行きたくない」って声、多いです。

 

#HSC ひといちばい敏感な子



日本にいたとき、うちの娘(HSC) の口からもでたこのセリフ。



「無理して行かせなくてもいい」ってわたしと

「いやいや、わがままでしょ、みんな行ってるし行かせなきゃ」ってわたし

 

当時頭では受け入れてたけど

いざ自分の娘からそのセリフを聞くとすごーく葛藤したものです。




でね、脳科学的な答えがでました↓

 

「学校へ行きたくない子は、
脳科学的に学校へ行かせるべきではない

 

 

 

学校に行きたくない HSC ちゃん

まず頭では「行かなきゃ」と思ってるのに体が動かない、その状態についての脳科学的説明を記事から抜粋↓
 

 

これは脳の側頭葉の内側の奥にある、感情を司っている偏桃体の反応によるもので

「フリージング」と呼ばれています。

 


HSP さん・HSC ちゃんともに

 

この扁桃体(↓赤の部分)の働きが強いことがわかってます。
Amygdala.png
出典:ウィキペディア


だから HSC ちゃんはこの状態が起きやすい。


HSC ちゃんに多い「学校に行きたくない」、

脳科学的にも説明がつくんですね。
 

 

海外では「ホームスクーリング」

だいたい「不登校」って言葉が学校に行かないことに引け目に感じさせる。

 

#悪意まで感じるのはわたしだけ?


よけい「行かなきゃ」「行かせなきゃ」って思っちゃう。



海外では「不登校」ではなく
「ホームスクーリング」



親や家庭教師、またはオンラインを利用して家で学ぶという選択が認められてます。


実際、わたしが住んでるイギリスでも
娘が小学校のとき住んでたアメリカでも聞きました。


アメリカで娘が通ってたプログラミング教室には「ホームスクーリング」の子用の平日午前中のクラスも!


「ホームスクーリング」の子が
外部の学習環境でも学ぶ選択ができるようになってるんです!


LA には「ホームスクーリング」用の学校もあるとか!!

 

 

学校に通うのは週 1、2 程度、

シュタイナー系の幼稚園で一緒だったママさん情報だと、入学の競争率も高く人気だとか。



 

 

娘がイギリスの小学校に転校したときは、

転校生への説明会で、ずっと「ホームスクーリング」だったというお子さんのママさんと一緒になりました。


社交性も学んでほしくて、小6から小学校に入学することにしたそうです。


そんな感じで「ホームスクーリング」のあと、学校に通うという選択もありです。


こんな状況なら「学校に行けない」って引け目は不要ですよね♪

 

不登校への脳科学的答え

以下、記事から抜粋です↓

 

不登校の問題は、子どもたちの「ありのまま」を受け入れるという、教育における根本思想につながります。


子どもたちの個性は、もって生まれたものであると同時に、その経験を通して育まれていくものでもあります。


その個性の成長の軌跡において、「今、ここ」のありようを「安全基地」としていったん受け入れてあげることが、何よりも大切なことなのです。


(中略)


「安全基地」とは自分が自分でいられる場所、つまり「居場所」です。


(中略)


子どものころに居場所があるかどうかで脳の発達が変わることが、科学的な研究で証明されています。

 

 

「居場所」が大事だとよく聞きます。


 

こうして脳科学の視点から解説されると説得力が増しますね!

 

「居場所」が必要なのは大人も

記事では、この「居場所」

子どもだけでなく大人にも大事とのこと!!


「居場所」=自分が自分でいられる場所


これ、ありそうで なくないですか?


わたしは結婚して「妻」になり「母」になり、その役割を一生懸命やってました。



でも役割が優先しちゃって

「自分」がおいてけぼり…


だから今、家で「自分」でいることを意識してます。

 

 

例えば、疲れたときは食事はテイクアウトを利用するとかね。

 

 

「母」「妻」のわたしは「そんなの、わがまま」ってビビってるけど、

でも、「わたし」は疲れちゃったんだもん。

※ビビるのは誰かに怒られるって思ってるから(苦笑)


おかげで少しずつ、わが家が「居場所」になってきました。




あとはこうした情報発信も「居場所」になりつつあります。


「居場所」が増えて、安心感が増しました♪

 

 

人は「居場所」が3つあるといい

とも言われます。


HSPさんが安心して話せる「居場所」を作る! 

 

 

そんなビジョンもできました
まずはメルマガ発信から、ぼちぼちです♪

 

 

心軽やかに生きるヒント
ブログに書けないつぶやきなど、ゆるーく毎晩9時ごろお届けです♪


※あわなければ即解除できます。
※自動返信メールのリンクのクリックもお願いします!

メルマガ登録はこちら

 

 

 

 HSP の基礎知識 保存版 記事 強みにも 弱みにもなるHSPの繊細さ

心のアクセルとブレーキ?! 好奇心旺盛な繊細さん


 

 HSC ちゃんとの関わり方 参考記事 味覚に敏感なHSCちゃんにつらい「三角食べ」

明橋先生の「HSCちゃんがうざい」の謎解き