[将棋]祝!里見清麗の誕生 | 将棋と韓国語と少女時代

将棋と韓国語と少女時代

オヤジが好き勝手なことを書いているブログです

 今日は7時のニュースでも取り上げられましたね。里見香奈さんが本日の清麗戦5番勝負第3局で甲斐女流五段を下し、3連勝で見事に初代の清麗タイトルを手にしました。おめでとうございます‼
祝日クラッカークラッカークラッカー

 これで史上初の女流六冠となり、とっても素晴らしいことですが、タイトルの数がだんだん増えてきたという観点で考えると過去の偉業(例えば清水さんの四冠独占)と比較することは出来ないかもしれません。それでも、やっぱり凄いとしか言えません。また一般棋戦にも参加してそちらは苦杯を舐めさせられることも当然多くなりますので、御本人は謙遜でなくシンプルにもっと強くなりたい、もっと勉強していきたいと思われているのかと…。そういうところが最大の魅力ですね。
 秋は女流王将戦の挑戦者が本日の放送結果で西山女王に決まりましたし、女流王座もまた西山女王と伊藤女流三段の勝者が挑戦者になりますので、決戦ムードが漂っています。春のマイナビは残念でしたが、また熱戦が予想されます。結果が全てとは言え、僕は実力を出しきれれば里見さんの方が絶対強いと信じて応援していきたいと思います。

 今日も週末なので私は実家で両親の面倒みたり、買い物、洗濯etc.が有り、朝からずっと落ち着いてモバイル中継を見ることは出来ませんでしたが、最後の1時間位は両親ともに昼寝(夕寝?)してくれたので助かりました。
 先手の甲斐さんが居飛車で、後手の里見さんがゴキゲン中飛車の最も熱い対抗形に。作戦選択は興味あるところですが、後手番のゴキゲン中飛車は全体的には勝ちにくくなってきているという傾向がありつつ、里見さんの得意形でつい最近の藤原七段戦と同じ局面に突っ込んで行ったところに甲斐さんの気合いを感じますね。相手も当然研究しているフィールドで勝負に臨むのですから。両者とも手を休めることなく早い時間に▲2四歩の突き捨てが入りましたね。そこから35▲2九飛が▲3四飛との比較ということだったのでしょうが、その一手に約65分費やし、持ち時間で差がついたのが最終的には響いてしまったかと。ただ、銀桂交換の駒損ながら9筋を攻め込んで、今日のツイッター解説の宮田七段は先手やや良しとの形成判断をされていました。どこで逆転したのか分かりませんが、時間差は大きかったかと。ただし時間を余して中盤戦で敗勢になるのは避けたいところで、両者力を出し尽くしたものの、里見さんに少し余すだけの力が残っていた感じでしょうか?
120手目△6三桂まで。



その他に、今日はハロウィンのイベント申し込み完了。アマ名人戦の予選リーグで肇先生2勝1敗で通過、明日からのトーナメント頑張れ~💥👊😃