将棋と韓国語と少女時代

オヤジが好き勝手なことを書いているブログです


テーマ:

 今日の部屋(マイルーム)の整理整頓は諦めました(^^;

さて、たまには観る将棋のことも書いてみます。基本的にファンの人は好きに書いていいんですよと、片上六段のブログにも書いてあった気がしますし、誹謗中傷などおかしなことを書かなければ、だいたいのプロ棋士のみなさんはなんでも容認というスタンスに見えます。大平六段のブログも自虐ネタが多く、オタ気味でどうなのかと見えますが、囲碁将棋チャンネルの解説なんかでの姿を見ると普通ですし、書いたものだけでは、その人の個性や印象は掴みきれないものです。文は人なりと言いますが、棋士は例外か?(当然のことながら将棋の本の中だとまた全然違って普通だし。)それでも、コメント欄を開放しており、たまにファン(だけではないかもしれないけど)からのしっかりしなさい的コメントが入る時が有るものの閉鎖しないでいるところなんかは、おおらかさというかタフな証ではないかと思ったりもします。プロ棋士のブログで一番面白いのは、やっぱりナベなんだよなぁと、ここは何故かタメ口になっちゃいますが(これははっきり言って極めて失礼...かも)、明解で分かりやすいし、将棋の手そのものだけでなく、研究スタイル(もっと端的に言えば将棋ソフトの影響とかその対処とか傾向とか)も、どういう風に感じてどうなっていくのかとか渡辺竜王の見解というのは気になるし、興味深い。

 話がプロ棋士のブログ自体の方へ逸れましたが...、という訳で基本は思ったままに書いています。それで、もう一つ気にしているのは、「頑張って」と言っていいのか悪いのか?あんまり悪いということはない気がしますが、よくスポーツなんかでも過度にプレッシャーをかけても良くないから試合前は楽しみなさいみたいな話がある。ブログ上で頑張ってくださいと書かれて、それをプレッシャーがどうのこうのと考える人は基本的にはいないと思うものの(マスメディアだと違うかもしれないが)、こちらのスタンスとしては、やや気になるところ。で、今は結局こういうふうに考えている。去年の銀河戦で優勝した藤井九段が特番のインタビューで、ファンの人達に対して、勝った時は一緒に喜んでくれて、負けた時は一緒に悔しがってくれる。今回は(去年の銀河戦のこと)勝てたので良かったと思いますというようなことを言っていた。おお、なるほどと驚くような発見ではないかもしれないけど、なかなかこう明解な回答には気づきにくいもので、単純に勝ったら喜ぶ、負けたら悔しがる、それでいいんだと思うと非常に楽になる。

 そういう訳で、おかしなことをいろいろ書いているかもしれませんが、里見さんが勝ったら喜ぶ、負けたら悔しがる(+励ます)という自分の気持ちをそのまま書くようにしています。

 

 さて書いたついでに銀河戦ですが、藤井九段は残念ながら決勝トーナメント一回戦で今年は負けてしまいましたが、去年はその特番の中で実は似たようなシステムの対局が3回有ったとのこと。早指し棋戦は、若手有利な気がするものの、一つ一つ読んでいたら時間があっという間に無くなるので、そういう意味では経験値がものを言うのかもしれません。今年は羽生さんが決勝にコマを進めており、準決勝では今年絶好調の豊島八段を破っており、明後日が久保王将との決勝戦の放映日。対局自体は8月15日に終わっているようですが、結果はどうだったのでしょうかね?勝っててほしいです。

 

 しかし今はいったい誰が強いんだという話。将棋連盟のwebで見ると勝率7割以上の人が17人もいます。ただその中にタイトルホルダーは菅井新王位の一人しかいません。上位者は対戦相手も強い人と当たることが多く、勝率が強さを単純に表していない(のでレーティングとかが有るのでしょうが)とは言え、現時点で渡辺竜王が5勝9敗、天彦名人が8勝7敗、森信夫先生の言葉を借りれば「冴えんなぁ」となります。また、じゃぁ若手ラッシュなのかと言っても、去年勝率ランキング一位の青嶋未来五段が王座戦挑戦者決定戦まで勝ち上がってきた印象が強いものの現在8勝9敗(う~ん意外だ)、藤井四段の連勝記録をストップさせ6八玉の勇気流で勝ちまくっていると思いきや佐々木勇気六段は13勝8敗の六割ちょっとで、ずば抜けてはいない。去年、棋王戦挑戦と叡王戦決勝進出の千田六段は11勝5敗の6割9分で順調とは言え、ポナンザを手にするというギラギラした欲が消えて(かどうか分かりませんが)トップニュースには出てこない。逆に意外と言っては失礼かもしれませんが、詰将棋の得意な宮田六段が12勝3敗のジャスト八割。裏藤井効果?みたいなことでしょうか?(詰将棋の得意な人は勝ってしかるべきみたいな・・・)という感じで、ランキング表を見ているだけでも結構楽しめます。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日のブログタイトルをパッと見ると怪談2のような感じで恐いですね。。。雑談に、そもそも1も2もないでしょうけど。。。しかし、猥談2と読めてしまったあなたは、ブブー!OUTです。

 さて今日でなんとか加藤九段の詰将棋本2周目完了。問題を見たときは覚えていないものですが、解き始めるとなんとなく答えを覚えているというか思い出していくものですね。しかし。こんなことをずっとやってれば、いずれ少しは強くなるのだろうか?

 今日のNHK将棋番組はばっちり見ました。将棋フォーカスで船江恒平の終盤は筋よく指そうの講座が終わってしまいました。半年早かったですが、お疲れさまでした(と本人には伝わらないだろうけれど一応書いておく)。あとやっぱり、見れば見るほど、室谷さんはいい女だなぁ、とか思っちゃいますね(←ここは里見さんには内緒で(^^;)。10月からは佐藤和俊六段の振り飛車講座が始まるので、これも大いに期待してます。聞き手は分からないけど室谷さんの延長ということで良いのでしょうか?

 NHK杯の方も珍しく完全に起きて見てました。途中きわどい場面で(睡魔に襲われそうなきわどい場面で(笑)、嫁がサンドイッチ出来たよとか呼び出すので、今それどころでないとか怒って、台所まで走って取りに行ったのが結果として目がぱっちり覚めることになって正解手だった。横歩取りから後手、佐々木(大)四段の猛攻を斎藤慎太郎七段が際どく受け切って見事勝利。ドキドキしました。

 今日の午後は実家に顔を出そうと電話したら買い物に出かけるというので止めにして、自分の部屋の整理をしようと思いましたが、本とか意外と捨てられなくて全く進まずに困ってます。整理整頓。大事なんだけど。   

 将棋のブログもいろいろ書きたいと思うのと、書いても仕方ないかなと思う(納期が無いので・・・)気持ちと、混ざり合っています。いろんな人のブログを読んだり、あとどんな人が書いているのかは結構興味が有ってプロフィールとか読んだりしますが、ある程度個性的でないと誰が誰だか分かんなくなっちゃう時も有るし。韓国語を勉強している時も、たくさん見てると似ている感じも有ったりして誰が誰だったかごっちゃになりかけました。世の中全般から韓国語を勉強している人を抜き出すと、それだけで何か共通点が有りそうだし。将棋もしかり。そういう意味では、多少エキセントリックなブログの方が良いのかな?とか、だんだん思うようになってきています。びりたん&まりもんたんブログのように、あそこまでは無理ですけど。。。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 土日はいろいろなことが出来そうで、実際は疲れてというか生産性が低い感じです。ブログ書くのも面倒くさかったりですが、しばらくご無沙汰していたので、ヤッスーは死んだのかと思われても困るので(別に誰も困りはしないが・・・)ちょっと雑談を。。

 生産性が低いとはいえ、今は加藤九段の5手詰め詰将棋本の2周目に入っていて、今日一日だけで80問くらい進みました。青野九段の本と比べると全体的(平均的)には易しい感じがします。前にも書いた記憶が有りますが、かなり盤面に多く駒が配置されている問題が多く、沢山見ないといけないようで、実は結構技巧的というか、パズル的というか、じっくり見るとこういうパターンで詰み形が見えてくるはずでしょうという感じが有って級位者に優しい(易しいというだけでなく)問題のような気がします。

 あと囲碁将棋チャンネルで昔の二枚落ち対局が有り、清水女流六段による競馬関係者?との指導対局で解説はハッシーでした。下手は銀多伝から地下鉄飛車のような感じで5九飛から2九飛と回りおしゃれな感じでしたが、清水女流の右金が5筋まで寄ってきて、金銀交換した後、3七に跳んでいた桂を3六歩で取られて駒損し、その後もうまく上手に攻め切られてしまいました。ハッシー解説ではその局面を残念とし、その他は良い手をたくさん指していたのにということでしたが、2九飛の構想で上手陣のどこを突破するのかが分かりにくくなり力が分散してしまったのではないかと思われました。

 あと近藤六段のゴキゲン中飛車の元祖本をAmazonで発注。早ければ明日届くのではないかと。。

 それから女流王座戦のイベントとかが発表されているので、全部行きたいけど、高知と大阪は難しいし、静岡は距離的には行けそうですが平日だからなかなか・・・ちゃんと予定立てるか当日お腹痛い作戦にするか。小学生が塾休むみたいな話ですけど、大人が会社休むのだって自由だぁ~!(と思う)。今日はここまで。

------

ちょっとだけ追加。

高知→大阪→静岡と前夜祭、当日イベントとなりますが、大阪だけ当日イベントが1万円と高くてなんだろうと思ったら対局観戦付きでした。見てみたいっていう気持ちも少し有りますが、なんか邪魔するみたいで、どうだかね。たぶん午後対局再開直後の数分みたいな話で、対局者も気にするほどではないって話かもしれませんが。逆にJT杯とか倉敷藤花(の何局目か)のような公開対局とかも有るので、なんかちょっと不思議な感じ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 最近は完全に木工体験記ブログになっています。(^^;

昨日は気温が低かったせいか、自作の桐の盤の反りが消失し、良い感じの平坦度が出ていました。ようやく天童で買った駒を並べて、使用開始。駒おろしという儀式が有るのかどうか分かりませんが、せっかくなので、この前の里見vs香川戦の一局を並べてみました。

 今日は台風が過ぎてまた気温が30℃近くまで上がり、残念ながら反りが復活。バイメタルかよっ!と、一人突っ込み。あと線の汚いのがやっぱり気に入らなくて、またホームセンターに行ってしまいました。材料はシナベニヤと決めていましたが、1cm厚くらいのものは結構重いし、桐材より寸法もでかく値段もちょっと高かった(1200円くらい?)。それで、5.5mmの薄いと言えば超薄いんですけど、基本的に自作盤は簡易盤扱いのものなので、それで良しとしました。(そのうち、ちゃんとした盤を買うとして)

自作盤で大事なのは、盤の平坦度と線の綺麗さ。平坦度は紙ヤスリでの磨き(これまでの経験上800番まで行けば十分)、反りの有無は素材いかんで制御範囲外のため出たとこ勝負。線が綺麗に引けるかどうかが勝負です。基本はアメダス(フッ素系防水スプレー)を木の面に吹きかけて乾燥後にマジックで線を引く(アメダスの前に鉛筆で下書きの線は入れてますが)。当然のことながら定規は大事(まっすぐ線が引ければ何でもいいんだけど)。ホームセンターにアメダスが売ってなかったのと、この前100均で買ったシリコン系の防水スプレーがダメと分かったので、写真左の3M製のスコッチガード(フッ素系)というのを買ってみたが、結果はばっちぐー。あと油断ならないのは黒ペン(しかも間違って今日は赤ペンを買うとこだったぞ)。写真の左から、サクラのマイネーム、マッキープロ、プロッキー、マッキーケア。先週の実験で、防水スプレーとペンの種類で線の良し悪し(特に木に滲むかどうか)は結構変わることを知ったので、いろいろ種類を増やすために左の2本を買ってみた。特にサクラのマイネームはにじみにくいというキャッチフレーズに惹かれ、またマッキープロはマッキーケアがちょろかったのでそのリベンジなるかとの期待もあり。実験結果の写真は載せませんが、サクラマイネームの圧勝でした。プロッキーは惜しいけど、家に有るのが太字ぺんなので、もう少し細字のタイプだったらいい勝負だったかもしれません。

左が桐の第一号、右が本日作製のシナベニヤの第二号。ちなみに、真ん中の銀色は分かりにくいかもしれませんが、定規替わりに買ってきたアルミの平板(2mm厚×20mm幅×1m長)。ちょうどよい40cmくらいの定規って存在しないのか60cm以上のものばかりで、値段もそこそこ高かった(1500~2000円?)。アルミ板は400円くらいですんだ。(※322円でした)

この写真って、拡大して見れるのかな?この違いが伝わるのかどうか分かりませんが、今日の右のものは自分でも惚れ惚れする美しさだ(ちょっと言いすぎ)。器用な人が描けばさらに結構完璧に仕上げられるはずです。私はどうも微妙なところが不器用なので。。。線の太さの統一とか、線の書き出し書き終わりの処理とかが雑になる。。

 最後仕上げをどうするか悩みどころです。コメぬかでいくか、ニスにするか。。。ニスは実績が有るのと、被膜を作るので線が消えにくいのではないかという期待有り。ぬかは自然なので木に優しいかなと。どちらにするか悩んでいます。


追記

反りについてですが、磨きとか片面だけやっているせいでアンバランスになるのかもしれませんが、そこは不明。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ようやく青野先生の5手詰めの本が終わりました。202問中、6問不正解。結構、後半の問題は難しかったです。ものすごく昔から続けてきた気がしますが、ブログを見るとだいたい3週間前に本を買ってきているので大昔ではないですね。それでも最初の方の問題を見ると、もう完全に忘れてる。詰将棋の本も4冊になったので、順に繰り返し解いていこうかと思っています。

 今日のNHK杯で、木村新手が出ましたね。盤上の話では無く、対局前のインタビューで豊島さんは隙が無いけど、解説と聞き手の三浦さんと藤田さんは隙がありますねとか。。。どういう突っ込みやねん。新手と言えば、棋譜が無いのでうろ覚えですが、夏の東急将棋まつりの時に、木村九段と対戦した天彦名人が自陣で敵の飛車の横効きを止めるのに、金底でなく、金から一升空けて歩を打ちました。金底の歩岩より固しが手筋ですが、金が三段目に居て、歩を一段目に打ったはずです。小学生くらいの時に水島新司先生の漫画のドカベンで、講道館の達人(三船久蔵十段?)が空気投げを編み出したという話を聞いたことがありますが、天彦名人もとうとう空気投げの術を身に付けたかという感じで、解説していた森内九段も恐れおののいていました。。。(結局その対局は負けたけど)

 それから今週まで女流名人戦の第1~3局の振り返り解説を、囲碁将棋チャンネルで上田女流の旦那さんの及川六段と聞き手安喰女流でやってました。もう半年以上前の対局のことなので懐かしい感じです。だいたいのイメージは覚えてましたが、結構忘れているところが有りました。

 今のところ横浜は普通の雨降りで台風接近の様子は感じられない。夜中とか大雨になるのかなぁ?くわばらくわばら。でも、3連休で明日も休みというのは嬉しいな。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。