悪化したら

受診して何か治療(指導や処方)を受けた後、悪化してしまったときはどうしますか??


悪化したとき、治らなかったときは、それを診た医者にかかるべきです。



たとえば咳が出ます。

受診したら咳止めを出されました。

でも飲んでも咳は止まりませんでした。


こんな時、「あの医者の治療は効かなかった」と別の医者にかかってしまう方が多い。


効かなかった時こそ、じゃあ何故効かなかったのか・そもそも本当に効いていないのかなどを検証して治療の見直しをしなければならなく、それは最初に診た医者がすべきことだし、その医者にしかできないことなんです。



湿疹やアトピーで当院に受診に来られた方ならご存じでしょうが、僕は最初に指導・処方した際に

「悪化してもいいから必ず診せに来てね」

と言います。


悪化したら何故悪化したのか、自分が指導したスキンケアや処方の何処がまずかったのか、ママの家庭でのスキンケアが正しくされていたのか、、、その子の湿疹の根本的な原因を突き止めるためには重要な情報なんです。


原因がはっきりしなければ治しようもないわけで、僕に言わせればむしろ悪化してくれた方が原因がはっきりあぶり出される訳で好都合だったりする場合もあるんです。


ここで「悪化したから他いこ」となってしまうと、治療はまた振り出しに戻ってしまい、いつまでたっても結論が出ないことになります。



診て一発診断し一発完治!だったらハッピーなのでしょうが、そんな「名医」はいません。(いるかもしれんけど)


目の前の患者さんに起こっていること、無数もある可能性の1つ1つを消去していって最終診断・治療にたどり着く過程すべてが医療なんです。



受診して治療してもらい、治らなかった、悪化した。


結構じゃないですか。


治療した医者に再度かかり何故悪化したのかを聞きましょうよ。





ネクタイ

テーマ:

ネクタイが綺麗に締められません。


子供の頃は学ランだったし、医者になってからも毎日のようにネクタイをつける生活をしたことが無く、現在にいたります・・・



今だって毎日の通勤は自家用車にしろ電車にしろ、基本チャラい格好です。。。昨日も半袖半ズボンにスニーカー姿で電車乗ってきました、、、周りは学生さんや社会人ばかり。。。41のオッサンの格好じゃないね。


先日なんかも大学の同僚たちと会う機会があったのですがみんなネクタイなしないにしてもシャツにジャケット姿でしたが僕だけTシャツ姿。。。もうそういう年齢なんでしょうかね僕らって。



ネクタイをつける場としては年に数回あるかないかの冠婚葬祭くらい。


開業してからは学会で発表する機会も激減しましたし、看護学校なんかの教壇に立つ時だって僕は基本Tシャツでした。

それは如何なモノか、などと言われてしまうかもしれませんが、だって持ってないんだもんまじめな服。


かろうじてスーツは1着だけ持ってますが、ちなみに前回着たのは去年4月の息子の入学式の時でしたっけ・・・



まあ小児科という診療科の特性上、あまり堅苦しい雰囲気を出してはならない・出さなくてよいっていう事情もあったりして他の診療科の先生と比べると小児科は比較的チャラい崩した服装をする人が多いと思いますがね。



とにかくこんな訳で僕はネクタイが綺麗に締められないんですよね・・・


明日は夜尿症の勉強会でお偉い先生方たちとお会いするので久々にスーツを着ます。



次着るのは来年の娘の卒園式になる予定~。







我慢しないで

テーマ:

今週は僕の超個人的な事情で月曜日を休診としてしまいました。


小児科に限らず医療機関が混雑する月曜日に休んでしまって、多くの方にご迷惑をおかけしました・・・



ところで休み明けの火曜日、わりと混雑しました。


先週の土曜日、僕がアクエリアスの練習会だったため佐々木先生に代診してただき月曜日も休診にしちゃったため、僕は3連休になったわけですが・・・


火曜日に僕の診療を待つかのように受診されてきた方が非常に多かったです。


中には先週から熱が出ていて続いていたのに(日曜はさておき)月曜にどこも受診せず、火曜に当院が開くのを待ってから来た方も多数。。。



皆さんにお願いです。



日曜に休日診療所を利用することは僕もお勧めしませんが、土曜日は佐々木先生がちゃんと臨時で当院に詰めてました。

当然ながら僕と同じ医療が提供できるよう万全を期してますし、そもそも僕よりも数段優秀で説明も丁寧な先生なのでご安心くだされ。


また月曜のように当院が急に休診してしまう場合がありますが、幸いにして当院の周辺には信頼できる小児科クリニックが多数あります。


どうぞ我慢しないで他を受診してください。



僕は自分のところのかかりつけ患者さんが他を受診することに関して全く悪いとは思ってなく、それどころかむしろ推奨するところです。


変に我慢されてお子さんが悪化するのが一番困るし、僕以外の先生の医療を知るってのもママにとって大事なことだと思ってるんです。


なのでどんどん他を見てきてください。


比べてください。



それによって仮に他の先生のほうが相性がよいことが分かったとしても、僕はそれを残念だとは1ミリも思わなくて、よいかかりつけが見つかってよかったねと素直に嬉しいんです。


開業医ってのは意外にもそう考えてるんですよ。