先日実装されたGPT-4o、もう早速使ってて重宝してます。

 

僕は基本テキストベースの使用なのですが、より的確な応対をスムーズにできるようになってて進歩のすさまじさを実感してます

 

僕があまり使わない音声でのやりとりも異次元級に進化したらしく、まるで人間同士で会話しているくらいになってるんだそう。

 

それも試してみたいよね。

(僕は滑舌が悪いのでAIに聞き取ってもらえないのでは?という恐怖感があって中々使おうとしてない)

 

 

こういったAIに取って代わられる職業ってのは盛んに言われてて、ドライバー不足が騒がれているけど自動運転なんて数年後には当たり前に実装されてるだろうからバス・タクシー・トラックの運転手ってのは消滅する職種かもしれない。

 

医者もしかりで、やれまだAIには間違いが多いとか言われてるけど僕に言わせればそんなの時間の問題だと思ってる。

 

絶対に疲れない、絶対にミスしない、絶対に機嫌のムラが出ない、おまけにさらに加速的に学習していく、、、そんなAIに人間の医者の、今だって恐らく4割くらいの医者は最早太刀打ちできないでしょう。

僕もね。

 

 

AIに育児させてはという意見もあります。

 

恐ろしいことだと思うけど、子供達のあくなき好奇心にAIは見事に応えてくれる。

 

「ママどうして空は青いの?」

と聞かれて子供が納得いく答えを教えられる親がどれほどいるか。

 

「ねえねえ今日学校でさ、、」

という子供の話につきあえる親がどれほどいるか。

 

「今手が離せない」

「そんなことより宿題やれ」

といって子供の素直な疑問や話に正面から向き合えていない親が大半。

 

 

AIならそんな質問に誠実に応えてくれるし、話も聞いてくれ、どうかすると人間より適切な共感のしかたをしてくれる。

 

少なくとも子供の知的好奇心を伸ばすのはAIの方がすでに優れているようだ。

 

 

いつか育児がAIに代替される時代が来るかもしれない。

 

、、、と言われて「そんなわけねえ」と自信を持って否定できる人が、いったいどれくらいいるかな。

 

 

 

 

 

女性は妊娠・出産そして閉経などホルモンバランスの変動が大きく、それにより心身の不調を来しやすいものです。

とくにここの読者さんのように育児まっただ中なママには、疲れ・ストレス・不安・イライラ、、、様々なメンタル不調が出るもんです。

今回は僕がよく処方する効果的な治療薬をいくつかご提案してみます。

 

 

記事の続きは会員制医療ブログ

「Skywalker’s Room」

↓登録はこちらから↓

 

 

小児科医が主催する日本初のオンラインサロン

「Skywalker's Lounge」(女性限定)

 

こちらでは記事についての質問も丁寧にお答えしてます

 

10日間無料で体験できます

 

↓入会はこちらから↓

僕が提唱する子供のスキンケアの基本は「清潔・保湿・紫外線対策」の3本柱です。

その中の保湿について、湿度が上がって暑くなるこの時期には注意が必要です。

夏場の肌トラブルと保湿について解説します。

 

 

記事の続きは会員制医療ブログ

「Skywalker’s Room」

↓登録はこちらから↓

 

 

小児科医が主催する日本初のオンラインサロン

「Skywalker's Lounge」(女性限定)

 

こちらでは記事についての質問も丁寧にお答えしてます

 

10日間無料で体験できます

 

↓入会はこちらから↓

当院では夜尿症の治療をしてて年間およそ100人程度は診ていると思われます。

お薬も水分制限も塩分制限も、どれもきちっと守ってるのに治らないというケース。

そんな時、意外に見落とされているポイントがあります。

 

 

記事の続きは会員制医療ブログ

「Skywalker’s Room」

↓登録はこちらから↓

 

 

小児科医が主催する日本初のオンラインサロン

「Skywalker's Lounge」(女性限定)

 

こちらでは記事についての質問も丁寧にお答えしてます

 

10日間無料で体験できます

 

↓入会はこちらから↓

昨年、AX103Sをオーバーホールしてもらいましたが、今回はこれまた長年酷使してきた赤道儀を入院させに所沢まで行ってきました。

 



車ですぐ行ける距離、、、ではないのですが、精密機器ゆえ自分の手で運びたかったんです。

 

きっかけはこの動画を見たことでした。

 

 

 

僕と同じSXD2赤道儀を、分解して丁寧に洗浄・・・すべて職人の手作業。

 

感動しました。

 

この1台をずっと大切に使ってほしい、という熱意。

 

 

とかく安価な海外製品が多い昨今ですが、日本の職人技の緻密で誠実な仕事はどこにも敵わないでしょうね。

(そのぶん値は張ってしまうけど)

 

ビクセンのスタッフさんはとても親切に対応してくださりました。

ついでにずっと破損していた三脚の開き止めも修理してくれるというサービスの良さ。

 

 

赤道儀の入院は2か月ほどになるため、梅雨明けまで天体観測はできません。

 

つうな梅雨を狙って入院させたんですがね。

 

 

三脚もろとも綺麗になって帰ってきたら、末永く大切に使っていきます。

 



ビクセンのショールームに入ると物欲が押し寄せてくる、魔の空間でした。。。



 

原因不明の血管炎ですが、何らかの感染症をきっかけに発症することもあって、中でも最近流行している溶連菌の感染後に起こる場合があります。

子供で原因不明の発疹や腹痛や関節痛などが起こったら要注意です。

 

 

記事の続きは会員制医療ブログ

「Skywalker’s Room」

↓登録はこちらから↓

 

 

小児科医が主催する日本初のオンラインサロン

「Skywalker's Lounge」(女性限定)

 

こちらでは記事についての質問も丁寧にお答えしてます

 

10日間無料で体験できます

 

↓入会はこちらから↓

慢性疲労症候群という疾患があります。

従来は働き盛りの大人に多いとされていましたが近年ではどうも子供にも多いことが分かってきてます。

原因は様々ですが、特定の栄養素に気を付けることで改善させることが期待できます。

 

 

今回の記事は無料でお試しいただけます

「Skywalker’s Room」

↓こちらから↓

 

 

小児科医が主催する日本初のオンラインサロン

「Skywalker's Lounge」(女性限定)

 

こちらでは記事についての質問も丁寧にお答えしてます

 

10日間無料で体験できます

 

↓入会はこちらから↓

感染症は細菌感染とウィルス感染に大別されます。

コロナ禍を経験しても、この両者の区別が分かってない人が(医者も)意外に多い。

子供のための基礎知識として改めて簡単に解説します。

 

記事の続きは会員制医療ブログ

「Skywalker’s Room」

↓登録はこちらから↓

 

 

小児科医が主催する日本初のオンラインサロン

「Skywalker's Lounge」(女性限定)

 

こちらでは記事についての質問も丁寧にお答えしてます

 

10日間無料で体験できます

 

↓入会はこちらから↓

子供が卵などを食べて数時間後に嘔吐してしまう、という症状が近年増加してきてます。

これは食物蛋白誘発胃腸炎(FPIES)と呼び、食物アレルギーとはちょっと違った機序で起こります。

なので検査をしてもアレルギーじゃない、でもなぜかそれを食べると嘔吐してしまう場合はFPIESである可能性が高い。

 

記事の続きは会員制医療ブログ

「Skywalker’s Room」

↓登録はこちらから↓

 

 

小児科医が主催する日本初のオンラインサロン

「Skywalker's Lounge」(女性限定)

 

こちらでは記事についての質問も丁寧にお答えしてます

 

10日間無料で体験できます

 

↓入会はこちらから↓

慢性的な人員不足となってる診療科、たとえば僕ら小児科もそうだし外科や産婦人科なども深刻です。

 

診療科のばらつきに偏在があるからだと言われてます。

 

また、地方ではそもそも医者が足りない、いないことが問題になってます。

 

これまた地域別の偏在があるからだと言われてます。

 

 

・・・偏在偏在っていうけどさ、じゃあどっかに医者が余りまくってるところがあるってことだけど、それはいったいどこなんだろう??

 

 

去年からずっと慢性的に医薬品が不足してて、たとえば咳止めや解熱剤なんかは全くない状態が、かれこれ1年以上続いてます。

 

毎日診療しててもほんと薬がなくて、患者さんに「ごめんね~」とナイチンゲール状態。。

 

 

先日ニュース見てたら、この医薬品不足ってのは薬の偏在が原因なんだと言ってました。

 

じゃあどっかに咳止め薬が大量に余ってるところがあるってことかね。