九州乗り鉄2日間~ハードな日程 | 車内販売でございます。

車内販売でございます。

車内販売を10年間で8000回を利用してきた「車内販売大好きな乗客」が書くブログです。 各地の観光列車に乗り鉄しています。

今年の私は仕事が忙しく、観光列車が運転される土曜休日は、なかなか休みが取れません。

土曜・日曜の一方だけでも休めないのに、2日続けて休めた日がありました。

8月22日(土)、23日(日)の2日間です。

貴重な土曜・日曜ですので、限られた時間を有効に使って、観光列車に乗り鉄しました。

この2日間は、かなりぶっ飛んだスケジュールでしたので、ご紹介します。

 

 

【1日目】・8月22日(土)

■ジェットスターで成田から福岡に

成田空港7:05発、福岡空港9:10着

始発電車で成田空港に向かう。

成田から福岡なら、安い航空会社LCCのジェットスターで、激安の6520円で飛べる。

まだ旅行者が少ない時期だったため、安く福岡空港まで飛ぶことができた。

 

 

■福岡駅で「ななつ星」

福岡空港から地下鉄で博多駅に。

9:24発の「ゆふいんの森」に手を振ることも考えて、早めにJRのホームに出る。

そうしたら、何か怪しい雰囲気が。

「SEVEN STARS」って、タバコじゃないよ。

これは!と思い待ち構えた。

赤じゅうたんから、乗り込む人たち。

見送りのスタッフも、大勢整列している。

すごい列車を見せてもらった。

1回乗って50万円以上だと、乗ることはないかな。

車体が輝いていて、鏡のよう。写真は撮りにくい。

 

 

■博多発 直方行き快速

博多10:03発、直方11:02着

1時間の乗車なので、ゆったりと「ななつぼし」に手を振るのは断念。

正装したアテンダントさんの横で、手作りの「手」を振るのは、見劣りするもので。

JRの快速で、直方駅へ。

 

 

■2回目の「ことこと列車」

直方11:32発、行橋14:52着

平成筑豊鉄道の「ことこと列車」に乗車。

食事と接客が素晴らしい観光列車で、定価17800円だが人気が高い。

3時間20分かけて、十分に満喫した。

 

 

 

■ソニック

行橋15:22発、小倉15:37着

この日のメイン「ことこと列車」を降りても、せっかく九州に来れた貴重な機会。

とことん活用したかった。

自由席特急料金310円を払って、小倉に移動。

車内販売ないから普通列車でも良かったけどね。

 

 

小倉からは、当初は「ハローキティー新幹線」に、小倉から博多まで乗る予定だった。

でも良い列車が運転された。

■やませみかわせみ&いさぶろうしんぺい

小倉15:50発、博多17:12着

肥薩線が水害で不通になったため、「やませみ かわせみ」と「しんぺい いさぶろう」が連結して、博多~門司港の間を運転することになった。

ちょうど「ことこと列車」に乗った後に、間に合うダイヤだ。

当然乗ることにした。

 

 

■普通列車で久留米へ

博多に17:12に着いた。

これから観光列車に乗って車内販売を利用するのは厳しい。

でも強引に乗ることにした。

博多17:26発、久留米18:30着。

 

■ゆふいんの森6号

久留米18:48発、博多19:20着

さらに1本乗ったのは「ゆふいんの森」。

久留米から乗ると、車内販売をギリギリ利用できる。

かなり空いた車内で、うちのたまごアイスを買う。

ゆふいんサイダーも買う。

満足だ。

ちょっとくらいの出費は、気にしない、気にしない(^^♪

 

 

■博多で駅そば

腹が減ってきた。とんこつラーメンは嫌いだ。

そこで思いついたのは、博多駅の駅そばだ。

珍しい「かしわうどん」430円に、てんぷらを載せた。

九州の駅弁「かしわめし」が好きなので、食べてみたが、すごく美味いや。

 

 

■博多東急REIホテル泊

20時に博多駅前のホテルに着く。

8月の土曜日泊で、朝食付き6200円は安い。

この日は、始発電車に乗るため早起きしたのに加え、酒を何杯も飲んだので、体力が消耗していた。

特に「やませみかわせみ・しんぺいいさぶろう」で飲んだ焼酎がきいたようだ。

満足感も大きく、充実の疲労だけど。

早く寝ることに。

 

 

 

【2日目】・8月23日(日)

この日も乗り鉄だ。

ホテルで朝食を食べて、博多から特急だ。

■かもめ9号

博多8:52発、諫早10:35着

かもめ自由席は、空いていた。

佐賀から諫早は、1両に2人だけだった。三密とは遠い状況だった。

 

 

■島原鉄道 カフェトレイン

諫早11:10発、島原13:10着

島原鉄道は、小さい鉄道会社だから、豪華な車両は使えない。

でも可能なことは、しっかり取り組んで、満足のいく観光列車だった。

コーヒーもスイーツも、美味しかったし。

 

 

 

 

 

 

この3日間で、メインの観光列車に3本、乗りたかった。

昨日の「ことこと列車」、乗り終わった「島原鉄道カフェトレイン」で2本。

3本目に大牟田16:40発の「西鉄レールキッチン チクゴ」に乗りたい。

島原→諫早→鳥栖→大牟田と移動しては、間に合わない(可能性が高い)

何か良い手はないか、と考えた。

 

考えたら、良い手があった!

安くて早くて楽な乗り継ぎだ。

「船で有明海を渡ろう」

 

■路線バス

島原駅前13:40発、島原港13:52着

路線バスで、移動した。

島原鉄道に乗る予定だったけど、島原駅付近で、ドラクエウォークをしていて乗り遅れたのである(^^♪

 

■フェリー

島原港14:05発、 三池港(大牟田市)14:55着

やまさ海運の高速小型船2300円に乗車。

50分で有明海をワープした。

 

■西鉄バス

三池港14:57発、大牟田駅15:05着

船着き場から徒歩1分。連絡バスが待っていた。

240円で大牟田駅に着く。これは便利だ。

 

 

■西鉄レールキッチンチクゴ

大牟田16:40発、天神19:13着

焼き立てピザが車内で食べられる西鉄のキッチン列車。

船を使ったため余裕で乗ることができた。

料理も車両も接客もスゴイ!これで8800円なのは嬉しい。

記事は3回に分けてまとめました。

 

 

 

■地下鉄で空港へ

天神19:29発、福岡空港19:40着

福岡の中心部・天神から福岡空港までは、地下鉄で直結。かなり便利だ。

本当は、土産物を買ったり、ぶらっと歩きたいのだが、LCCは少しでも時刻に遅れたらアウト。

おとなしく福岡空港に戻ることにした。

 

■ジェットスターで成田へ

福岡空港20:35発、成田空港22:35着

遅い時間だったこともあり、日曜の夜の首都圏行きで、6520円と安かった。

成田空港から都内に行く京成電車とJRは、終電になるから、ぎりぎり帰れる時間ではあるが。

 

 

 

ハードな乗り鉄2日間でした。

体力はかなり使いました。

でもメインとなる「ことこと列車」「島原鉄道カフェトレイン」「西鉄レールキッチン」の3本は、すべて満足度が高い列車でした。

3本「くじ」を引いて、全部「当たり」って、観光列車の世界では、まずありませんので。

更に、さほど期待していなかった「やませみかわせみ・いさしん」も良かったですし、「ななつぼし」にも会えました。

当日の飲食含めて約8万円かかりましたが、十分満足できる2日間でした。

 

遠征する日は、観光はあまりしないで、乗りまくる日が多いのですが、この2日間は乗り鉄オンリーでした。

夜行列車が廃止されたから、夜中は宿に泊まります。

50歳過ぎて、体力が低下したため、これが限度でしょうね。