ミツバチと共に90年♪ 鈴木養蜂場 はちみつ家のブログ

ミツバチと共に90年♪ 鈴木養蜂場 はちみつ家のブログ

ミツバチやハチミツに関する様々な情報を扱っていますヨ!


鈴木養蜂場はちみつ家はちみつクイーンミスwebコンテスト開催はちみつ川柳募集

今日は8月3日ではちみつの日です!
鈴木養蜂場ではこの日に合わせてミス・はちみつクイーンコンテストとみつばちイラストコンテストを行って参りました。
そして本日、各賞が決定しましたので発表いたします。

〇第8回ミス・はちみつクイーンwebコンテスト
【グランプリ】
Entry No.9 めみ さん


 

【準グランプリ】
Entry No.7 みずき さん


 

【特別賞】
Entry No.2 いぶき さん


Entry No.8 みゆ さん



たいへんにおめでとうございました!
詳細は以下のページでご覧いただけます。
https://www.xn--h9jg5a3d.net/misscon/grandprix2020.php

〇第7回ミツバチイラストコンテスト
【金賞】
entry No.223 「うれしい朝ごはん」 田中美沙妃 さん
【銀賞】
entry No.082 「森のハニーホットケーキ屋さん」 七三 ゆき さん
【銅賞】
entry No.078 「みつばちのけっこんしき」 まにょ さん
【佳作】
entry No.038 「青空の下で」 おすし さん
entry No.141 「はちみつお届け便」 よつば さん
entry No.147 「はちみつのある暮らし」 小澤 パー子 さん
entry No.194 「アカシアとみつばちからの贈り物」 うさ香 さん
entry No.212 「みつばちたちのアフタヌーンティー」 いつみず さん
entry No.213 「自慢のお城」 とるら さん
【10才児以下特別賞】
entry No.209 「今日も元気にミツを集めるぞ」 まるはる さん(10)
entry No.210 「はちみつたべてみんなげんき」 まるみーこ さん(7)

詳細は以下のページでご覧いただけます。
https://www.xn--h9jg5a3d.net/illust/il2020jusho.php

今回は特にイラストの応募者が過去最高で、選考にはたいへん苦労いたしました。
どれも素晴らしい作品ですので、様々なところで活用させていただきたいと思います。
 

ゆーきです!

 

ジメジメの天気が続きますね。

早く梅雨明けしてくれるのを待つばかりです。

 

さて、今回は「鶏もも肉のはちみつカレー照り焼き」を作りました!

 

 

■材料■

鶏もも肉      1枚

塩          少々

カレー粉      大さじ1/2

片栗粉       適量

サラダ油       適量

◎酒         大さじ1

◎しょうゆ       大さじ1

◎はちみつ     大さじ1

 

■作り方■

① 鶏もも肉は一口大に切ってビニール袋に入れ、塩とカレー粉を加えて揉み込む。

② ①に片栗粉をまぶし、全体的にもみ込む。

③ ◎の材料を混ぜ合わせる。

④ フライパンにサラダ油を入れ熱し、皮目を下にして②を焼く。

⑤ 焼き色がついたら裏返し、弱火でふたをして3分ほど加熱する。

⑥ ⑤に③の材料を加えて中火で煮詰めて、絡めていきます。

⑦ 照りが出て全体的にタレがとろりと絡んだら出来上がり!

 

パクリ。

おーいしーーーーーーー!!!

カレーのスパイスとはちみつの甘さと醤油の香ばしさ!!

夏はやっぱりカレーですね!

食欲がなくてもカレーの香りに釣られてついパクリと食べちゃいます。

子供たちもパクパク食べてくれました!

 

難しい行程もなく、ビニール使って作るので洗い物も少なくて忙しい時でもすぐ出来ます。

冷めても美味しいのでお弁当に入れても良いですよ。

是非お試しくださいませっ!

 

久し振りに「ミツバチが出て来るよもやま話」をいたしましょう。

 

養蜂の神様が存在することをご存じですか?
それはギリシア神話に登場するアリスタイオスという神です。

 

※ルーヴル美術館所蔵『アリスタイオス像』(Wikipediaより転載)

彼はアポローンとキューレーネーの子で、神話の中では養蜂技術を発明したほか、チーズの作り方やオリーブの栽培の仕方も伝えたとされています。
当場が養蜂をできるのも、彼の存在があったから?(笑)


母キューレーネーは狩りを好み、若い頃はライオンと戦って倒すほど勇猛果敢な娘で、それが気に入ったアポローンは彼女を妻にしました。
そして二人の間に生まれたアリスタイオスは、農業を愛する青年に成長し、ミツバチの飼育の仕方をはじめ、牛乳からチーズを作ったり、またオリーブの育て方を修学して、やがて羊飼いになってアウトノエーという女神と結婚します。

ある時アリスタイオスは、
「ケオス島に行きなさい」
との父アポローンの神託を受け島に向かいます。
ところが島に着くと、そこでは疫病が蔓延していました。

神話の時代から疫病は人々を苦しめていたのですね。。。

原因を調べているうちに、島の人たちがイーカリオスを殺害した者をかくまっていることが分かってきました。
イーカリオスというのはワインの醸造法を発明した神で、まだ“酔う”ということを知らなかった人たちが、彼に勧められて「毒を飲まされた!」と勘違いして殺してしまったのでした。

それを知ったアリスタイオスは巨大な祭壇を作り、ゼウスに生け贄を捧げて罪人たちを罰しました。
すると最高神ゼウスは、これに応えて疫病を終息させ、アリスタイオスはケオス島の英雄になりました。

次にテムペーという地に移ったアリスタイオスは、そこで養蜂を始めましたが、このとき事件は起こります。
飼っていたミツバチが病気で全滅してしまったのです。

当場でもたびたび原因不明のミツバチ全滅の事態を経験しますが、神代の昔からあったのですね!

途方に暮れたアリスタイオスは母キューレーネーに相談すると、
「プローテウスを縛り上げてミツバチの病気の理由を聞き出すがよい」
と教えてくれました。


プローテウスというのは海の老神で、予言能力を持っているのですが、その能力を使うのを好まず、話を聞き出すには彼を無理やりにでも捕まえなければなりませんでした。

母が“縛り上げて”という言葉を使ったのは、彼女が気性の強い狩りの女神だったこともあるでしょうが、プローテウスに対する敵対する感情もあったのでしょうか。
プローテウスは変幻自在の能力も持っていて、彼を捕まえるのは至難の技なのです。

綿密な作戦を立てたアリスタイオスは、洞窟で昼寝をしてるプローテウスをいきなり襲い、格闘の末ようやく捕まえることに成功します。

 

プローテウスはこう教えます。

「お前はかつてエウリュディケーに恋をしていただろう?
あのとき彼女は結婚したばかりで、お前に追い回されてひどく困っていた。
そしてお前から逃れようとした途中に蛇に噛まれて死んだのだ。
お前のミツバチが死んだのは、その恨みが原因である」

これを聞いたアリスタイオスは、恨みを鎮めるために牛の生け贄を捧げます。
すると、牛の死体からミツバチの一群が現れ、アリスタイオスは再び養蜂を始めることができたということです。

なんとも分かったような分からないような妙な物語ですが、原因不明の事象を怨みのせいにしたり、存在不明のものに救いを求めたり、人の英知の無力さを思う今日この頃です(笑)

 

ゆーきです!

 

先日、頂いたカタログギフトで何にしようかなと思ってペラペラめくっていると

目に留まったのはヨーグルトメーカー。

これにしよう!

と思ってさっそく頼み、我が家にやってきたヨーグルトメーカー。

 

普通のヨーグルトとカスピ海ヨーグルトができるみたいです。

1回目は普通のヨーグルトを作り、2回目はカスピ海ヨーグルトを作りました。

 

ところが、いつの間にかヨーグルトメーカーのふたがあいておりました。

牛乳パックが開いてしまい、ヨーグルトメーカーのふたを押し上げいたもよう…。

途中で牛乳パックをホッチキスで止めたのですが、出来上がりの時間になっても固まってはおらず…。

下の方はどうかな?と混ぜてみると下の方は固まっておりました。

上の固まっていない方と混ぜていくと、この緩い具合のヨーグルトはまさに飲むヨーグルト!!

 

 

はちみつを入れて混ぜるとはちみつ飲むヨーグルトの完成です!

 

ん~~~!おいしい!!!

はちみつの甘さとヨーグルトの酸味が絶妙ですっ!!!

アカシアはちみつのさっぱりとした甘さがヨーグルトによく合います。

 

うちにヨーグルトメーカーとかないんですけど…。

という方もご安心ください。

簡単にできるレシピをご紹介します。

 

■材料■

ヨーグルト   100g

牛乳       100g

はちみつ    大さじ1

 

■作り方■

① 材料をすべてミキサーに入れて30秒ほど撹拌。完成っ!!

 

簡単、速い、美味しい!!

ミキサーがなくても、ボウルに泡だて器で混ぜてもOKです。

 

おやつに朝食に、簡単にできますよ。

皆様ぜひお試しくださいませ!

ゆーきです!

 

梅雨明けも近づいてきて段々暑い日が多くなってきました。

体調崩さないようにお気を付けくださいね。

 

先日、鈴木養蜂場のお店に行ってきました!

ケンちゃん社長さんや師匠のはちぶんさんとイラストコンテストやはちみつクイーンの選考会に参加しました。

イラストも多くて選ぶのが大変です。

クイーンも皆様素敵な方々ばかりで選考会は白熱?しました。

ゆーきの意見も言いましたが果たしてその意見が通るのかどうなのか…。

8月3日。はちみつの日。結果が楽しみですね!

 

鈴木養蜂場のお店でははちみつの食べ比べができます。

しかもこんなにたくさん!

 

マヌカハニー

ブルーベリー

れんげ

菜の花

りんご

そば

百花蜜

日本ミツバチのはちみつ

などなど。

 

ゆーきもさっそく味見をしました。

 

<マヌカハニーUMF5+>

少し結晶化していてざらっとしました。

ピリッとして独特な味がしました。

 

<ブルーベリー>

すごいとろりとしていてさっぱりとした口当たりでした。

 

<れんげ>

ブルーベリーより花のフローラルな香りがしました。

 

<りんご>

結晶化してして下の方は固まっていました。

遠くにリンゴがいる感じがしました。

これまたさっぱりとした口当たりです。

 

<栗>

栗の香りと風味がしました。

 

<そば>

何といっても見た目が黒い!!

そして食べてみるとちょっと酸味?苦味?があって、大人のはちみつな感じがしました。

 

私がおいしいと思ったのは味に特徴があったマヌカハニーUMF5+でした。

数値の違うのは食べなかったのですが、数値の違いによって味も違ったのでしょうか…?

今度は試してみたいと思います!

 

皆様もコロナが落ち着いたら是非鈴木養蜂場のお店に来て食べ比べをしてみてください。

好きなはちみつが見つかるかもしれませんよ。

ゆーきです!

 

以前漬けた梅のはちみつ漬け。

10日ほどでプクプクと泡立ってきてしまいました。

梅の実についた酵母菌が発酵してしまったようです…。

原因ははちみつとの混ぜ方が足らなかったみたいです。

漬けてから数日、エキスが出てきたな~

と思っていたら下の方のはちみつとしっかり混ざっていなくて慌てて混ぜ合わせました…。

 

発酵してしまったらあとはもう火を入れて発酵を止めるしかない!

ということで梅の実を取り出して、加熱します。

 

 

弱火でゆっくりと火にかけ、アクを取ります。

粗熱が取れたら消毒したビンに移して冷暗所で保存します。

 

さて、取り出した梅の実。

フォークで傷をつけたため、すっかりシワシワになりました。

これならもう梅のエキスが出たのでは?

ということはもう飲めるのでは?!

 

ということでさっそく飲んでみましたー!

梅を漬けたはちみつを水で7~8倍に薄めました。

ついでに梅の実も!

 

お~い~し~い~~~~~!!!

梅シロップと違ってはちみつのコクもあって、ごくごく飲んじゃう!

梅のさわやかな酸味とはちみつの甘さが溶け合って本当においしいっ!!

たまらない~!!

 

そして、梅の実!

カリッと噛むと中からはちみつの甘さと梅の香りが口の中いっぱいに広がって

おーいーしーいーーーーーーー!!!!

ジュースよりも凝縮されているからはちみつの甘さがダイレクト!!

フォークで入れた傷から噛むごとにエキスが出てくるーっ!

そして、食感!!

私梅干しの柔らかい食感が苦手なのですが…。

この梅はこんなにシワシワしているのにカリコリするんです!!

今まで幾度と梅の甘漬けをして失敗したか…。

それなのに、はちみつに漬けるだけでこんなにおいしいのができるなんてっ!!

感動ものですっ!!

梅漬けのレシピを見るとジャムにしたりというのが多いですが、

そのまま食べてもおいしいです。

是非お試しくださいませ。

 

梅のはちみつ漬けのエキスはジュースで。

漬けた梅はカリコリ。

余すことなくこの夏は楽しめそうです!

日本にレンゲ畑をよみがえらせようと、4、5年前から取り組んできたミツバチ応援プロジェクト。
毎年レンゲの種を蒔いて活動を続けていますが、苦労の連続。
3年ほど前から花を咲かせるようにはなりましたが、まだまだ道半ば。


300坪ほどの土地を耕すのに今までトラクターを使っていましたが、土壌を改良するためにはもっと大胆に土を掘り返さないとだめだと思い、来年に向けて先日小型重機を導入しました。

この度導入したのは小型のショベルカーです。

 


ものすごくパワーがあって穴がガンガン掘れます!
超具合良い!

両サイドにレバーがあって、前にも2つのレバー、そしてあしもとにペダルふたつ、まるでロボットのコックピット。
でも操作はとても単純なのだそうです。

往年のロボットアニメの主人公になりきったケンちゃん社長は超ご機嫌。
「アムロ、行きまーす!」
と、広い荒野に乗り出しました。


ようし、レンゲの花をドンドン増やしていくぞ!

 

ゆーきです!

 

暑いと思ったら涼しい日が続いたり、かと思ったらムシムシしたりと体調崩しやすい時期ですね。

豪雨災害もあちらこちらで起きていて落ち着かない日々が続いています・・・。

被害に合われた方々の日常が早く元に戻るようにお祈りしています。

 

さて、今回は「はちみつを入れた豚の生姜焼き」を作りました。

以前はちぶんさんに教えてもらった

はちみつ:醤油:お酒の黄金比率!”1:2:2”で作ってみました。

 

■材料(4人分)■

豚ロース肉(生姜焼き用)・・・400g

キャベツ・・・・・・・・・・・・・・・・・1/4

◎はちみつ・・・・・・・・・・・・・・大さじ1

◎醤油・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2

◎お酒・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2

◎しょうが(チューブ)・・・・・・4cm

 

■作り方■

① キャベツを千切りにする。

② ◎の材料を混ぜ合わせておく。

③ 豚肉の筋を切る。

④ フライパンにサラダ油(分量外)を入れて中火で熱し、豚肉を入れて両面に焼き色がつくまで焼く。

⑤ ②を加えて炒め合わせる。

⑥ 器に盛り付け完成!

 

ん~~~!おいしいーーーーー!

甘辛いたれでご飯がいくらでも食べられちゃいそうです。

さすがは黄金比!!

完璧な味付け!!

豚肉食べて疲労回復!

明日からまた頑張ります!

 

皆様も是非お試しくださいませ!

ゆーきです!

 

例のごとく朝のパンが切れておりまして…。

パンがなければ蒸しパンを食べればいじゃない!

という事で今回ははちみつ蒸しパンを作りました!

 

 

■材料■

小麦粉          150g

ベーキングパウダー  小さじ1

豆乳            150g

はちみつ         15g

塩             ひとつまみ

 

■作り方■

① 小麦粉、ベーキングパウダー、塩をボウルに入れ泡だて器で混ぜる。

② はちみつを入れ、豆乳は少しずつ入れ混ぜる。

③ カップに生地を入れる。

④ 鍋に水を入れて沸騰させカップを入れて約10分蒸す。

蒸し器がなく、紙のカップに入れてしまったのでお茶碗に入れてから蒸しました。

 

⑤ 爪楊枝で刺して生地がつかなかったら完成!

 

さっそく実食!

 

ふんわり~~~~~~~!!!

甘さがやさしくて朝食にもピッタリです。

もちろんおやつにしてもいいですよ!

はちみつの風味がほんのりして美味しい~~~~~!!!

 

牛乳も卵も入ってないので牛乳や卵のアレルギーの方でも大丈夫です。

小麦アレルギーの方は米粉にしてもおいしいですね。

今度米粉でも作ってみます。

 

材料は5つだけ。

とても簡単ですよ!

 

是非お試しくださいませ!

先日お店に一人の若い女性が“ミツロウ”を買い求めにやってきました。
ミツロウというのは、言ってしまえばミツバチの巣で作った蝋(ろう)のかたまり。
その用途は様々ですが、少し特殊なので「何に使うのですか?」と聞いてみましたら、
「“みつろうラップ”を作るのだ」
と教えてくれました。

“みつろうラップ”???

調べてみますと、いま巷で密かなブームをおこしているようで、自宅で簡単に作れるエコアイテムであることを知りました。

 

↓ミツロウラップ



皆さんも「サランラップ」はよく使うと思います。
容器にかぶせたり、食品をくるんだりするアレです。
“みつろうラップ”はそのサランラップの代用として使われはじめているというのです。

一般的なプラスチック製のサランラップは、ポリ塩化ビニリデン、ポリエチレン、ポリ塩化ビニルなどの科学性物質が原材料になっています。
しかもラップ機能を高めるため、様々な添加物が使われています。
そしてゴミ問題が騒がれる昨今にあって、一度使ったサランラップはゴミにするより仕方ありません。
安くて便利で使いやすい反面、健康や環境にはあまり留意していないといった大きな欠点があるようです。

それに対して“みつろうラップ”は100%天然素材。
水で優しく洗って、繰り返し何度も使えて、お手入れ簡単!
仮に捨てても生物分解されて土に還ります。
しかもミツロウには抗菌作用があるので、サランラップと同じように食品を新鮮に保ちます。
さらに適度な通気性があるので自然な状態で食品を保存できるのです。

知らなかった・・・!

【“蜜蝋ラップ”3つの特徴】
1.自然由来の安心素材
2.抗菌・防腐作用がある
3.軽く洗って何度も使える


まさにイイこと尽くめですね。

しかし弱点も知っておきましょう。
電子レンジ等、熱のあるものに使用するのはNGです。
ミツロウは60℃で溶けてしまいます。
しかし、ミツロウですから食べてもまったく問題ありませんがね。(笑)

 

これまで当然のことのように考えていたお買い物の際のレジ袋も、エコバックを持ち歩くようになり始めたこの時に、サランラップの考え方も変えるにはちょうどいい機会かも知れません。

そこで今日は、おうちで作れる“みつろうラップ”の作り方をご紹介します!
市販品もありますが、やっぱり手づくりの方が愛着がわいていいですね♪

【用意する物】
〇ミツロウ(当場にありますヨ♪)
〇綿100%の布(お気に入りの柄)
〇クッキングペーパー(2枚)
〇新聞紙
〇アイロン
〇ピーラー

 



【作り方】
1.新聞紙を広げ、ミツロウをピ-ラーで削っておきます。


2.新聞紙の上にクッキングペーパーを敷き、その上にミツロウラップにする布を置きます。
※布の大きさは自由(ちなみにはちぶんは、キリン柄の33mm×33mmにしました。)


3.布の上に(1)で削いだミツロウを散りばめます。


4.さらにその上にクッキングペーパーを置き、上からアイロンをあて、ミツロウを溶かしながらアイロンがけの要領で布にロウを沁み込ませます。

※アイロンの温度は(中)くらいでいいと思います。(ミツロウは60℃程度で溶けます。)
※最初デコボコしていて、コツをつかむまでがやりにくいです。(笑)
※当場にはミツロウが売るほどあるので(笑)多く置き過ぎてしまい、余分が大量にはみ出てたいへんなことになってしまいました(笑)


5.熱が冷めたらクッキングペーパーをはがして完成です。


6.蜜蝋がこびりついたピーラーは60℃以上のお湯につけておけばきれいに取れます。

【完成したミツロウラップの使い方】
1.ほど良い粘着性がありますので、お皿や容器のカバーにして使います。
2.人の体温で変形するので、形は自由自在!
3.お弁当やおにぎり、サンドイッチを包んだりします。
4.野菜や果物を包んで冷蔵保存したりします。
5.何度も言いますが60℃以上の熱で溶けだしてしまいますので電子レンジに使用するのはNGです。(笑)

とりわけ色や柄のバリエーションが豊富ですのでビジュアル的にも超魅力的。
柄もサイズも自分好みで作れますので、インスタ映え写真を撮ったり、お弁当を包んでお友達に見せたり、考えただけで楽しくなりそうです。

あなたも今日からプラスチックフリーなエコライフはいかがですか?