悦ちゃんのブログ

悦ちゃんのブログ

日常生活と趣味を紹介します

料理教室にて!(NO,41)

(山口良一先生 主宰 料理教室、ホームクッキングの魅力)

 

8月7日(金)の料理教室は、
 鮭のポジャルスキー 
アボカドチーズのポテトサラダです。
 
出来上がった料理の数々、、、すっごく美味しかったです!
 
 
<鮭のポジャルスキー(材料は2人前です。)

ボウルに鮭の切り身(2切れを皮と骨を取って小豆代に切る)、

バター(10gをレンジでポマードにします)、パン粉(20g)を入れて混ぜ、

牛乳(適量)を少しづつ加えながら混ぜます。かたさを調節して、こしょう(適量)、

(適量)、ナツメグ(適量、ない時は入れなくても大丈夫)で味付けします。

生地をを二つにに分け、ハンバーグの様に形を整えます。

フライパンにキャノーラ油を熱して、表面に焼き色を付け、裏返して蓋をし、

中まで火が通るまで中弱火で焼き上げます。ポジャルスキーが焼きあがったら取り出し、

同じフライパンにトマト水煮缶(1缶)を入れて煮込み、こしょうで味を調えます。

皿の中央にポジャルスキーをのせて、周りにトマトソースをまわしかけます。

彩りに、ミニトマト、キュウリ、あればパセリなどを添えて完成です!

 

<鮭のポジャルスキー

鮭の他に、魚、鶏肉、仔牛肉等でも美味しくできますよ。

簡単に美味しく出来ますので是非ともお試しください。

 

 

<アボカドチーズのポテトサラダ(材料は2人前です。)

じゃが芋(2個を皮つきのまま茹でます)、茹でたじゃが芋は熱い内に皮をむいて、

一口大に切り、(適量)粗挽き黒こしょう(適量)で下味をつけて冷まします。

クリームチーズ(50g)とアボカド(1/4個)と一緒にボウルに入れて、

スプーンでつぶしながらよく混ぜます。アボカドチーズの完成です。

じゃが芋が冷めたらアボカドチーズのボウルに加えてよく和えて完成です!

 

<アボカドチーズのポテトサラダ

人参、キュウリを水分を切ってから入れると、彩りがキレイなサラダになります。

クリームチーズの代わりにマヨネーズでも美味しくできます。

 

 

<ゴーヤのポタージュスープ
山口良一先生から頂いた自家製ゴーヤでポタージュスープ作りです。
玉ねぎをしんなりするまで炒めたものと、ゴーヤのワタをとり、半月切りにしたものを、
フードプロセッサーに入れて細かくします。トロミにご飯をいれて攪拌します。
そこに生クリーム、牛乳を入れて混ぜ合わせ、塩こしょうで味を調えて完成です!
 
<ゴーヤのポタージュスープ

ゴーヤの苦みが、夏を感じるスープです。

 

 

<生徒さん手作りのお漬物

キュウリにしょうがとみょうがを入れたお漬物です。

サッパリして美味しい漬物、、、いくらでも食べられます。

御殿場公園の蓮の花

(喜多方市塩川町)

 

8月2日(日)、御殿場公園の蓮の花が見頃と聞いて訪ねました。

喜多方市によると「花でもてなす喜多方」の事業の一環で、

2015年(平成27年)から植え付けが始まったそうです。

この蓮の花は、喜多方市と交流のある、山形県米沢市の松が峰公園と

友好都市の千葉県香取市の水郷佐原水生植物園から株分けされたそうです。

ピンクや白のかれんな花びらがとってもきれいでした。

訪れた皆さん、カメラでパシャリ、パシャリ、、、!

とっても癒されたひと時を過ごしました。

 

ピンクの蓮の花、、、とっても優雅でかれん!

 

真っ白い蓮の花、、、清楚で美しい!

 

 

 

UFOズッキーニ!

 

八百屋さんの店頭で見かけた「UFOズッキーニ」、、、!

お店の人に聞いたら、「これもズッキーニだよ。」との事!

いつも見かける、キュウリの太い形のズッキーニと形が違う、、、!

平たい円盤型のズッキーニで、白いカスタード・ホワイトという品種だそうです。

他にも、黄色や、オレンジ色の物、部分的にグリーンと黄色になっている物などがあるそうです。

ズッキーニの白い円盤型は初めてでした、、、さっそく、購入しました。

どう料理しようかな、、、ズッキーニを薄切りにして、ミートソースとチーズをかけて、

オーブンで焼いてみました、、、美味しそう、、、とても、美味しく出来ました。

チーズ嫌いの95才の姑が、美味しい、美味しいと、、、良かった~~!

 

 

 

ギボウシの花が美しく!
 
庭のギボウシの花が美しく咲きました。
庭の片隅で、うす紫色の花が、、、楚々と美しく、、、!
人知れずそっと静かに、そして涼しげに、庭の隅で咲いていました。
ギボウシのうす紫色の花に、雨のしずくが光って、とっても綺麗です!

 

緑に包まれた會津鶴ヶ城!

 

コロナウイルス感染防止のため、観光客が少ない會津鶴ヶ城です、、、!

人があまりにも少ない、、、あまりにも静寂、、、こんな光景初めて、、、!

そんな、緑に包まれた會津鶴ヶ城を、パパさんと散策して来ました。

生命力みなぎる緑の美しさ、、、とても癒される緑いっぱいの光景に感動!

目にも鮮やかな新緑の木々に包まれた、會津鶴ヶ城の素晴らしい光景を独り占め!

例年なら、観光客でいっぱいの會津鶴ヶ城です、、、人が入らない写真を撮るのが大変、、、!

そんな、素敵な緑に包まれた會津鶴ヶ城を撮って来ました。どうぞ、ご覧ください!

 

會津鶴ヶ城、、、緑にやさしく包まれて!

 

會津鶴ヶ城、、、堂々として!

 

會津鶴ヶ城、、、松の緑に囲まれて!

 

會津鶴ヶ城、、、たくさんの松を前に!

 

會津鶴ヶ城、、、緑がいっぱい!

 

會津鶴ヶ城、、、茶色の瓦に真っ白な城壁が映えて!

 

會津鶴ヶ城、、、朱色の廊下橋が緑に映えて!

 

會津鶴ヶ城、、、緑の古木のトンネル、、、素敵!

 

 

 

鷹の羽すすきの三種いけ

 

今日のお花は、鷹の羽すすきの三種いけです。

すすきは、秋の七草の一つで、秋を代表する秋草です。

真に鷹の羽すすき、副にれんぎょう、体に小菊と、

それぞれ異なる花材でいけてみました。

すすきは、弧を描いて広がる姿が美しいので、

その美しさを生かしていけるのですが、、、なかなか、難しいです!

 

 

 

猫ばさみを作ってみました!

 

洗濯ばさみを使って「猫ばさみを」作ってみました。

介護中の義母の傍らで、猫ばさみ作りです。

義母も可愛いね~~と、興味津々の様子、、、!

会津もめんや端切れなどで、つぎつぎに猫ばさみ完成、、、!

義母も嬉しそうな顔、、、義母と楽しい時間を過ごせました

 

 

カーテンに付けてみました、、、可愛い!

庭のあじさい

 

庭のあじさいの花が咲きました。

2,3年前に頂いたあじさいの枝を、庭に挿し木したんですが、

ここずっと花が咲かず、存在さえ忘れていました。

そのあじさいの花が咲いていたんです!

とっても可愛い花を咲かせて、、、思わずパシャリです、、、!

 

 

 

夏つばきの花!

 

我が家の玄関先にある夏つばきの花が咲きました。
毎年、梅雨の頃に、真っ白いすっきりした美しい花を咲かせてくれます!
花の形がつばきに似ていて、夏に開花するので夏つばきと呼ばれているそうです。
夏つばきの花は、朝に開花し、夕方には落花する1日花です。
翌朝、玄関先や道路に、たくさん落ちている白い花を見ると、なぜかもの悲しさを感じます!
そんな美しい夏つばきの花です、、、どうぞご覧下さい!

 

夏つばきの花~真っ白い花が楚々として美しい!

 

料理教室にて!(NO,40)

(山口良一先生 主宰 料理教室、ホームクッキングの魅力)

 

7月3日(金)の料理教室は、
 ベトナム料理のミニ春巻き(チャージョー) 
ベトナム風 揚げ出し豆腐です。
 
出来上がった料理の数々、、、すっごく美味しかったです!
 
 
<ミニ春巻き(チャージョー)(18本分です。)

豚小間肉(200g)、むき海老(100g)、玉ねぎ1/2個)、干ししいたけ(6個を水で戻して)、

緑豆春雨(30gを水で戻して)、ニンニク(1片)、生姜(1片)を全てフードプロセッサーで

粗いみじん切りにします。それを、フライパンにキャノーラ油を熱して中火で炒め、

火が入ったらヌォク・マム(魚醬)大さじ1)、てんさい糖(小さじ1)、(適量)、こしょう(適量)で

味を調えてバットに広げて冷まします。(味は、薄めにつける方がよい)

生春巻きの皮(6枚)を水で戻し、具を乗せて親指大の春巻きになるように巻いて完成です!

ミント大葉などを好みで挟んで、タレにつけて食べます、、、サッパリして美味しいです!

    <タレの作り方>

(1/4カップ)、(1/4カップ)、赤唐辛子又は青唐辛子(2本を小口切り)、てんさい糖(大さじ1)

ニンニク(1片を薄切り)、ヌォク・マム(魚醬)(大さじ2)を全てボウルに入れよく混ぜます。

ヌォク・マム(魚醬)は、タイではナムプラーと言います。

 

<ミニ春巻き(チャージョー)

出来上がった春巻きを、中温に熱したキャノーラ油でカラッと焼いても美味しいです!

春巻きの中身は、いろいろと入れてお楽しみくださいね!

春巻きの具は、ご飯や、スパゲティ、サラダにかけても美味しいです。

タレはなんにでも合います、、、いろいろと使えますのでお試しください。

 

 

 

<ベトナム風 揚げ出し豆腐(材料は2人前です。)

煮汁は鍋お湯(適量)を沸かして、ヌォク・マム(適量)、てんさい糖(適量)、

(適量)で調えます。フライパンにに多めのキャノーラ油を熱し、

豆腐(1丁を一口大に切る。12等分)の表面がカリッとするまで揚げます。

余分な油を切り、先ほどの煮汁の鍋に入れて冷まします。

粗熱取れて味が染み込んだら、再び温めて器に盛り付け、

長ねぎ(1/3本を小口切り)をたっぷりとちらして完成です!

 

<ベトナム風 揚げ出し豆腐

豆腐をそのままカリッと揚げて、煮汁に入れるだけなので簡単に出来ます。

アッサリとしているのでいくらでも食べられます、、、煮汁がとっても美味しいです!

 

 

<余った材料でスープ作り>

余ったミニ春巻きの具、余ったキャベツ、春雨、ねぎ等を入れたスープです。

味付けは、塩とこしょうにプラス酢を入れたスープ、、、!

酢を入れたら、すっごく、美味しい!、、、夏にはピッタリです!