おばはん一家は一応日本に一時帰国中。
予定は未定なのでニアスにいつ戻るかはわかんないんだけど、あまり余計な出費をしたくないわけ。


今年は暖冬のおかげで、おばはんちは11月末にやっと石油ファンヒーターを購入したの。(¯―¯٥)

元々付いてたエアコンで日本生活を乗り切ろうと思ってたんだけど、そのエアコンが全く暖かくなってくれないわけ。

何なのかしら、全く!
なわけで、結局暖房器具購入。


そういえば日本の子供って、夏でも下着を着るわよね。
あ、パンツはもちろんニアスでも履いてたからシャツの話よ。

うちも日本に住んでた時は確かに着てたのに、ニアスに行ってからいつの間にか着なくなっちゃってたわ。
つまり直にTシャツ。

帰国してしばらくは直にTシャツだったんだんだけど、学校に行き始めたらやっぱ気付くわけよ。
体操着に着替える時に、みんなシャツ着てるって。

でもなーんか下着のシャツをわざわざ買う気になれず、すでにボロいけどそこそこ数あるし誰も見ないだろうからって、ノースリーブのTシャツを下着代わりにしてるわ。(¯―¯٥)

ついでに日本って寝る時、パジャマ着るじゃない?
ニアスでちゃんとしたパジャマって着たことなかったのよね。
パジャマというものが存在するのかすらわかんないけど。

帰国してすぐの夏は何でもいいけど、さすがに冬はモコモコパジャマ着たいわよね。
しかーし現実はニアスの小学校で着てた体操着着せてるわ。

半袖だけど。
ええ、母的にノープロブレムよ。(¯―¯٥)


いつだったか冬服をゲットしようとアウトレットパークへ行ったことがあったの。

もちろんお安くイイ物が手に入ると思い込んでね。

しかーし、それがアウトレットパークのマジックなわけ!!
そしてまんまと引っ掛かってしまったおばはん一家・・・(¯―¯٥)

いい?
アウトレットパークって元々お高いブランド品がアウトレット価格で購入できる所なわけよ。

元々がお高いからアウトレット価格っていっても、貧乏一家にとってはまだお高いわけよ。

例えばおばはんの好きなサーフブランドの1つ『Hurley』。
元々15000円位のパーカーを70%引きの5000円でゲット。

『DC』で海のパーカー7000円が30%引きの5000円、星のトレーナー5000円が40%引きの3000円。

ジーンズのメーカー『something』ですでにお安くなって、花のジーンズが1600円&ニットカットソーが2500円。

等々、元がお高いわよね!?
ディスカウントされてもまだお高いわよね!?

冬服がナッシングなおばはん一家には質より量が欲しいのに、一品がお高い物ゲットしちゃったらいかんでしょーが!!

とりあえずアウトレットパークへ行ったのは痛恨のミスだったわ。


それから切実な悩み、便利でお安い100均で買い過ぎちゃうってこと。

キッチンの調理器具や文房具類なんかある程度ニアスに持ってって、そのまま置いてきたわけ。
スプーンからフライパン、ボールペンから洗濯バサミなんかの小さな物までまた1から揃え直し・・・(=_=)

ムダったらありゃしないっ!!

まぁ生活に必要な物ならしょうがないんだけど、100均ったら生活必需品のみならず便利グッズがお安く手に入るじゃない?

ついつい買っちまうわけよ。(¯―¯٥)


ただね、洋服ダンスや棚なんかのデカい物は絶対買わない!
結局処分に困るし、揃えたらそこそこお高くついちゃうしね。

なもんでゴミ箱は小さなダンボール、洋服類も押し入れの中でダンボールを改造した棚に収納してるわ。(¯―¯٥)

切ない日本生活…(°ーÅ)

日本帰国珍道中③

テーマ:

久しぶりにメダンのファミリーに会い、1日ダラダラしながら過ごして夕方空港へ。

ほぼ定刻通りの19時半頃、メダンのクアラナム空港出発。

 

マレーシアのクアラルンプールへ21時半頃到着。

夕食を食べてなかったので早速マレーシアの通貨リンギットに両替。

 

この時すでに資金はギリギリ。

マレーシアはいつもインドネシアと日本の通過点のみなのでリンギットに両替する手数料さえもったいないほど。

 

日本円の2千円とインドネシアルピアの5万ルピアを交換して82リンギット。

為替がイイのか悪いのかわからないけど、しょうがないのでとにかく交換。

1人15~18リンギットの定食を食べて手持ちの資金はほぼ終了。

 

そしてここマレーシアの空港で1晩を過ごす(゚Д゚;)!

そう、関空へは翌朝8時の出発予定。

 

パパは日本とニアスを年2回行ったり来たりしていたので、このクアラルンプールの空港はよく知っててスポーツラウンジで1人サッカー観戦。

おばはんと子供たちは4年前にニアスに移住した時、軽いトランジットのみだったので今回あちこち探検。

 

フリーの水が飲めてコンビニもあり、無料の休憩スペースが何箇所かあって、冷房がちょっと寒かったけど住めると思えるくらい快適な空港ね。

 

空港内ではおばはん一家以外にも翌日の飛行機待ちの外国人がチラホラ。

みんな床に直寝するためにイイ場所を確保して、深夜になるとあちこちで死体のように人が転がってる状態。

 

ちなみに家族で直寝してるのは見たところおばはん一家のみ。(=_=)

子供がいるならホテルなりちょっと一休みできるようなスペース予約しようよ!

いやいやいやいや、極貧一家に快適な寝床は必要ないわ。(゚Д゚;)!

 

パパと子供たちは直寝で爆睡してたけど、繊細なおばはんはなかなか寝付けず2,3時間寝たと思ったら朝の5時頃。


すでに大混雑の中、おばはん一家も荷物検査に並び始める。

 子供たちのリュックは問題なく素通り、そしておばはんのバッグとパパのバッグで止められる。Σ(゚Д゚)!

 

引っ掛かったのはパパの鼻毛切りバサミとママの眉毛整えバサミ。

インドネシアの空港では引っ掛からなかったのに、マレーシアは厳しいわね。

 

ん?

てか、これは4年前のデジャヴ??

 

確かニアスに移住する時もパパは鼻毛切りバサミを、ママは眉毛整えバサミをバッグに忍ばせ没収されたはず。


何やっとんねーーーん((>_<))!

 

そして定刻通り朝8時にマレーシアを飛び立ったおばはん一家でした。

 

日本帰国珍道中②

テーマ:

さて、バタバタのギリギリ、さらにゲロゲロ状態で何の感慨もなくニアスを後にしたおばはん一家。

 

狭くて空気が悪くてゴミをどこでも放るインドネシア人に囲まれながら、そして畳1枚分のスペースに子供3人プラス疲れたおばはんがさらにゲッソリしてようやく朝8時頃、スマトラ島の港町シボルガに到着。

 

船を降りて橋を渡るとその先には、4年前から変わらずベチャや車のガッついた呼び込み。

「メダン、メダン!!」としつこい呼び込みのおっさんたちの中に知ってる兄さん発見!

 

この兄さん、ニアス人なんだけどシボルガに住んでいておばはんが移住した4年前からお世話になってるの。

年に1回キタスというVISAの更新でシボルガの入管に来るので、ニアスに帰る時毎回船のチケット取ってもらってたのよ。

 

今回はシボルガからメダンまで、車1台貸し切りを手配してもらう。

約1万5千円から1万1千円とちょっとだけ安くしてもらったけど高いのか安いのかは不明。(゚Д゚;)!

 

とりあえず朝食を食べようと店を探すけど、パパが一緒だとやっぱインドネシア料理になっちゃうわけ。

おばはんと子供たちはパンとコーヒーの軽めの朝食がイイのに。

 

それでもパパは時間がないだの、他に開いてる店がないだのなんだかんだ言って強引に自分好みのワルンに入るわけ。

しょうがなく付いて入ったけど、やっぱりパパ以外誰も何も食べたいものがない。

なのでパパ1人だけロントンの朝食を済ます・・・(=_=)

 

それよりこの時すでにお昼も近い11時頃。

シボルガからメダンまで約10時間、早く出発したいわけ!!!

 

10時間・・・もう考えただけでゲロゲーロ(゚Д゚;)!

なので寝るに限るわ!!

 

とにかく道が悪いし、ぐねぐねの山道が多いし、その上インドネシア人ドライバーってなぜかぶっ飛ばす人多し。

そらゲロゲロになるっちゅーの。

 

 

目が覚めてもムリヤリまた寝てを繰り返しながら、「もう寝れん!」と起きたら午後3時頃のレイクトバ(トバ湖)。

 

見晴らしのいいレストランで休憩。

しかーし、メニューがまたもやインドネシア料理のみ。

しょうがないから定番のアヤムゴレン(鶏のから揚げ)とサユール(野菜)とナシ(白飯)でランチタイム。

 

レイクトバまでは数年前に来たことがあるんだけど、そこからメダンまでは初めての道。

すでに時間はもう4時頃、さあ出発よ!

 

ちょっと元気になったもんだから、山道のガードレールや道路脇の木にいっぱい群がってる野生のサルを見て大興奮!

パームやしをいっぱい積んだ貨物列車を見て興奮、踏切のカンカンカンを聞いてまた興奮!(ニアスに列車は存在しなかったからね。)

 

なんか見るモノ見るモノ全てが新鮮でいちいち大興奮!!!(かなりの田舎者ね。)

 

 

そんな山道から景色がだいぶ町っぽい雰囲気になってきたので、途中高速道路に乗って一気にメダンのファミリーの家へ。

夜もすっかり真っ暗な8時頃到着して、久しぶりにパパの1番目の兄夫婦と再会。

 

ちなみに義兄夫婦の1人娘は看護士だか介護士の研修生として日本へ行ったばかり。

代わりに甥っ子アキヤと4年ぶりに再会したわ。

 

アキヤは、今は亡きパパの3番目の兄の子供でシボルガ在住、当時確かまだ中学生だったと思う。

おばはんが移住して来た時の4年前にシボルガで初めて会って、それ以来。

 

すっかり大きくなって、しかも垢抜けちゃって。

でも何でメダンにいるのかしら?

 

パパに聞いたら、そこには泣ける話が・・・

 

 

アキヤは確か3人兄弟、と思ってたら実は腹違いの兄弟が他にも数人いるらしいの。

アキヤの父、つまりうちのパパの兄はアキヤがまだ小さい時に水難事故で亡くなったって聞いてるわ。

それでアキヤの母は再婚して兄弟が増えたらしいのね。

 

長男として自分が働いて家族を助けたい気持ちはあるけれど、兄弟が多く日々の生活にいっぱいいっぱい。

そして新しい家族に馴染めないのか、居づらくなったのか、たくさんの兄弟との生活が大変だったからかよくわからないけど、中学を卒業してインドネシアの首都ジャカルタへ。

 

ジャカルタで働いたりしてたみたいだけど、そこには日本と同様都会の裏社会に揉まれるわけよ。

それでもシボルガの実家に帰りたくないアキヤは、メダンのファミリーの家を思い出しそこに身を寄せていたというわけ。

 

今は学費を援助してもらい、メダンの1番目の兄の元で頑張ってるアキヤ。

泣けるわ・・・

 

うちが日本に行ってからも、いつかインドネシアに戻って来てからでも、もちろんうちも援助できるようその夜パパと義兄は話し込んでいたわ。

そういうことならおばはん、大賛成よ!!

 

 

てか何が泣けるってね、アキヤに4年ぶりに会った時の彼の表情なの。

4年前はおばはんが外国人で言葉が通じないという不安とか、初対面で恥ずかしいとかそういう感じじゃなくて、とにかくオーラがと~っても暗かったの。

大人しいだけかとも思ったんだけど、なんか影があるような暗さ。

 

今さら判明したわ。

シボルガに住んでた時は家庭が不安定だったのね、きっと。

 

今回会った時は明るくなって、未来にちょっと光が差したような青年に成長していたわ。

 

おばはんは最後に1つだけアドバイス。

「とにかく専門的な技術を身に着けるのよ!!」

現在、電気関係の専門学校のような所で学んでるらしいアキヤ。

 

息子が1人増えたと思って、彼が自立した人生を送れるよう援助できれば嬉しいわ。

海や星もちょっとしか会ってないアキヤのこと大好きだしね。

 

 

3連休の初日金曜日は小学校の学芸会。

 

星は【ドクトルキコリがやってきた】の中の家来の1人、海は【11匹のねこ】の中の猫の1匹を演じたわ。

もちろん衣装を着て、セリフなんかも言っちゃったりして、大勢の人が見てるステージの上に立って演技するのなんて生まれて初めて。

 

ブラボーーー!!

母さん感激!

 

セリフを家で練習し始めた時の星なんて、意味が分からず、言い慣れない言葉に苦戦してたのがウソみたい。

「わたくしたちみんなで、一日中お祈り申し上げていました。」っていうたった一言のセリフなんだけどね。

 

感動する話でもないし、最後の学芸会なわけでもないのに、母さん涙腺ゆるゆる。

じぃ~んって来たわ。

 

何かしら?

このじぃ~んって感情??

 

・・・歳ですよ。

 

なんかね、ニアスにいた数ヵ月前まではそんなこともなかったんだけど、日本に帰国してからすぐよ。

そんなじぃ~んとした感情が生まれるようになったのは。

 

もうちょっとしたことで泣けて泣けて泣けてきちゃうのよね・・・(T_T)

 

てか病んでるの?

 

 

免許更新のために免許センターへ行った時のこと。

 

免許交付前の約1時間のビデオ講習。

ちょっとした気の緩みから交通事故を起こしてしまう加害者のサラリーマンと被害者の中学生、そしてそれを取り巻くお互いの家族の話。

 

気の引き締まるストーリーと共におばはん1人じぃ~んと涙ぐむ・・・みたいな。

加害者も被害者もその家族たちも切ないわけよ・・・

 

ついでに免許センターの壁に、実際にあった交通事故で遺族からの手紙がずら~っと貼ってあったの。

あぁ、ホントもう切なくて切なくてじぃ~んてしちゃったのよ。

 

それから雨の中、カッパを着て自転車で通勤する外国人たち。

日本人もいるかもしれないけど、まぁほぼ99%は外国人労働者だと思うわ。

雨に打たれながら自転車こいで頑張ってる姿見るとじぃ~んってくるわね。

 

近所の中高生も雨で寒い中、カッパ着てヘルメットかぶって学校に通う姿を見るとこれまた泣けるわ。

 

それからそれから普通に友達と遊んでる子供たちを見てもじぃ~んってくる時があるの。

特に学校の行事で、いろんな体験して生き生きとした子供たちの笑顔を見るとホント嬉しいわ。

 

あとね、おばはんが日本に帰って来てハマって見てる刑事ドラマ。

科捜研の女や相棒、単発モノのサスペンスシリーズとかね。

今どきの恋愛ドラマやトレンディードラマはもう見ても面白いって思わない歳なわけよ(=_=)

 

刑事ドラマはね、1話1話のストーリーにじぃ~んて感動しちゃうのよ。

ホントたった1時間弱なのに泣けるわ。

 

おばはん今、歯医者に通ってるんだけどそこの先生も泣かせてくれるのよ。

初診の時、「インドネシアでは怖くて歯医者に行けなくてここまでヒドくなっちゃってもう限界で通うことにしたんです!」みたいに軽く説明したのね。


以来、通うたびに子育ての大変さから外国人(旦那)が日本で働く大変さや海外で生活してた時のおばはんの大変さまで、話を聞いてくれるとゆーよりその大変さやストレスに対してのアドバイス的な。

 

だから歯医者に行った後は歯もイイ感じだけど、心もなんかスッキリしてじぃ~んて泣けちゃうのよね。

 

 

とにかくね、ちょっとしたことやちょっとした人の優しさにすぐウルってきちゃう帰国後のおばはんなわけ。


やっぱ歳ですね。

 

 

日本帰国珍道中①

テーマ:

先月10月からリピーターが入れ代わり立ち代わりニアス入りしてるみたい。

だいぶ前だけど数件この時期問い合わせもあったから初ニアスの人も行ってるかもね!

 

きっと日本人祭りね♪

 

さてニアスを思い出しちゃったからそろそろ日本に帰国した時の珍道中(でもないけど)を記録しておかなくちゃ!!?

結構忘れかけてるけど・・・Σ(゚Д゚)!

 

ビンボーおばはん一家は飛行機で一気にメダンを目指さず、船でシボルガ経由からのメダンへ。

なんせここ1,2年でニアス(グヌンシトリ)からメダンへの飛行機、めっちゃお高くなって常時1人1万円前後。

 

5人家族なら5万円も飛んでってまうわ。

((>Д<))ひょ~!

 

ちなみにおばはん一家が移住した4年以上前は1人約4~6千円。

それだけ需要が増えたってことねぇ。

 

 

帰国当日は朝からパパと最後のサーフィン。(もちろん子供たちは放ったらかし)

 

↑6/28最後のインサイドはこんな感じだったわ!!

あ~なんて完璧な波!最高じゃないっ!ニアスったら!!

 

メインは人が多かったので1本乗って・・・いや、おばはんにはデカすぎてテイクオフした瞬間ビビッてコケちゃったのよね。(てへ)

なので、インサイドまで行ってからの乗りまくり。

 

ロングライドしてはリーフに上がって歩いて戻ってまたミドル辺りからエントリー、を繰り返してめっちゃ大満足♪

ホント乗り足りないくらい最高の波だったわ。

しかーし、涙をのんでその場を後に。

 

急いで帰って準備。

またいつかニアスに戻ってくる予定なので荷物はかなり厳選。

 

なんとビックリ、5人家族なのに特大スーツケースたったの1個のみ!!

プラス子供たちは自分のリュックに大切なものをパンパンに詰め込んでね。

 

ニアスではほぼ使わなかった洋服や使えなかった炊飯器を逆輸入。

4年前のものですけどね。

 

バタバタしながらもソラケのファミリーや子供たちの友達とお別れしてからの、なんだかんだ4年も一緒に生活した義父母と涙のお別れ。

 

 

それからトゥルックダラムの店に寄って最終チェック。

結局のところいろいろ間に合わずここでもバッタバタ。

 

昼メシだか3時のおやつだかわからん食事を、でもガッツリ食べて午後も4時頃港に向けて出発。

結構ギリッギリ(-_-メ)

 

車中、間に合わなかった事務仕事をやっつけようとパソコンを開くもままならず・・・(T_T)

なぜならたこ焼きの食べ過ぎで道中めっちゃ気持ち悪くなったから・・・(T_T)

 

すでに暗くなった港に着いてからチケットを購入。

 

もちろんイイ席なんてなく、畳1枚分のスペースの席を2席のみ。

しかも離れてるし。

 

めっちゃ狭いのに、気付くとママ&子供3人対パパ1人になっててさらにビックリしたわ。

畳1枚にママと子供3人て・・・(=_=)

 

 

ま、バタバタのギリギリのゲロゲロだったので、何の感慨もなくニアスを後にしたおばはん一家でした。

 

 

 

 

 

ついに衣替えの季節になってしまったわ。
てか、すでにさぶっっ!!

でもってヤバいっ!!
冬服持ってないし!


小学校の冬服はスモック着用、体操着は半袖短パンから長袖長ズボンへ、保育園でもスモックを着るように。

ついこの間、夏服を揃えたばかりなのに…(T_T)

そうよ。
夏真っ最中だったから、ほんの数回のためにスクール水着、水泳帽、ゴム入りバスタオル、それらを入れるバッグも購入。

しかーし聞くところによると、今年はかなりの猛暑だったらしいじゃない?
夏休みのプール、暑すぎてほとんど中止…(T_T)

私服なんて1年中夏のニアスでは、もちろんTシャツに短パンは腐る程あるけど(ちょっと言い過ぎね)、ロンTにトレーナー、長ズボンなんて数枚のみ。
しかもすでにつんつるてんになりかけてるし(T_T)

うちから小学校までの通学路は、田んぼ道を3kmも歩くから、雨が降った時に備えて傘や薄手の雨具はすでに購入済み。

でもですよ。
最近の天気は微妙だからって折り畳み傘も必要なんですってよ!

ニアスの小学生だったらよっぽど土砂降りじゃないと傘もささずに靴なんて脱いで裸足で登下校よ。
ああ、逞しい!

さらにスニーカー。
雨の日は3kmも歩けばびしょびしょで次の日までに乾かないわけよ。

で、長靴必要?って思ったけどちっさい子以外で長靴履いてるの見たことないのね。
海にみんな何履いてるの?って聞いたら、みんな替えの靴いっぱい持ってるって。

なもんで、これから天気が悪い日も増えるだろうから替えのスニーカー、ついでに靴下も何足も必要だそうよ…(¯―¯;)
子供のスニーカーって言ってもバカにならないし。

さらに筆記用具やらノート類、習字道具、絵の具セット、リコーダー、裁縫セット、赤白帽、内履き、ランチョンマット&マスク、お道具箱(クレヨン、色えんぴつ、定規、コンパス、分度器、ハサミ等々)、雑巾、それを椅子に掛けておく大きめのクリップまで一気に2人分、一から揃えたわよ。

(TдT)ひぃ〜!!

その後もPTA会費だ、スポーツ振興会費だ、ドリル代だ、遠足代だって、なんだかんだちょいちょい支払い。
海は来年の修学旅行代積み立てもあったり…

泣ける。
当たり前なんだろうけど、ニアスでそんな支払いなかったし、一度に1から2人分は結構キツいの(T_T)

ランドセルもお高過ぎて買えるわけないので、ニアスの時から使ってたリュックで通学OKもらったわけ。

だけどうちのギャング2人共、みんなと同じランドセルがいいってダダこねるわけ。

ラッキーなことにたまたまある時(結構行きつけの)中古屋さんでランドセルが売ってたの。
しかも2つ!
しかも1500円と2000円!!

しかーし、1500円の方がボロ過ぎて二人で2000円を取り合い。
なんとか長男の海をなだめて2000円の方だけ購入して星が使うことに。

初日、ランドセルで登校した星が海のリュックを背負って、リュックで登校した海が星のランドセルを背負って帰宅。

聞くとランドセル背負って3kmはキツいって…(T_T)
ま、その後結局星が使ってるけどね。


でもなんだかんだいって日本は色々な体験ができて、色々な物があって、ついでに今住んでる地域は国際色豊かだから、色々な人種や色々な言葉があるって知れて良かったかも!

しっかし、どこ行っても貧乏だわ…(TдT)/



今日はあいにく雨の中、小学校生は校外学習。
3年生の星は水族館、5年生の海は自動車工場見学。
 
帰宅した2人ってば興奮してママに話すわけ。
星はシャチのショーに大興奮!
海は世界で1番値段がお高い車レクサスに大感動!
 
なんか興奮して話す子どもたちを見ておばはんまで嬉しくなっちった(≧▽≦)!
日本に帰って来て良かったって思う瞬間。
 
ニアスなんて校外学習どころか遠足、運動会、文化祭、懇談会まで何もないからね。
何年前のことだったか忘れたけど、年度末、最後の通知表もらう時までの1年、担任の先生知らなかった年もあったからねΣ(゚Д゚;)!
 
 

それから先日の3連休、日曜以外はパパが仕事だったのでよく行く近所の公園にしか行けず。

て、その前に極貧一家に遠出はムリムリ(゚ーÅ)
 
でもすっごく嬉しいことがあったの!
 
日曜の朝子供たちはゆっくり目に起きて、TVで仮面ライダー見てたのよ。
したら玄関からビーって音が。
 
訪ねてくるような知り合いなんていないから「借金の取り立て?」ってちょっとドキドキΣ(゚Д゚)!
(取り立てられてませんが。)
 
ドアを開けると小学生の男の子が2人。
あらやだ!
 
近所に住む小学校のお友達みたい:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
 
いやね、住んでるらしいってのは知ってたけど初登校4日で夏休み入ったもんだから、まだ遊びに行ったり来たりの仲にはなれずだったの。
そのためおばはんは2学期が始まるまでの約1ヶ月強、3人の子供と常に一緒でほぼノイローゼ(T_T)くぅ〜。
 
それはさておき、とりあえず子供たちに近所の遊べるような友達ができて心の底から嬉しかったわ。
 
 
ついでにうちの子供たち。
日本語忘れかけてて、会話はまだしも読み書きなんかほとんどできない程。
 
学校が本格的に始まった2学期。
至って普通に授業を受けてて数日たったある日、先生からやっぱ言われたの。
 
「授業してて最初はわかってるのかと思ってたけど、意外に理解してないことが多いみたい。」
 
そうそうそーなの!!
ある程度日本語で会話できるから問題なさそうなんだけど、実は学校で使う言葉だったり、授業で話す言葉なんて初めてだからね。
 
例えば、校舎、廊下、内履き、給食、体育館、時間割り、黒板、教科書…等々キリがないくらい1つ1つの意味がわからなかったのよ。
最初は国語、算数、理科程度の教科すらわからなかったし。
 
いつだったか「ママ"起立"って知ってる?」って星が聞いてきたの。
こらこらこらこら、ママ日本人何十年やっとると思っとんじゃい(`Д´)/!
 
起立、着席も普段言わないからわからんよね。
 
 
それでも海と星は多少日本語が不便でも学校は楽しそう。
それが何より嬉しいわ。
 
そして早く独り立ちしてって頂戴!
 
 
実はおばはん、インドネシア食材屋さんで生唐辛子を買った時に、早速サンバル作ったのよね。
て、すでに結構前の話しだけど。
 
生唐辛子、レモングラス、こぶみかんの葉っぱ以外に大事なニンニクと塩は日本でも容易に手に入るけど、ニンニク3コで108円はお高いわ…(゚ーÅ)
 
おばはん流は唐辛子とニンニク半々くらいに塩のみ、炒める時にレモングラスとみかんの葉っぱを入れるというシンプルなサンバル。
 
じゃん!!
 
…そう、なーんか色があまり赤くないのよね。
 
ニンニクの量が多過ぎたっぽいので、唐辛子を3回くらい足したんだけど、もうこれ以上入れたらキケン!を察知してやめたの。
でもやっぱり色的にそんなに辛そうじゃないのよ…
 
しかーし、ペロッとしたらさ。
ひぃぃぃいい(/TДT)/
 
相当辛いわけ。
唐辛子を生でかじるパパも、悶絶こそしなかったけど「辛っ!」って。
 
たぶんね唐辛子自体がめっちゃ辛かったんだと思う。
 
ニアスでも当たりハズレがあって、そのままカジれるくらい辛くないヤツと、今回みたく触っただけでジンジンするヤツがあったわ。
 
あ~今回はかなりの大ヒット。
そんな時はトマトを混ぜる!
 
やっぱ悶絶…
 
この唐辛子、マジで殺人級に辛過ぎ!!
結局パパしかこの辛さは食べれず…いやパパでも辛いから約1ヶ月もかけて食べ切ってたわ。
 
 
そして2回目、サンバル再挑戦!
 
…あにこれ??
味的にはサンバルなんだけど…まずが
 
どうしても辛い!
 
今回は前回の教訓を踏まえて、あのアホみたいに辛い生唐辛子の量を減らして、トマトも混ぜてみたのに。
それから今回はレモングラスも細かくして、さらに一緒にミキサーにかけたの。
 
このヤバそうな色、そのレモングラスが原因かしら?
 
でもモコミチが生レモングラスを切り刻んで料理にぶっ込んでたことがあったから、食べちゃってもイイんだ!って思ったわけ。
 
あ~サンバルがうまく作れない…(TωT)
辛過ぎず辛くなさ過ぎない生唐辛子ないかしら?
 
 
からの先日3回目の挑戦!
てか、パパはサンバルが切れるとうるさいのでね( ̄ー ̄;
 
 
ちょっと粗いけど、なかなかサンバルっぽいのがやっとできたっ!!
相変わらず悶絶級に辛いけど…( ̄∇ ̄+)
 
そしていつもおばはんは配合が適当なので、次に作る時はまた違ったサンバルができることでしょう。
 
 
 
たった今。
バナナジュースを作ろうと、牛乳とバナナ3本をミキサーに放り込みスイッチオン!
 
氷を入れ忘れたことに気付いて一旦ストップ。
氷を投入して再度スイッチオン!!
 
ぎゃあああ〜ぁ!!!!!
 
ミキサーのフタを閉め忘れ、牛乳と細かくなったバナナが大噴火。
なんでやねん…(TωT)
 
 
最近重度の更年期でイライラが止まらず、暑さで身体もダルダル、とにかく1人でぼーっとする時間が切に欲しいノイローゼ気味のおばはん。
何と言っても夏休み中の子供たちが始終一緒なもんだから、ウザいったらありゃしないっ!(TωT)
 
やっと手続きが終わって、学校に行ってくれるようになったと思ったら4日で夏休み突入…(TωT)
 
 
夏休み入ってまだ最初の頃はマシだったのよ。
 
団地に住んでるおばはん。
そんで団地あるある?
 
玄関の外から声がしたから「は~い」ってドアを開けたの。
 
したら、管理人さんが隣のうちのドアの前に立ってて、ちょうどドアが開いてお隣の外国人が出てきたの。
 
ウチじゃないし!
 
なかったことにしようとバレないようにそっとドアを閉めたら、管理人さんがめっちゃ怒鳴ってる。
どーやらお隣の外国人、団地内の駐禁スペースに駐車して怒られたみたい。
 
 
それから朝早くパパを会社に送って帰って来て、玄関のドアを開けようとするもなかなか開かない。
ガチャガチャしてる所へお隣の外国人が出てきたから「おはようございます。」とあいさつ。
 
てか、ホントに開かないのでフッと部屋番号見ると…
 
誰のウチ?
 
階段ひとつ間違えて知らない人んちガチャガチャしてたわ。
 
ちなみにおばはんが住んでる団地、外国人率めっちゃ多くて、あいさつした人もホントのお隣さんも外国人なもんで誰が誰だかわかってないというね。
 
南米系(ブラジル、チリ、アルゼンチンとか)に中華系(中国、韓国、台湾とか)はもちろん、スリランカとかインド系までかなりインターナショナルよ。
 
 
さらに子供たちとマックに行った時。
ホッと一息アイスコーヒーを頼んで、フリーのミルクとシロップを手に掴んだと思ったらよ!?
 
 
シロップとレモンティー用の
レモンだった!
 
しかも入れてから「なぜ黄色?」って気付いたの。
 
でもまぁ、サッパリしたコーヒーになって夏にはピッタリ!
…なわけないじゃないっ!!
 
シブ~いの。(TωT)
その後ミルクも入れたらもう意味不明!
 
 
からの1週間ほど前、夏休み中の登校日。(今は出校日って言うのか?)
 

おばはんが住んでる場所は市の端っこだから、海と星の通う小学校へは約3キロもあるのね。

だから近所に住む小学生たちは近くの公園に早めに集まって集団登校。

 
子供たちをギリギリに起こす。
てか夏休みあるある、遅寝遅起きの夜行性になっちゃってて起こすのがそりゃあもう大変!(>_<)
 
7時半過ぎやっと起床。
「早く準備しなさ~い!」
 
海が「えー!!遅刻じゃん!」
 
まさか…まさか…まさかの…
1時間間違えた!
 
集合時間は7時10分、おばはん、8時10分集合かと思ったわ。
 
いやいや、一瞬「7時だった?」って思ったけど自分の中で「そんな早いワケないし!」って言い聞かせたのΣ(゚д゚;)!?
 
母として?
人として?
 
てなわけで早急に車で送って行きましたとさ。(´д`lll)
 
そろそろ新学期。
ちょっとはゆっくりできるかしら?( ̄∇ ̄+)
 
先週の土日、姪っ子エミが友達と泊まりに来てたの。
エミはインドネシア人でパパのお兄ちゃんの娘。
 
日本に来て約3ヶ月。
なぜ日本に住んでるかとゆーと、看護士だか介護士の研修生として派遣されて来たわけ。
 
偶然にもおばはんが住んでる県で日本語の研修を半年してから、関東の方の病院に配属されるみたい。
 
 
さて、エミがウチに来てインドネシア料理作りたいとのこと。
 
もちろんOK!
むしろ是非作って頂戴!!
 
↑ランチ
 
↑ディナー
 
やっぱサンバルは必須ねぇ。
ただね、作ってる時から気付いてはいたのよ。
 
クッサイの!
 
おばはんは決して使わないアレを入れてたわ。
アレよ、アレ!!
 
 
そう、トラシ!!
小エビを発酵させたペーストね。
 
とにかくクッサイのよ。
写真からも臭ってきそうなクサさ。
 
今現在も大量に残ってるコレ、どないしよか…( ̄ー ̄;?
 
しかーしこのトラシ入りのサンバル、ランチにディナーと大量にあったけど次の日にはハビス(空っぽ)!!
さすがインドネシア人、数人集まりゃあっちゅー間ね。
 
 
さらにちょっとビックリしたのがランチの時。
グリーンの野菜、何だかわかるかしら?
 
茹でたレタス。
 
日本人感覚でゆーとレタスって、生で食べる方が普通よね?
 
でもインドネシア人は茹でたり炒めたり、何でも火を通すのが一般的。
まずかレタスなんてニアスじゃ一般的じゃないしね。
 
とりあえずパパはすべての料理を喜んで食べてました。( ̄▽ ̄*)