今日は12月31日で閉店間際にブログを更新しています。

 

 2023年は1月1日、2日を休業し、1月3日から通常営業致します。

 比較的おだやかな大晦日で街もゆっくり時間が過ぎているような気がします。

 

 2022年も大変お世話になりました。

 2023年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 11月も今日は22日で、暦の上では雪が降ってくる頃という小雪です。初雪はまだですが、

朝の冷え込みは寒気が流入してくると雪になるのを予感できます。

 

 秋田県では縄文時代には5千人から1万人の人口があったとの事です。

 その時代の人達は、秋には堅果を収穫、保存したり、川に上ってくる魚などを

保存食料として蓄えて冬を迎えていたとの事です。夏は食品が腐りやすい為、冬は

比較的安定した保存食があり、豊かに暮らせる一面もあったようです。

 現代では、雪は余計なものとして嫌われていますが、私のようなコーヒーを仕事に

している者にとっては、この時期コーヒーをとてもおいしく感じられますので、

いい季節でもあるのでないかと思います。雪寄せは厳しいですが。

 

 今年の冬の予報では、南米沖海水温が低いラニーニャ現象により、気温が低く

寒気が流入しやすいとの予測なので、昨年同様に寒く大雪になる事が予想されます。

来年の春以降はラニーニャが解消されそうだとの事なので、来年以降の冬は通常に戻る

という予想が出ています。 又厳しい冬になりそうなので、油断せず、疲れを残さずに

休養と食事のバランスをとって下さい。日々の生活も時間を有効的に使うようにして下さい。

 

 コーヒー豆はグァテマラ サンファン農園の豆が新入荷しています。

 高地産の豆で、熟度と果実感が高い豆です。なめらかで、クリーンな酸味が

特徴です。それと、深煎りブレンドというブレンドコーヒーを作りまして、メニュー化

しています。

 ケーキは今が旬の紅玉を使ったチーズケーキ、巨峰の果汁を生地に使ったロールケーキ、

それにスィートチョコとホワイトチョコを使った生チョコを、通町の石畳というメニューで

提供しています、ホワイトチョコにはアクセントに深煎り珈琲を加えています。

朝、店の前の通りを掃除します、その際に石畳をみて、これを生チョコで

表現できないかと考えまして、試行錯誤の上メニュー化しました。深煎りの珈琲にとても

合うと感じています。

 

 徐々に寒くなっていきますが、なるべく暖かいものを食べて睡眠をしっかりとり、

体調を整えて一日でも多く良い日々を迎えて下さい。

 9月18日(日)台風が近づいてきていて、フェーン現象で暑いです。

 現在お客さんもひけて一段落したところでブログを更新しているところです。

 

 身辺で特に変わった所と言えば、来月開催される秋田市の青少年向けのコーヒー講座

の資料作りで秋田県の歴史をすこしずつ勉強していてそれが進んできている事でしょうか。

 何とか講座までに完了させたいと思い取り組んでいます。完了したらホームページで

公開できればいいですね。

 

 コーヒー豆は、コスタリカ エルバス エル・レオンシオ農園という豆を新たに

取り扱いました。ブラックハニー精製という手法で精製された豆で、果実感が高く、

甘味とコクがあるコーヒーです。

 

 秋向けのケーキとして、旬の桃を使い桃のチーズケーキを、夏場に作り置きしておいた

ブルーベリーを使いブルーベリーのロールケーキを。そして、お客様から戴いた生チョコ

がとてもおいしく、コーヒーに合うので、自分でも作ってみました。ケーキでは少し

重たいというお客様もおられるので、ちょっとつまみたいというお客様に良いのでは

ないかと思っています。

 

 この台風が過ぎれば一気に秋も進んでいく事でしょう。寒さは進みますが、新米や

秋の味覚はこれから充実してきます。秋の季節感やおいしいものを少しでも満喫

して下さい。

 私はこの季節感があるだけで充分です。

 一日でも多く幸せな日々が訪れますように願っています。