高校入試本番まであと3日。
演習が中心の授業も、
問題の出し合うアクティビティを入れることで、
楽しい授業になっています。




本日、中3生の保護者さまから、
学年末テスト対策について、また嬉しいコメントをいただきました。


「毎日、遅くまで勉強していました。
中学三年生になっての一年間で、
学習における姿勢がみるみる変化していくのを目の当たりにして、
先生が掲げていらっしゃる”自立学習”とはこういうことなのだな、
と改めて感じています。


実際、
テスト対策週間が終わりエールがお休みだった時も、
自分で予定を立て学習に取り組む姿を見て、

『成長したな』

と感じました。


高校受験がゴールではありませんが、

『高校に行ってもエールで学んだ方法でやっていける!!』

と彼の背中を見て確信しています。」


また、


「数学に自信がついたようです。
この時期に自信が持てるようになったのは、
素晴らしいことだと思います。」とも(*^_^*)





こういうコメントをいただくのは、エールとしても、
もちろん嬉しいのですが、何よりも生徒にとって


「親が、ずっと見守ってくれている!」


という安心感があります。

この時期に不可欠ですね。

□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□

エールにはお子様が自分の力で

成績を確実に上げる方法があります。
それが自立学習です!

自立学習支援塾 

伸学塾エール

誰でも驚くほど成績が上がる!


『エールFacebook』
↑教室の風景をUPしています

□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□


AD

保護者さまから嬉しいメール

テーマ:
昨日、生徒のお母様からいただいたメールです。

自分も本当に嬉しかったので、
了承を得て、シェアさせていただきます。


『橋口先生!私(たち)夢をみている心地です!

学校での学年末テスト、
貴塾で行っていただいた模試で
今までどうしても越える事の出来なかった
目標点の壁を越えることができました!

この結果に、主人も半信半疑(笑)


きっかけは志望校へ近付く為に
貴塾にお世話になりましたが、
初めて子供がが自力でなしえたこと
(もちろん先生のお力なのですが!)、
努力が形となって報われたこと、
いつもテスト結果にうなだれていた子が、
初めて自信にみちた表情で話をしてくれて…。

そんな表情をみることができて、
本当にうれしくてうれしくて…。


どこか主人も私も本人の限界だと
あきらめていた部分がありました。

でも、それでも、あきらめきれず、
先生におすがりしました。


主人と心からわが子に伝え続けてきた

≪あなたはやればできる子だから!!
自分を信じて欲しい!!自信を持って欲しい!!≫

という気持ち。

やっと、やっとこの子の心に
現実の声として届いたのではないか
と感じています。


先日のメールもしかり、
先生が子供の事を信じてくださり、
叱咤激励、戦略的なご指導がなかったら、
親子でここまでの境地にたどり着くことなど
不可能でした。

本当に本当に
ありがとうございますm(__)m』



こういった言葉には、本当に勇気づけられます。


応援されるのは、こんなに嬉しく元気が湧いてくるんです。

それがわかるから、
日々、生徒に向けてエールを送り続けています。




□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□

エールにはお子様が自分の力で

成績を確実に上げる方法があります。
それが自立学習です!

自立学習支援塾 

伸学塾エール

誰でも驚くほど成績が上がる!


『エールFacebook』
↑教室の風景をUPしています

□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□
AD

合否を分けるのは…②

テーマ:
【直前の心得として】

①の続き…

休み時間は、なるべく一人でリラックスしましょう。


友達とおしゃべりしていると、
自分には解けなかった問題が、
友達には解けたというようなことを
知ってしまうことがあります。


するとそれが気になってしまい、
その後の試験に悪影響を与えかねません。

トイレに行っておくことも大切です。


試験の会場がトイレから遠いこともあります。

事前に場所をチェックしておき、
どのタイミングでトイレに行くかを考えておけば、
不安が一つ消えます。

子供たちと日々接していて想うことですが、
子供は試験を受けるごとに向上していきます。

現状より成長しようとすれば、
これから何度もこういったことがあるでしょう。

全ての試験は、その通過点です。


そうした上で、願うことは一つ。
持っている力を、
全て出し切ってくれることだけです。


□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□

エールにはお子様が自分の力で

成績を確実に上げる方法があります。
それが自立学習です!

自立学習支援塾 

伸学塾エール

誰でも驚くほど成績が上がる!


『エールFacebook』
↑教室の風景をUPしています

□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□

AD

合否を分けるのは…①

テーマ:
【やさしい問題を確実に!】

再来週は、 静岡県公立高校入試本番です。
緊張感は否が応にも高まりますね。 さて、 当日の注意で 意外と疎かにしがちなのが、 問題を解く順番。

最初に難問に取り組んで苦戦すると、 調子が大きく狂ってしまいます。 難問が解けたら、確かに合格に近づきますが、 実際は難問を解ける受験生は多くはありません。 それよりも、 まずは易しい問題を確実にクリアして、 勢いをつけましょう。 実は合否を分けるのは、 正答率50%ほどの問題です。

これぐらいのレベルだと、いつもなら解けるのに、 緊張で失敗してしまう受験生が少なくありません。 だから、 いつもの調子を発揮できるようにすることが 重要になるんですね。

②に続く…


□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□

エールにはお子様が自分の力で

成績を確実に上げる方法があります。
それが自立学習です!

自立学習支援塾 

伸学塾エール

誰でも驚くほど成績が上がる!


『エールFacebook』
↑教室の風景をUPしています

□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□

知恵に投資する

【大人の勉強シリーズ】

『知恵に投資する』

日本人には、知恵をタダだと勘違いしている人が多い。
知恵を授かるために、菓子折りひとつ持っていけば良いと思っている。

ところが、これは日本人特有の考え方。
グローバルでは、決して知恵はタダではない。

目に見えない知恵に対していくらお金を払う事が出来るのかが、
将来その人がどこまで成長していくかの指標である。
  

 

家や車にお金をかけるのは誰でもやること。
目に見えない知恵にお金をかけることは、
誰にでも出来る事ではない。

知恵にお金をかけることが出来るというのは、
その人の知性そのもの。
知性がなければ、知恵にお金を支払うことはできない。

 
師匠がその道何十年と一生を捧げてきた知恵に対して、
お金を支払うというのは考えてみれば当たり前の話。
 
 
これまで様々なセミナーに参加してきて、
見えてきたものがある。

自腹で参加している人は謙虚で真剣そのものだが、
会社のお金で上司に命令されて参加している人は傲慢で
話を聞く姿勢も悪いということ。
 

知恵に対していくらお金を払えるか、
それこそがその人の可能性だ。


□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□

エールにはお子様が自分の力で

成績を確実に上げる方法があります。
それが自立学習です!

自立学習支援塾 

伸学塾エール
 
『エール日記』

『エールFacebook』
←教室の風景をUPしています
□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□

【成功こそ成功の母(^^)】

テーマ:

学年末テスト対策中です。



最も早い生徒で、明日初日がスタート。

本日は明日の教科のチェックに勤しみました。
成果は上々!
"後は仕上げを御覧じろ゛って感じです!!

前回、この生徒は数学満点を取ってきましたが、
今回は更に英語も狙っている様子。

こういったものに貪欲なのは良いことです!

エールに来たときは、本当に自信が無く、

「どうせ無理だから・・・」という思考だったのに…。

これはスゴイ変化です。

”失敗は成功の母”

というけれど、


『数学で満点を取った』


こういう小さな成功体験を
(定期試験で満点は大きいけれど!!〈笑〉)、
いくつもいくつも積み上げていくことこそが、
大きな自信に繋がり、
ひいては大きな成功を得るのではないだろうか・・・。


最近、そんな風に考えています。

□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□

エールにはお子様が自分の力で

成績を確実に上げる方法があります。
それが自立学習です!

自立学習支援塾 

伸学塾エール
 
『エール日記』

『エールFacebook』
←教室の風景をUPしています
□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□


【大人の勉強シリーズ 挨拶について】

挨拶をためらう人がいる。
挨拶をためらうのは、とてもかっこ悪い。

ためらっている時間がもったいない。
ためらっている時間は、自分にとっても、
相手にとっても気まずい空気を作り出してしまう。


目が合って2秒ためらったら、
もう挨拶のタイミングは過ぎ去っている。
その日は一日中、
お互いにブルーな気分で過ごさなければいけない。
一日分の寿命を無駄遣いしたということ。


目が合ったら、こちらから先に挨拶してしまおう。
百歩譲って会釈くらいはしておこう。


相手が偉いかどうか、先輩か後輩か、
取引先の人かどうか、そんなことは関係ない。

知っている人だというだけで、
挨拶するためには十分な理由になる。


知らない人でも、目が合ったら会釈しよう。
仮に相手に無視されても、挨拶したという事実は残る。
それを何百回、何千回と繰り返せば、必ず見ている人は見ている。


見ている人は、必ずいつも素敵な人だ。




□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□

エールにはお子様が自分の力で

成績を確実に上げる方法があります。
それが自立学習です!

自立学習支援塾 

伸学塾エール
 
『エール日記』

『エールFacebook』
←教室の風景をUPしています
□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□

土日テスト対策

テーマ:
土日は、生徒の要望に応えて、
学年末テスト対策。
自主的にやるところが素晴らしい。

さて最近、
授業後のシェアが活性化している。

訊くと、
自分が学んだことをアウトプットするのが
楽しいとのこと。

話す相手から質問も出たりして、
より学びが深まるのもgood!

いいぞ!
環境をどんどん活用してくれ(*^▽^*)


□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□

エールにはお子様が自分の力で

成績を確実に上げる方法があります。
それが自立学習です!

自立学習支援塾 

伸学塾エール
 
『エール日記』

『エールFacebook』
←教室の風景をUPしています
□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□


【大人の勉強は、遠回り その②】

①の続き…

社会人の間では、
学生時代にあれだけ求められてきた
最短コースではなくて、
遠回りをしたことが
評価されるようになる。

遠回りのバリエーションが
豊富であればある程、
アイデアにキレとコクが出るようになる。
 
 
『いったいどうすれば、
そんな遠回りができるんだ!?』

というような、
誰も考えつかないようなコースを
辿ることが出来た人。
そういう人が一目置かれるようになる。
 
もちろん故意に遠回りするような
小細工をするわけではない。

常に自分より
1ランク、2ランク上の仕事に
チャレンジし続けることによって、
真剣に最短コースを求めながらも
人工的に遠回り出来るような環境を
自ら創っていく。
 
真剣に最短コースを
探求しながらでなくては、
遠回りの意味はない。

 



将来、
出世してマネージャーになってからも
遠回りした経験は活きてくる。

なぜなら、
人の気持ちを理解しようとする姿勢を
持つことができるから。

自分が痛い目に遭ったという経験が、
人の心の痛みを感じようとさせるから。



□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□

エールにはお子様が自分の力で

成績を確実に上げる方法があります。
それが自立学習です!

自立学習支援塾 

伸学塾エール
 
『エール日記』

『エールFacebook』
←教室の風景をUPしています
□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□
生徒は、保護者の学ぶ姿勢をしっかり観察している。
自らが学んでいないのに、
口だけ


「勉強しなさい!」

では、小学校高学年ともなれば、聞く耳を持たない。



そういった視点から、
敢えて”大人の学び方”も提言していきます。

※これまで参加したセミナーや読了した書籍から、
有益な情報をアップしていく【大人の勉強シリーズ】です




【大人の勉強は、遠回り その①】


塾の先生だからこそ、実感している。

学生時代は、
A地点からB地点に到達するための
最短コースを定規で引いたら
それが正解とされた。
 

その最短コースこそが模範解答。
もちろん、
そう解答するようにと指導している。
遠回りするのは不正解。



ところが、
社会人の間では模範解答は0点だ。
いや、
正確にはマイナス100点である。

意気揚々と、
大声で模範解答を主張した瞬間に、
『はい、レッドカード』
で即退場。



模範解答というのは
とてつもない数の
プロフェッショナルによって
とうの昔に出し尽くされていて、
ウンザリされるだけだ。

その②に続く…

□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□

エールにはお子様が自分の力で

成績を確実に上げる方法があります。
それが自立学習です!

自立学習支援塾 

伸学塾エール
 
『エール日記』

『エールFacebook』
←教室の風景をUPしています
□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□