昨日、夫が買ってきたのは塩焼き用のアジ。一尾の重さを量って廃棄率55%として、焼くときは内臓を出して魚焼きグリルで茄子と一緒に焼きました。

 

茄子は「ためしてガッテン」でやっていた食べ方で、皮ごと焼いて切り込みを入れてバターと醤油を入れて食べるというもの。残念ながら茄子の種類が違うので、思った以上に皮が硬くて身をすくいとれず、手をべたべたにしながら皮を剥いて食べましたが、味は最高でした。

 

昨日の春雨サラダはいつものマヨネーズで和えるのではなく、中華風にしました。塩もみした胡瓜と人参と酢、醤油、砂糖、ごま油で和えて、カニカマを少し添えました。

 

作った料理の栄養成分は、

食品名、可食部(g),エネルギー(kcal),たんぱく質(動物性たんぱく質),脂質、カリウム、リン、塩分

 

 

鯵は大根おろしと醤油で食べ始め、途中からバジルペーストも足し、茄子のバターも合わさっていつものはちょっと違う塩焼きとなりました。胡瓜と大根の糠漬けも食べました。

 

夕食の栄養計算は、

昨日は夫がお肉を買って来てくれたので、さっと炒めて市販の焼肉のタレをかけました。

 

野菜炒めは、冷蔵庫にあるものを炒めて軽く味塩胡椒しただけ。

 

作ったスープはトマトと玉ねぎとジャガイモを炒めて固形ブイヨンで煮たスープです。

 

作った料理の栄養成分は、

食品名、可食部(g),エネルギー(kcal),たんぱく質(動物性たんぱく質),脂質、カリウム、リン、塩分

 

 

微熱が続き、腸の調子もイマイチでその他いろいろ体調がすぐれなかったのが、やっと落ち着いてきました。でも別に痩せたわけではなく、かえって体重はちょっと増えていたんですけどね。やはりコロナ禍で相当ストレスを感じているようです。

 

畜尿の結果が、食事記録の計算上の蛋白摂取より2割も少なく、血液検査で尿素窒素が16と標準の上限より少なかったので、医師より少し蛋白摂取量を増やすようにと言われて、ちょっとだけ心の余裕もでて元気になってきました。でも、元気になると、逆にたんぱく質の取り過ぎになってないかと心配にもなって、さぐりさぐりやっています。計算上の数字より、食べた物がちゃんと消化されて身に付くことが大事です。

 

今まで、超低たんぱくの食事療法を続けていたので、増やすことは簡単ですし、減らし方もわかっているので、腎に負担をかけず、体調も落とさず過ごせる食事を心がけたいです。

 

夕食の栄養計算は、

昨日はいつもと違うスーパーに行って、ウナギのかば焼き、時鮭、アサリなど買ってきました。ウナギは冷凍しておきました。

 

時鮭の味はやはり格別で、アサリもいつも食べているより格段においしかったです。たまには違うところで買ってみるものだと思いました。

 

味付きとろろはいただき物で、冷凍で届きましたが、とにかく早く食べるように書いてあったので早速自然解凍して食べました。でんぷんご飯にかけて頂きました。

 

南瓜もいつも食べている物とちょっと違う感じで、作り方は同じなのにおいしく感じました。

 

夕食の栄養計算は、

食品名、可食部(g),エネルギー(kcal),たんぱく質(動物性たんぱく質),脂質、カリウム,リン、食塩

 

 

昨日も朝は絶食だったので、昼にスーパーで散らし寿司の小パックを買って済ませました。たんぱく質はオーバーするけどカロリーは足りていません。でもあまり空腹感は無かったので、普通より少な目の夕食でした。

 

 

買って食べたのはこんな感じです。これだけでたんぱく質は25g以上ありそうです。たまに食べるとすごくおいしく嬉しく感じました。

 

夕食の栄養計算は、