タダほど安いものはない。


タダほど高いものはない。



さて、どちらが正解か?



当然捕らえ方しだいでもある。


が、娯楽やサービスが受けられるのであれば、

タダで関わるほど安いものはない。


が、その裏にあるリスクも当然考えた上で

「無料」というサービスに乗っからなくてはならないことを忘れてはいけない。



なぜなら、タダという言葉の裏側には、

その先に立つ利益回収の元に成り立っているからである。



その場で終わる、「無料体験」レベルであればリスクは低い。

が、「無料」のサービスは長く付き合うほどリスクもどんどん高くなるのである。



そのことを忘れてはいけない。

AD