最近の若い人は気の弱いマイケルJフォックスか?



未来を先取りするのはいいが、

その未来が真っ暗なことを想像するという意味の

分からないシミュレーション好き。



そんな未来予知能力ならばオレはいらないし

欲しいとはさらさら思わないだろう。



きっとそんな彼らは、宝くじを買うときも、

「きっとはずれるんだろう」と想像しながら買うに違いない。



無意味なやつら。




今日も新人研修。


勉強熱心なのはいいが、人の意見を聞き終わる前に

自分の意見を言いたがるやつら。



それはそれでとても結構だが、

それが出鼻から否定形で入るのはいただけない。



そんなあなたに「プレゼント ワード フォー ユー」




<未来を先取りしたがるヤングメンたちへ>


四の五の言う前に、行動せよ。

シミュレーションは誰でもできる。大事なことは行動すること。


「でも……」「だって……」をひかえよ。

はなから否定する癖をやめるべし。


「できない」という前に「できる」理由を模索せよ。

見た目とは裏腹に、食ったらうまいものもある。



「わからない」という前に「なぜ分からないか」を調べよ。

いきなり、さじを投げることほどおろかなことはない。



「難しい」と口にする前に「なぜそう思うのか」を考えよ。

真剣にとりくんでもいないできごとに対して

”難しい”という言葉は当てはまらない。



「難しい」と思うのならば「分かる」までがんばれ。

自転車も乗って転んですりむいての繰り返し。

その苦難を乗り越えてこそ、風をきって走る楽しさがまっている。



あきらめる前にやってみることを考えよ。

食わず嫌いは正直もったいない。まずかったらまずかったでかまわない。

二度と食わないように注意すればいいし。



1年後は楽しいことがまっていることを想像せよ。

そのため1年後に自分はどうなっていたいかを

できるレベルで想像せよ。

はなから最悪のケースを想像していたら毎日が楽しくなくなる。

だったらはなから楽しくなるケースを想像したほうが毎日が楽しい。



苦しかったら適度に休め。

たまには息抜きも必要だ。



人生苦しい言葉ばかりではないよ。

楽しくねー毎日が続くことも結構多いが、

一瞬のスパイスを最高の瞬間だと思えるためには、



絶望を抱きながら生きていくよりも、

希望を抱えながら生きていくほうが

そのスパイスは何倍にも心地よい刺激となる。



たとえば

男と女。


1週間後の結婚式。


その2週間後に何がまっているか? と想像するだけで

その結婚式の感じ方は天と地の差が生じてくるだろう。


A、成田離婚?


B、幸せな海外旅行?



AとB、どっちを想像しながら結婚式を迎えるほうが楽しいかい?




2週間後に引退ピッチャー。


A、「どうせ引退するから」と14日間だらだら投げるか、


B、「今のうちに!」と誠心誠意14日間精一杯登板するか。




どっちが記憶に残る選手となりえるか?


どっちがヒーローインタビューで素敵な涙を流せるか?




自分がちっぽけだと思うのならば、それでいいと思う。


記録なんて残さなくてもいい。

立派に生きようなんて思わなくてもいい。



大切な人の、記憶に残る生き方を。


あなたの望む生き方を。



自分が振り返ったとき、

あのときはああいう行動をしたけれど、

今となってはあれがあったからこそ今の自分がいるんだ。



そう思える自分になれるよう、毎日を必死で生きてみないか?

AD
人間未知の世界に踏み込もうというとき、

どこから手をつけていけばいいのか分かりません。


いろいろなスタート方法はあるにせよ、
慣れてくればちょっと
レベルアップしたものに挑みたくなるはず。

それはとてもいいことです。




しかし、ときにレベルアップの力量を誤ると


それがやめる、
やめたくなる動機にも繋がることがあります。


たとえば英語のリスニング。




ちょっとした単語の羅列や文法さえ分からない、

聞き取れない。


それが習得を阻む

最大原因ともなっている場合があります。


それは運動もしかりで、
飛べないハードルを無理に飛ぼうと繰り返す。

本当は、 それは自分に
適切なレベルであるということに気付かず ひたすらそれを飛ぼうと必死になる。


するとますます自分の中で


「無理だ」という観念が生まれてしまう。


結果、諦めへと繋がってしまう。




そうならないためのステップとしては、


何度も繰り返しているとおり、


「なぜ?」と自分に問いかけることだ。




なぜダメだったのか?


何がだめだったのか?


練習プログラムが原因か?


自分の力量が原因か?


教える人が原因か?


参考書が原因か?


自分のレベルはそれを習得するに適切だったか?



そういった自分に問いかける技術をもってすれば

そういった原因や取り組み方法に光がさす。



とその前に、まずは自分のレベルを知り、

無理せず優しいところから

徐々にステップアップしていけばいいのだ。



いきなり書籍を読むのが難しいと思ったらば、

ラジオやテレビ、漫画から入ってもぜんぜんOKだ。



周囲の当たり前が自分にとって当たり前でないこともある。


そこに劣等感を感じることはまったくない。


人には人の。


自分には自分の行きかたってもんがあるんだから。

AD

人は考えれば考え込むほど、


なにかと悪いほう悪いほうへと


結果を期待してしまうところがある。



それを避けるため、


また、そういった習性を常にいい方向に進めるためにも


自分の周りに○をつけるという習慣をオススメする。



たとえば、

お休みの日、今日が雨なのは○。

じっくりと本を読むチャンスができたと考えよう。



昼食をとるチャンスを見逃したのは○。

ダイエットをするための口実ができたと考えよう。



人との出会いがないのは○。

自分を磨くための時間に集中できるチャンスだと考えよう。



自分は○○についての知識がないのは○。

知らないからこそ思いつく直感力を大事に企画を立ててみよう。



自分には学歴がないのは○。

だからこそ企画や、人とは違ったことを思いつくチャンスと考えよう。



といった感じで、なんにでも、

こまかいことでも○をつけていくことから始める。



この習性を繰り返すことで、

愚直なまでに前向きなマインドを作り上げることも可能なのだ。


AD

上司レベルでのみ話が進められ、

面倒な段取りが発生したときのみFWメールで自分の名前が入っていたり、

 

いつも忙しくてなかなか話をすることないゆえに

数々のすれ違いがおきる場合や

 

いつも攻撃的でなにかしら自分は必要とされていないんじゃぁ?

って雰囲気をかもし出されている場合。

 

 

つくづく「あ~、やりにくいなぁ~」と感じますよね。

 

そんなときは、発想の転換をしましょう。

いわゆる認知の転化ってやつです。

 

 

「上司は自分に対して、好き嫌いで判断するほどヒマではない」とか、

 

「上司は自分の仕事でいっぱいいっぱいで人手が欲しいんだ」とかね。

 

 

ま、以外に自分が思っているほど

 

他人は自分のことって気にしてないですからー。

 

 

割と自分の思い込みとかっていう部分も多いんですよね。

ですから気楽に気楽に。

 

リラーックス、リラーックス