12/14 井上尚弥vsアラン・ディパエン 「両国国技館」 IBF&WBA世界バンタム級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

IBF世界バンタム級&WBAスーパー王者の井上尚弥(大橋)選手に、IBF6位アラン・ディパエン(タイ・30歳)=12勝(11KO)2敗=が挑むタイトル戦は、12月14日に東京・両国国技館で開催される事が正式発表。ノニト・ドネア(比)戦以来、約2年ぶりの日本リング登場となる井上選手が、高いO率を持つアランに対しどんなファイトを見せるのか。スリリングなKO戦となりそうです。

 

JSBC・小林昭善スタイリッシュコース  ★ミニボクシンググローブ・ぺアセット キーリング

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング