井上尚弥への刺客? 「14戦全KO カルロス・カラバロ」 トップランクとマルチ契約 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

14戦全KOのレコードを持つカルロス・カラバロ(プエルトリコ)が、トップランクとマルチ契約を締結。カラバロは10月30日(日本時間31日)に米・ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデン・フルシアターで、WBO世界バンタム級王者ジョン・リエル・カシメロ(比)に勝ったこともある、WBA世界同級9位ジョナス・スルタン(比)=17勝(11KO)5敗=と対戦する。IBF世界スーパーフライ級王者ジェルウィン・アンカハス(比)と同じキャンプでトレーニングを積んだスルタンは自信満々で、カラバロに勝ち井上尚弥(大橋)選手への挑戦を希望しており、結果が注目される。

 

JSBC・小林昭善スタイリッシュコース  ★ミニボクシンググローブ・ぺアセット キーリング

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング