11/20 クロフォードvsポーター 「アンダーカード」 ファルカン&エンダム出場 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

11月20日(日本時間21日)に米・ラスベガスのマンダレイ・ベイ・リゾート&カジノで開催される、テレンス・クロフォードvsショーン・ポーター興行のPPVカードが決定。セミファイナルで、IBF世界ミドル級4位エスキバ・ファルカン(ブラジル)=28戦全勝(20KO)=と、6位パトリス・ボルニー(カナダ)=16戦全勝(10KO)=による、IBF世界ミドル級挑戦者決定戦。村田諒太(帝拳)選手と1勝1敗の星を残す、37歳の元世界ミドル級王者アッサン・エンダム(仏)=38勝(21KO)5敗=が、WBO世界ミドル級2位、WBC4位、IBF9位、ジャニベック・アリムカヌウェ(カザフスタン)=10戦全勝(6KO)=と対戦。12戦全勝(10KO)のレイモンド・ムラタラー(米)と、スティーブン・オルティス(米)=12戦全勝(3KO)=のライト級10回戦。アイザック・ドグボエ(ガーナ)=22勝(15KO)2敗=と、クリストファー・ディアス(プエルトリコ)=26勝(16KO)3敗=の一戦は、PPV開始前に行われる。

 

JSBC・小林昭善スタイリッシュコース  ★ミニボクシンググローブ・ぺアセット キーリング

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング