テオフィモ・ロペスvsジョージ・カンボソスJr 「IBF裁定待ち!」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

 IBF、WBO世界ライト級&WBAスーパー、WBCフランチャイズ王者テオフィモ・ロペス(米)と、IBF1位ジョージ・カンボソスJr(豪)の指名戦は、プロモーターのTrillerが10月4日(日本時間5日)の米・ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデン・シアター開催から、10月16日(日本時間17日)に米・ニューヨーク・ブルックリンのバークレイズ・センター開催への移動を決定。ロペスは契約書へ署名したが、カンボソスJrはサインを拒否。同意する条件として、30万ドル以上の報酬アップを要求。しかし、Trillerは支払いに応じる考えは無く、IBFに対しカンボソスJrのランキングからの除外と、保証金120万ドルの返還を求めている。一方、カンボソスJrの弁護士グレッグ・スミスは、IBFにTrillerが入札で得た興行権の無効を請求。果たしてIBFの裁定は?。

 

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング

イベントバナー