中谷潤人vsアンヘル・アコスタ 「結果」WBO世界フライ級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

9月10日(日本時間11日)、米・アリゾナ州ツーソンのカジノ・デル・ソルで開催されたトップランク興行。WBO世界フライ級チャンピオン中谷潤人(M.T)=21戦全勝(16KO)=選手が、同級1位アンヘル・アコスタ(プエルトリコ)=22勝(21KO)2敗=の挑戦を受けた一戦は、中谷選手が4回32秒TKO勝ち。初回から強打のアコスタと真っ向から打ち合った中谷選手は、左ストレート、ボディアッパーを軸に試合を支配。初回から鼻からの出血がひどいアコスタは、2、3ラウンドにドクターチェックを受け、迎えた第4ラウンド。ロッキー・バーク(米)主審は試合をストップ。中谷選手の快勝。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

イベントバナー