ダンテ・“クレージー”・ハルドン 「英国遠征・結果!」 vs13戦無敗トムリンソン | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

2013年大晦日、東京で三浦隆司(帝拳)選手が保持していたWBC世界スーパーフェザー級王座へ挑戦(9回TKO負け)した事もある、ダンテ・“クレージー”・ハルドン(メキシコ・33歳)=33勝(24KO)7敗=が、8月27日(日本時間28日)に英国へ遠征。シェフィールドのポンズ・フォージ・アリナーで行われた、IBOウェルター級コンチネンタル王座決定戦で、13戦全勝(7KO)のレコードを持つアンソニー・トムリンソン(英)と対戦。9回1分25秒、右強打でKO勝利を挙げ、英国ファンを驚かせた。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

イベントバナー