WBAメンドーサ会長 「チャンピオンベルトを減らす!?」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBAヒルベルト・ヘスス・メンドーサ会長は、改めてチャンピオンベルトの数を減らす計画があることを主張。その理由は世間が求めている事であるとしているが、「私が100%同意しているわけではありません。私はタイトルを増やすことで、選手に多くのチャンスを与えることができると思っています」との個人的見解を披露。現在、世界認定されているスーパー、レギュラー、ゴールド、暫定の他に新たな王座は出来ないだろうが、減る事もなさそうです。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

イベントバナー