岩佐亮佑vsアフマダリエフ 「結果」IBF&WBA世界スーパーバンタム級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

3日(日本時間4日)、ウズベキスタン・タシケントのフモ・アリーナ・コンプレックスで開催された、IBF世界スーパーバンタム級暫定王者岩佐亮佑(セレス)選手と、同級正規&WBAスーパー王者ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)の一戦は、アフマダリエフが5回1分30秒TKO勝ち。サウスポー同士の対戦。激しいペース争いが繰り広げられた試合は、第5ラウンド、アフマダリエフの左アッパーからの細かい連打を受けた岩佐選手がロープ際に後退したタイミングで、突然のレフェリーストップ。思わず苦笑いの岩佐選手だったが、まだ余力を残しての悔しい敗北となってしまった。残念。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング