ローマン・ゴンサレス 「エストラーダ第3戦希望!」 世界スーパーフライ級 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

13日(日本時間14日)に米・テキサス州ダラスのアメリカン・エアラインズ・センターで開催された、WBC世界スーパーフライ級王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)との王座統一戦で、接戦の末に敗れた前WBA世界同級スーパー王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)は、自らの勝利を確信。過去1勝1敗と星を分ける形となったエストラーダとの第3戦を希望。エストラーダはWBCが前王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)との指名戦を義務付けており、その勝者に挑戦という形が現実的だが、ジャッジのサスペンドを決定したWBAの動向も注目される。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング