シーサケットvsエストラーダvsロマゴン WBA&WBC世界スーパーフライ級 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBC世界スーパーフライ級&WBA世界同級スーパー王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)と、過去、1勝1敗と星を分ける前WBC王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)は、指名挑戦者としてエストラーダの次戦で、決着戦に挑む強い意欲を顕わにしているが、エストラーダはスコアリングが問題に上がっている、ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)とのラバーマッチを優先させたい考えを明らかに。エストラーダを共同プロモートし、シーサケットとも契約を結ぶマッチルームUSAのエディ・ハーンは、ロマゴンがエストラーダとの再戦条項契約を持っていない事を確認した上で、エストラーダvsロマゴン第3戦実現に含みを持たせている。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング