WBA世界スーパーミドル級 「オーバーウェイト」 デビッド・モレル 正規王者昇格 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBAは暫定王者のデビッド・オバリー・モレル(キューバ)をレギュラー王者に昇格。初防衛戦で同級7位ジョン・ライダー(英)との対戦を義務付けた。モレルは昨年12月のマイク・ガブロンスキー(米)を相手の暫定王座防衛戦の前日計量で、2ポンドオーバーし計量失格。暫定王座は剥奪(普通なら)と思われたが、計量後に170ポンド契約10回戦として契約が成立したとして、暫定王座は据え置かれていた。ライダーとの交渉期間は30日となっている。