5月 ライアン・ガルシアvsホルヘ・リナレス | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBC世界ライト級暫定王者ライアン・ガルシア(米)が5月に予定する次戦相手に、ホルヘ・リナレス(帝拳)選手が浮上。両選手は昨年7月に対戦話があったが、ガルシアのトレーナー、エディ・レイノソが、リナレス選手が次の対戦相手であるならコンビを解消するとまで言い切り大反対し、対戦は実現しなかった。正式発表が待たれます。