カルロス・クアドラス 「新型コロナウイルス 2度目は陰性!」 | BOXING MASTER
新型コロナウイルスに関する情報について

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

新型コロナウイルスの陽性反応を示していた、元WBC世界スーパーフライ級王者で現在3位にランクされるカルロス・クアドラス(帝拳・メキシコ)は、2度目の検査を受け結果は陰性だった。10月23日(日本時間24日)にメキシコシティで決まっている、WBC世界同級王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)との対戦は予定通リ開催される見込み。

 

【ミニグローブ入荷!】   ペアセット キーリング