カネロ・アルバレス vs DAZN 「報酬カット!」 9月次戦は微妙 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)が、9月12日(日本時間13日)に予定している次戦は、契約するDAZNからファイトマネーの大幅カットを迫られているとされ、カネロの弁護士グレッグ・スミスは、報酬が合意に達しない場合、カネロは9月に戦わないことを明らかにした。カネロとDAZNは11戦、3億6500万ドル(約387億3500万円)で契約しており、単純に計算すると1試合平均、約3300万ドル(約35億2千万円)の報酬になる。カネロの相手はカラム・スミス(英)が有力と見られるが、報酬が大幅に減額された場合、GBPはそれなりの相手を用意している。しかし、興味をそそられる対戦相手はいない。今後に注目。

 

【ミニグローブ】   ペアセット キーリング