ジャーメル・チャーロvsジェイソン・ロサリオ 「9月下旬開!」 スーパーウェルター級王座統一戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBC世界スーパーウェルター級王者ジャーメル・チャーロ(米)=33勝(17KO)1敗=と、、IBF世界同級&WBAスーパー王者ジェイソン・ロサリオ(ドミニカ)=20勝(14KO)1敗1分=による王座統一戦は、IBFの指名挑戦者同級1位のバカラン・ムルタザリエフ(ロシア)戦よりも、王座統一戦が優先される事が確認され、9月下旬の開催を目指し交渉は順調に進展中。決定が楽しみです。

 

【ミニグローブ】   ペアセット キーリング